軽なのに速いホットハッチ、スズキ・アルトワークス
2017年9月2日 更新

軽なのに速いホットハッチ、スズキ・アルトワークス

1980年代に人気を集めたホットハッチ。輸入車ではVWゴルフGTIやプジョー205、国産ではスターレットやシャレードなどが人気でした。そして、軽自動車にも現れました。スズキのアルトワークスです。

9,410 view

奥様のアルトがホットハッチに

スズキ・アルトといえば、1979年に全国統一プライス47万円で発売されて人気を集めた軽自動車です。どちらかといえば女性向けや営業マン向けのクルマで、軽ボンバン(軽ボンネットバン)という新ジャンルを確立しました。

1984年にフルモデルチェンジをして2代目になりました。その後、4WDやターボエンジンが追加されて、ラインナップが拡充。1986年にマイナーチェンジが実施されました。

そして1987年2月、突如追加されたスポーツモデルが「アルトワークス」でした。エンジンは3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボエンジンの550cc。出力は規制ギリギリの64馬力でしたが、実は当初は78馬力で発売する予定で設計されたのが、アルトワークスがきっかけで軽自動車に出力規制が設けられた、といわれています。
2代目アルトに追加されたワークス

2代目アルトに追加されたワークス

ボクシーなボディに、エアロバンパーやサイドシルがよく似合った。
今でも軽自動車は64馬力が規制値なので、たった64馬力と思うことでしょう。しかし、当時の標準のアルトは30馬力、ターボモデルでさえ48馬力でしたから、一般の軽自動車の倍もあり、インパクトは十分でした。

外観はバンパーやサイドシルなどがエアロパーツで固められ、ボクシーな印象の2代目アルトだけに、軽なのにしっかり感のあるデザインが特徴でした。私も子ども心に「カッコイイ」と思ったものです。内装は黒を基調にピンクをアクセントにあしらったスポーティなデザインでした。

グレードは、FFのRS-S、RS-Xのほか、ビスカスカップリング式フルタイム4WDを搭載したRS-Rの3タイプが設定されました。車両重量はFFのRS-Xが610kg、4WDのRS-Rが650kgと軽かったので、パワーウェイトレシオ(出力重量比)は10kg/PS前後。高性能を安価に楽しめる軽スポーツカーとして人気を集めました。
1980年代は性能を示すステッカーが流行ったが、ワーク...

1980年代は性能を示すステッカーが流行ったが、ワークスにもこれでもか、というほどのメカニズムが記された。

2代目アルトワークスのテレビCM

丸目でスポーティ感をアップ

1988年にアルトは3代目にフルモデルチェンジ。クラス最長のホイールベースが特徴でした。引き続きワークスも設定され、初代のヒットに自信をもったのか、専用の丸型ヘッドライトを採用し、通常モデルとの差別化が図られました。

1990年3月に軽自動車の新規格が適用され、排気量が660ccに拡大。アルトはマイナーチェンジを受け、エンジンも660ccになり、車体もバンパーなどが拡大されました。ワークスは4ナンバーから5ナンバーになり、3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボエンジンの660ccエンジンとなりましたが、出力は規制により64馬力のままでした。
大きなキャビンと窓ガラスが特徴の3代目アルト

大きなキャビンと窓ガラスが特徴の3代目アルト

ワークスモデルは丸型ヘッドライトが与えられ、スポーティ感が増した。写真は660ccエンジンになった後期型。
同年7月には、エンジンをSOHCインタークーラーターボに変更したワークス ターボi.e.が特別仕様車として追加されました。

1992年6月にラリー仕様のワークスRが追加されました。4WDのみの設定で、MTのクロース化、内装の軽量化、装備の簡略化が行われたスパルタンな仕様となり、久々の4ナンバー車(商用車登録)となりました。

この3代目アルトは、スライドドア車や荷室を大きくしたハッスルの設定、初めて5ナンバー化される(それまで5ナンバーはフロンテの車名だった)など、非常に意欲的で、販売台数も多いモデルでした。ワークスにとっても、最も成功した世代でした。
3代目アルトワークスのリアデザイン

3代目アルトワークスのリアデザイン

ハッチの中ほどには、リアスポイラーが設けられた。

CM / SUZUKI ALTO WORKS '89

3代目アルトワークスのテレビCM。乗っているのはポパイ&オリーブ。

軽自動車市場の変化が始まる

1994年11月に、アルトは4代目にフルモデルチェンジ。ワークスのエンジンは、新開発のオールアルミ製3気筒DOHC12バルブインタークーラーターボのK6A型660ccが搭載されました。しかし、最高出力は規制により64psに抑えられていました。

デザインはキープコンセプトで、引き続き丸型ヘッドライトを採用。ラリー仕様のワークスRは5ナンバーで設定されました。
4代目アルトはキープコンセプトとなったため、ワークスも...

4代目アルトはキープコンセプトとなったため、ワークスも3代目のデザインによく似ている。

それなりに売れましたが、キープコンセプトだったこともあり、3代目アルトのワークスほどのインパクトはありませんでした。それに加えて、ちょうどこの世代になると、1993年に発売されたワゴンRやダイハツ・ムーブのようなハイトワゴンに軽自動車市場がシフトしはじめ、軽ボンバン市場は縮小していった影響も大きいです。

スズキ アルトワークス CM

超高性能になるがモデル途中で廃止に

1998年10月のフルモデルチェンジでアルトは5代目になりました。キャビンの広さを強調した3・4代目から一変し、5代目では普通の乗用車っぽいデザインになりました。

ワークスのフロントデザインは、ヘッドライトが丸型から異形に変更されました。エンジンは可変バルブ機構やドライブ・バイ・ワイヤを採用し、軽自動車らしからぬ高性能化なスペックを誇りました。
第1世代最後のアルトワークス

第1世代最後のアルトワークス

ヘッドライトは丸形ベースの異形となった。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

キャッチコピーインパクトなら間違いなくトップクラスの国産メーカー!「低価格」も売りだった!?スズキの迷車たち~メーカー別マニアック名車  スズキ編

キャッチコピーインパクトなら間違いなくトップクラスの国産メーカー!「低価格」も売りだった!?スズキの迷車たち~メーカー別マニアック名車 スズキ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツ、ホンダに続きスズキよ!地味なメーカーに見えるけど個性は豊かよ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
90年代の軽スポーツ対決!あなたはどっち派?「カプチーノ V.S.ビート」

90年代の軽スポーツ対決!あなたはどっち派?「カプチーノ V.S.ビート」

近年ではホンダがS660、ダイハツがコペンを出し軽自動車のスポーツカーが話題となっていますが、90年代にもあった軽スポーツ対決!あなたはどっち派?スズキカプチーノとホンダビート!
東洋水産『マルちゃん 赤いきつね緑のたぬき』が40周年で新CM!1979年の流行語にもなったCMが復活!

東洋水産『マルちゃん 赤いきつね緑のたぬき』が40周年で新CM!1979年の流行語にもなったCMが復活!

「マルちゃん 赤いきつね緑のたぬき」新CM『発売40周年篇』の全国放映を開始。「赤いきつね」は1978年に発売し、今年で40周年。武田鉄矢さんは1978年の発売当初からCMキャラクターを務め、2016年からは、個性派俳優として活躍中の濱田岳さんと共演。
新型ジムニーが発売!新旧対決あなたはどっち「新型(4代目)V.S.旧型(3代目)」

新型ジムニーが発売!新旧対決あなたはどっち「新型(4代目)V.S.旧型(3代目)」

3代目スズキ・ジムニーは1998年-2018年と20年と長い間活躍してきました。そして今年新型が登場!あなたはどっち派?新型VS旧型
【米米CLUB】の「浪漫飛行」には2種類のシングルがあったの?確認してみましょう!!

【米米CLUB】の「浪漫飛行」には2種類のシングルがあったの?確認してみましょう!!

【米米CLUB】で2番目に売れたシングル「浪漫飛行」。我々の世代なら誰でも知ってるこの曲は、シングルが2種類あった様子・・・ 何が違っていたのか、さっそく確認してみましょう(^^)/
つきねこ | 4,423 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト