安全地帯、玉置浩二が「さよならゲーム」と命名した甲子園ライブをこの秋開催へ!
2019年8月7日 更新

安全地帯、玉置浩二が「さよならゲーム」と命名した甲子園ライブをこの秋開催へ!

安全地帯、初の阪神甲子園球場ライブ「さよならゲーム」を2019年11月16日(土)に開催! チケットも発売が開始され、秋が待ち遠しい!

147 view

安全地帯、初の阪神甲子園球場ライブ「さよならゲーム」に挑戦! チケットが発売スタート!!

令和元年11月16日、安全地帯が初の阪神甲子園球場ライブに挑む。日本・アジア全土での作品売上は約2,000万枚超を記録。昭和、平成そして新時代の音楽シーンの頂点に君臨し続ける安全地帯。1982年のデビューから37年、5人組バンドとして一度もメンバーを変えずに活動を続け「ワインレッドの心」「悲しみにさよなら」など時代を超越するメガヒットを連発。

リーダー玉置浩二は、米国billboard誌(2017年1月全世界配本号)において“アジア最高のヴォーカリスト”として評され、近年は海外でのフルオーケストラとの共演も実施、今夏はロシア国立交響楽団との共演を果たすなど、ジャンルと国境を超えた音楽活動を展開中だ。
2019年11月16日(土)15時開演!!

2019年11月16日(土)15時開演!!

そして今秋、玉置自身が「さよならゲーム」と命名した甲子園ライブに挑戦する。進化&深化とともにLIVEを通して常に“今”という時代の表現をし続けた安全地帯。ダイナミックな安全地帯サウンドが轟く「さよならゲーム」の大舞台で新時代の安全地帯がどんなメッセージを放つのか。甲子園の大空の下でどんなドラマが生まれるのか。

日本&アジアの音楽ファンが注目する中、いよいよ明日8月6日、夏の甲子園の開幕とともにチケット発売スタート。

【告知概要】


●開催日時:2019年11月16日(土)15時開演

 ※雨天決行。ただし、荒天の場合、公演を中止させていただく場合がございます。

●開催会場:兵庫県 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市甲子園町1番82号)

●出演:安全地帯

●チケット価格:

①一般 8,500円

②グループ割引きチケット 2名:16,000円 3名:22,500円 4名:28,000円

③SS席 12,000円

※価格はすべて税込み

※全席指定、4歳未満入場不可(4歳以上チケット必要)

※SS席とはアリーナ前方の座席になります(枚数限定)

※SS席はグループ割引対象外です。

●チケット一般発売:8月6日(火)AM 10時~
阪神甲子園球場・正面チケット売り場付近

阪神甲子園球場・正面チケット売り場付近

◆8/6発売日特電(8/6 10:00-18:00)

チケットぴあ 0570-02-9500

ローソンチケット 0570-084-653

CNプレイガイド 0570-08-9977

◆各プレイガイドにて受付中

チケットぴあ 0570-02-9999(8/6 18:00以降)【Pコード156-663】

https://w.pia.jp/t/anzen-chitai19/

ローソンチケット 0570-084-005(8/6 18:00以降)【Lコード56974】

https://l-tike.com/anzenchitai-koshien/

CNプレイガイド 0570-08-9999(8/6 18:00以降)

http://www.cnplayguide.com/anzenchitai/

イープラス https://eplus.jp/ac-k/

楽天チケット http://r-t.jp/anzenchitai

Yahoo!チケット https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00004308/

LINE TICKET https://ticket.line.me/sp/anzen-chitai

●主催:ビルボードジャパン、朝日新聞社、テレビ大阪、読売テレビ、ぴあ、

キョードー大阪、キョードー東京

●企画制作:ビルボードジャパン

●協賛:株式会社レオン都市開発、株式会社ヤナセ、株式会社第一興商、株式会社USEN、

SELAF株式会社、大和ハウス工業株式会社

●後援:FM802、FM COCOLO、阪急電鉄、阪神電気鉄道、山陽電気鉄道、

北海道新聞社、道新文化事業社

●協力:ABCテレビ、Kiss FM KOBE、α-STATION

●公演及びチケット申込みに関する問合せ先:

キョードーインフォメーション0570-200-888 (10:00~18:00)

●公演特設サイト:https://anzenchitai-koshien.com/

【安全地帯プロフィール】

玉置浩二(ボーカル・ギター)、矢萩渉(ギター)、武沢侑昂(ギター)、六土開正(ベース)、田中裕二(ドラムス)
【EP】1983年 安全地帯「ワインレッドの心/We'...

【EP】1983年 安全地帯「ワインレッドの心/We're alive」

井上陽水のバックバンドを経て、1982年にデビュー。翌1983年に「ワインレッドの心」が大ヒット。

「恋の予感」「悲しみにさよなら」などヒット曲を連発し、80年代の音楽シーンを席巻。

安全地帯デビュー35周年記念イヤーである2017年の5月には初のオールタイム・ベストアルバム『ALL TIME BEST』を発表。そして11月23日24日には『安全地帯ALL TIME BEST 「35」~35th Anniversary Tour 2017~』日本武道館2DAYS公演、そして12月9日には『ANZENCHITAI ALL TIME BEST 35TH ANNIVERSARY TOUR 2017 LIVE IN HONG KONG』香港アジアワールド・エキスポ公演を開催し成功させた。

オススメの特集記事

15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水と玉置浩二がNHK総合の音楽番組「SONGSスペシャル」で、1986年発売の「夏の終わりのハーモニー」を31年振りにデュエットする。放送は11月10日(金)午後10時から。
【安全地帯とCMソング】甘い歌声に甘いワイン、安全地帯のメロディーと玉置浩二の歌声がCMの世界観を作り上げます。

【安全地帯とCMソング】甘い歌声に甘いワイン、安全地帯のメロディーと玉置浩二の歌声がCMの世界観を作り上げます。

昔とすっかりキャラ変わりした玉置浩二率いる安全地帯。あの甘い歌声は赤玉パンチのCMソングでした。そう、あの甘いワインです。安全地帯のメロディーと玉置浩二の歌声が醸し出す世界観はCMでも強烈に存在感を放っていましたね。そんな安全地帯が務めたCMソングを振り返ってみました。
かけつけ3杯 | 17,400 view
井上陽水のライブ・アルバムは僅かに5枚。しかも2枚はCDにもなっていないなんて!

井上陽水のライブ・アルバムは僅かに5枚。しかも2枚はCDにもなっていないなんて!

50年近いキャリアを誇る井上陽水。その間には多くのヒット曲を放ち、膨大な数のライブも行ってきています。それにもかかわらずライブ・アルバムは5枚しか出ていません。しかも、その内の2枚はCDにもなっていないなんて。
obladioblada | 1,948 view
1984年リリース 【安全地帯】のセカンドアルバム『安全地帯Ⅱ』を振り返る

1984年リリース 【安全地帯】のセカンドアルバム『安全地帯Ⅱ』を振り返る

この記事では、1984年にリリースされた【安全地帯】のセカンドアルバム『安全地帯Ⅱ』に焦点を当てたいと思います。
つきねこ | 3,087 view
井上陽水&玉置浩二『夏の終りのハーモニー』 2人の天才によって生まれた至極の名曲

井上陽水&玉置浩二『夏の終りのハーモニー』 2人の天才によって生まれた至極の名曲

夏の終わりを感じると無性に聴きたくなる…。情緒溢れる繊細なメロディーと、井上陽水&玉置浩二の艶やかな歌声が見事に調和した名曲「夏の終りのハーモニー」にまつわるエピソードや必見の動画を紹介。
小さいおっさん | 89,762 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト