ソアラやマークII三兄弟など『ハイソカーブーム』の人気車種【10選】
2020年9月10日 更新

ソアラやマークII三兄弟など『ハイソカーブーム』の人気車種【10選】

80年代のバブル期に巷を席巻していた「ハイソカー」。この記事では、当時高い人気を誇っていた10車種について特集してみたいと思います。

32,246 view

高級志向が芽生えた80年代

70年代のオイルショックを経て、バブル景気へと世の中が向かっていった80年代。暮らしが豊かになっていくに比例し、世間では高級ブランド志向が急速に高まり、男性はロレックスといった腕時計を、女性はCHANEL(シャネル)「N°5」といった香水やルイ・ヴィトンのバッグを身に纏っていました。
ロレックス デイトジャスト Ref.16233

ロレックス デイトジャスト Ref.16233

CHANEL(シャネル)『N°5』

CHANEL(シャネル)『N°5』

また家電の分野では、テレビ、洗濯機、冷蔵庫のいわゆる「三種の神器」は既に普及しており、更なる快適な生活を求める人々が増加。80年代前半には、定価10万円を超えるエアコンやビデオデッキ、定価20万円を超えるレーザーディスクなど、ハイクラスな生活を求める人々で家電量販店は溢れていました。そんな中、男性を中心に人気を集めていたのが今回ご紹介する「ハイソカー」です。
パイオニア「LD-1000」

パイオニア「LD-1000」

1981年に発売されたレーザーディスク第1号機「LD-1000」。当時、定価20万円以上する高級品でした。

【ハイソカー動画】を製作しました!

今回、デートカー動画に引き続き、【ハイソカー動画】を製作しました。タイトルは「バブル期を駆け抜けた至高のハイソカーたち~それはまさに男たちの憧れだった~」です。
本稿に登場の車種を、映像ならではの動きと音、そしてナレーションで扱っております。

”昭和は遠くなりにけり”。
しかし、我々の青春時代は今も眩いばかりの光を放っています!

昭和後期のハイソカーブーム、目を細めてご覧いただければ幸いです。

バブル期を駆け抜けた至高のハイソカーたち~それはまさに男たちの憧れだった~

下記の記事より【デートカー動画】がご覧になれます!

80年代の『ハイソカーブーム』

そもそも「ハイソカー」とはどういう意味なのでしょうか?ハイソカーの「ハイソ」とは「ハイソサエティー(high society)」の略称であり、直訳すれば「上流階級」という意味になります。それを車に当てはめた和製英語が「ハイソカー」です。現代であれば「セレブカー」などと呼んでも良いかもしれません。
3代目 トヨタ・クラウン

3代目 トヨタ・クラウン

2ドアハードトップ(1969年型)
3代目 トヨタ・クラウン

3代目 トヨタ・クラウン

トヨペット クラウン 2ドアハードトップ MS51(カタログ)
3代目 トヨタ・クラウン

3代目 トヨタ・クラウン

トヨペット クラウン 2ドアハードトップ MS51(カタログ)
ハイソカーの特徴ですが、まず挙げられるのは白いボディカラー。これは3代目トヨタ・クラウンのキャッチコピー「白いクラウン」からの系譜と言われており、かつて定番であった黒から白へとボディカラーが変化したことで、より洗練された印象を我々に与えました。そして白のボディカラーに対して内装はワインレッドの場合が多く、この対比がより高級感を醸し出していました。

そんなハイソカーがブームとなる火付け役となったのは、1981年に登場したトヨタ・ソアラ。その初代及び2代目が、ハイソカーの定番として持て囃されました。一方で、ソアラに対抗する存在としてトヨタからはマークII、クレスタ、チェイサーのいわゆる「マークII三兄弟」、日産からは「セドグロ」と呼ばれたセドリックとグロリアなどが登場、バブル期には様々なハイソカーが巷を席巻しました。これらの車種は、女子大生など女性からも支持の厚い「モテ車」として、ヤンチャな層から大学生まで、若い男性がこぞって買い求めるという現象も見られました。

ここからは、当時人気の高かったハイソカーのうち10車種を厳選してご紹介したいと思います。

トヨタ《ソアラ》

まずご紹介するのはトヨタ《ソアラ》。1981年に登場した高級パーソナルクーペであり、マイコンで制御されたオートエアコン、目的地への到着時刻などを計算するドライブコンピュータなど当時の最先端技術が多数採用され、その高い性能からハイソカーブームの代名詞的存在として大変な人気を博しました。
トヨタ・ソアラ(初代)

トヨタ・ソアラ(初代)

前期型 2800GT エクストラ
70 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち

80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち

安価で使い勝手の良いハッチバックボディとスポーツカー顔負けのパワフルなエンジンを両立させたホットハッチは、当時多くの若者を魅了しました。「ボーイズレーサー」とも呼ばれた、ホットハッチブームを牽引したクルマたちを振り返ります。
ヤマダゴロー | 226,536 view
旧車レストアのカリスマ&船越家の8ミリフィルム再生の2本立て!「船越英一郎の昭和再生ファクトリー」が放送決定!!

旧車レストアのカリスマ&船越家の8ミリフィルム再生の2本立て!「船越英一郎の昭和再生ファクトリー」が放送決定!!

全国無料放送のBS12 トゥエルビで毎週木曜よる9時から放送中の「船越英一郎の昭和再生ファクトリー」5月9日(木)分にて、「旧車レストアのカリスマ」と「船越家の8ミリフィルム再生」の企画が2本立てで放送されます。
隣人速報 | 191 view
日産がR32型「スカイラインGT-R」のEVを製作するプロジェクトを始動!GT-Rのパーツ復刻も話題に!!

日産がR32型「スカイラインGT-R」のEVを製作するプロジェクトを始動!GT-Rのパーツ復刻も話題に!!

日産自動車が、R32型「スカイラインGT-R」をベースにしたEV(電気自動車)『R32 GT-R EVコンバージョンコンセプトモデル』の製作プロジェクトを始動することが明らかとなりました。
隣人速報 | 513 view
伊藤かずえの愛車「初代シーマ」のレストアの模様がドキュメンタリー番組として放送決定!シーマお披露目会のレポートも到着!!

伊藤かずえの愛車「初代シーマ」のレストアの模様がドキュメンタリー番組として放送決定!シーマお披露目会のレポートも到着!!

女優・伊藤かずえの愛車「シーマ」を日産のグループ会社・オーテックジャパンが約半年をかけオリジナルの姿に再生するまでを追ったドキュメンタリー番組、名車再生物語『#シーマレストア~伊藤かずえの名車再生~』がCS放送・ディスカバリーチャンネルにて放送されます。
隣人速報 | 4,199 view
「もっとあぶない刑事」で活躍した覆面パトカー『日産グロリア“港304”』など、懐かしの車がミニカーとなって登場!!

「もっとあぶない刑事」で活躍した覆面パトカー『日産グロリア“港304”』など、懐かしの車がミニカーとなって登場!!

トミーテックが展開する1/64スケールの大人向けトミカ「トミカリミテッド ヴィンテージNEO」シリーズより、80年代の人気刑事ドラマ「もっとあぶない刑事」で活躍した覆面パトカー“港304”を再現した「日産グロリア(Y31型)」など5点が、現在好評発売中です。
隣人速報 | 2,736 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト