世界的ロックスター・故デビッド・ボウイの大回顧展、日本でアジア唯一の開催決定!17年1月上陸
2016年5月8日 更新

世界的ロックスター・故デビッド・ボウイの大回顧展、日本でアジア唯一の開催決定!17年1月上陸

ミュージシャンでもあり、俳優でもあり、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれた故デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」が日本で開催される事が決定した。

605 view

故デビッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」が日本上陸決定

1月10日に死去した世界的ロックスター、故デビッド・ボウイさんの大回顧展「DAVID BOWIE is」が、2017年に日本に上陸することが決定した。アジア開催国は日本だけで、ボウイさんの70回目の誕生日にあたる17年1月8日から4月9日に、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで行われる。
大回顧展「DAVID BOWIE is」

大回顧展「DAVID BOWIE is」

出典 s.eximg.jp
デビッド・ボウイは43年前の1973年4月5日、豪華客船オロンセイ号に乗って初来日して以来、日本とさまざまな交流をしてきた。

「DAVID BOWIE is」は、多くの人々に影響を与えてきたボウイさんの世界観、キャリアを総括した大回顧展。
親日家としても知られるデビッド・ボウイの300点以上に及ぶ貴重なアイテムを網羅。音楽と映像による演出とともに、ファッション、音楽、デザイン、演劇、アート、フィルムのカテゴリーに分けて展示される。
デビッド・ボウイ

デビッド・ボウイ

1947年1月8日生まれ、2016年1月10日に死亡(満69歳没)
英国ロンドン出身。

ミュージシャンとしてのみならず、俳優としても長く活躍。

10年ぶりに発表したアルバムと同年に『DAVID BOWIE is』が開催。

本展示は、約10年ぶりとなったアルバム「ザ・ネクスト・デイ」を発表した2013年、英ロンドンを皮切りに各国で開催されている。
アルバム『「ザ・ネクスト・デイ』

アルバム『「ザ・ネクスト・デイ』

David bowie オフィシャルHPには「デヴィッドは自分がやりたい時にやりたいように曲を書き、デフォーマンスするアーティストであり、売りたいものがある時ではなく、伝えたいことがある時に活動します。今日の彼には、間違いなく伝えたいことがあるのです。」と記載。
彼は一体何を伝えたかったのか。そんなことを考えることのできる奥行きの深いアルバムだ。

David Bowie- The Next Day - YouTube

出典 youtu.be

国外で開催された『DAVID BOWIE is』では

2013年に母国イギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下V&A)からスタートした巡回展『DAVID BOWIE is』は、カナダ・トロント、ブラジル・サンパウロ、ドイツ・ベルリン、アメリカ・シカゴ、フランス・パリ、オーストラリア・メルボルンで開催され、現在はオランダ・フローニンゲンで開催中。これまでに140万人以上を動員し、今、最もチケット入手が困難な展覧会の一つとなっている。

海外の巡回展『DAVID BOWIE is』はドキュメンタリー映画にもなっている。

David Bowie is

David Bowie is

監督:ハミッシュ・ハミルトン
出演:ヴィクトリア・ブロークス、ジェフリー・マーシュ、デヴィッド・ボウイ、山本寛斎
作品時間:98分
製作国:イギリス
イギリスのヴィクトリア&アルバート博物館で開催された回顧展「David Bowie is」のドキュメンタリー映画。キュレーターを務めたヴィクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュが展示資料を巡りながら当時の背景やエピソードを語るほか、当日スペシャル・ゲストとして登壇した山本寛斎らが明かすデヴィッドとの秘話なども収められた作品となっている。

デヴィッド・ボウイの回顧展をスクリーンで!映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』予告編 - YouTube

2013年にヴィクトリア&アルバート博物館で開催され反響を呼んだデヴィッド・ボウイの回顧展を撮影したドキュメンタリー。
出典 youtu.be
キュレーターのビクトリア・ブロークス氏は「ボウイのキャリアのごく初期から全編に渡り、日本と日本の文化はボウイを魅了し続け、彼に多大な影響を与えてきました。ボウイが仕事上いくつもの素晴らしい関係を築き、そしてたくさんのファンのために何度も演奏してきた国である日本は、アジア唯一の開催国に本当にふさわしいと思います」とコメントを寄せている。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 133,674 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 113,688 view
喜寿(77歳)を迎えたミッキー・カーチスがタイ・プーケットに妻と愛犬と移住

喜寿(77歳)を迎えたミッキー・カーチスがタイ・プーケットに妻と愛犬と移住

ミュージシャンで俳優のミッキー・カーチスがプーケットへ移住の夢を実現させ、充実した日々を過ごしている。また日本での仕事も行っていくようだ。
red | 1,549 view
11/9公開「ボヘミアン・ラプソディ」!クイーンとフレディ・マーキュリーの半生を描いた注目作!

11/9公開「ボヘミアン・ラプソディ」!クイーンとフレディ・マーキュリーの半生を描いた注目作!

世界を代表するロックバンド「クイーン」のメンバーの人生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、11月9日より全国の映画館で公開中です。
隣人速報 | 1,033 view
カラオケの定番曲『小さな恋のうた』が映画化!ロケの最新情報をまとめました!

カラオケの定番曲『小さな恋のうた』が映画化!ロケの最新情報をまとめました!

沖縄が生んだ人気ロックバンド・MONGOL800(モンパチ)。デビュー20周年に際して、カラオケの定番でもある名曲『小さな恋のうた』が実写映画化されます。2018年10月からは撮影が地元沖縄で始まっています。最新情報をお伝えします。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト