本田美奈子の曲の中で名曲中の名曲はこれ☆「the Cross -愛の十字架-」が凄い理由!
2019年11月14日 更新

本田美奈子の曲の中で名曲中の名曲はこれ☆「the Cross -愛の十字架-」が凄い理由!

本田美奈子と言えば、浮かぶ曲は?「1986年のマリリン」でしょうか。実は、こんなすごい曲を歌ってたんだと言われているのが『the Cross -愛の十字架-』です!本田美奈子さんの名曲中の名曲、「the Cross -愛の十字架-」の何が凄いのか!?ご紹介します。

2,363 view

本田美奈子さんのプロフィール

本名:工藤 美奈子
生年月日:1967年7月31日
出身地:東京都葛飾区
死没:2005年11月6日(38歳没)
学歴:堀越高等学校卒業
職業:歌手、女優
活動期間:1985年~2005年

『スター誕生』でスカウトされなかった過去

本田美奈子さんは中学3年生の時にあの!伝説の新人発掘オーディション番組『スター誕生』に応募し、最終決勝大会に進みますが、芸能事務所スカウトマンから札が上がらず!デビュー出来ませんでした。
この大会でデビューすると、もう新人として注目されるのが確実とまで言われた番組でした。森昌子さん、山口百恵さん、桜田淳子さん、ピンクレディなどなど誰もが知っているスターを誕生させた番組に本田美奈子さんも歌手を夢見て出場していたことでしょう。

その後、本田美奈子さんのデビューのキッカケになったのは、高校2年生の時に出場した『第8回長崎歌謡祭』グランプリ受賞したことからでした。

1985年同期のアイドル達

本田美奈子さんがデビューした1985年同期には、中山美穂さん、南野陽子さ、森口博子さん、斉藤由貴さん、井森美幸さん、松本典子さん、浅香唯さんなどがいます。

デビュー後を思い出してみても、ほぼ皆さん、まさにアイドル色が濃く、その中でも誰が群を抜くのかという感じでしたが、その中でも本田美奈子さんだけは、どこかツッパった様な感じ?ブリブリのアイドルというのとは異質なものを感じた方も少なくないかもしれません。

それはあの、細いカラダで歌いだすと、声量のある実力派であることは誰もが感じたことでしょう。

本田美奈子さんの代表作

本田美奈子さんの代表作と言えば?まず浮かぶのは、1985年9月リリースの『Temptation (誘惑) 』!この曲では、「第27回日本レコード大賞」「第16回日本歌謡大賞」「第14回FNS歌謡祭」などで、新人賞を受賞し、彼女の歌唱力も認められるなど認められた曲になりました。

そして多くの人が彼女の代表作として挙げるのが、1986年2月リリースの『1986年のマリリン 』です!、この曲を歌う時の本田美奈子さんが、衣装も尊敬するマドンナの『ライク・ア・ヴァージン』の衣装と似たミニスカ&へそ出しが話題になり、歌詞の♪マリ~リ~ン♪のところでは、腰を激しく振る振り付けも印象的でした。

この頃はアイドルとしての方向性で
Amazon | 本田美奈子 ゴールデン☆ベスト | 本田美奈子 | 歌謡曲・演歌 | 音楽 (2151605)
出典 amzn.to

Amazon | 本田美奈子 ゴールデン☆ベスト | 本田美奈子 | 歌謡曲・演歌 | 音楽

2,075
【収録曲】

1 殺意のバカンス
2 好きと言いなさい
3 青い週末
4 Temptation (誘惑)
5 1986年のマリリン
6 Sosotte
7 HELP
8 the Cross(愛の十字架)
9 Oneway Generation
10 CRAZY NIGHTS
11 HEART BREAK (Single ver.)
12 孤独なハリケーン (2000 remaster ver.)
13 悲しみSWING
14 あなたと、熱帯
15 STAND UP(Full Metal Armor) (Full Metal Armor)
16 勝手にさせて
17 7th Bird "愛に恋"
18 モーニング 美奈子ール (5messages)

脱アイドル!本田美奈子さんと洋楽

本田美奈子さん自身はあまり洋楽が好き、詳しいという事がなかったようです。ただ、『1986年のマリリン 』でもそのが現れている様に世界ではマドンナがデビューして爆走中の時代、他のアイドルとは明らかに違う路線をというのが事務所側にあったと思われます。

本田さん自身はアイドル路線を好んでいなかったと当時、言われています。自分の歌に自信があったことや、当時から他のアイドルたちとは違い、もっと違う将来を目指していたのかもしれません。

そんな中で現在でもこの曲は!と音楽ファンを唸らせるのが、1986年には楽曲提供を受けた『the Cross -愛の十字架-』なんです!この曲から、本田美奈子さんの音楽の幅がぐっと広がったと多くの人が思ったことでしょう。

本田美奈子さんの「the Cross -愛の十字架-」が凄い理由

本田美奈子 the Cross 愛の十字架

曲の冒頭のギターがすでにその世界観を表している様です。そこの入ってくる本田美奈子さんの力強い歌声。
ギターに負けていない存在感を題してる歌唱力もすばらしいと思えて来ます。

ベビーフェイスなのに光と影を持つ不思議な存在感のある歌手だと個人的にやはりアイドルではないなと実感した曲でもありました。

「the Cross -愛の十字架-」作曲・作詞はGary Mooreだった!

本田美奈子さんに「the Cross -愛の十字架-」を作詞作曲し、提供したのはなんと!世界的有名ギターリストの Gary Moore (ゲイリー・ムーア )でした!

ロック、フュージョン、ブルーズと音楽シーンを語っていく中で、世界が認めたギターリストとして、知らない人がいない「泣きのギター」と異名を持つGary Moore が曲を提供したとして、業界でも話題になった曲が「the Cross -愛の十字架-」でした。

彼の名言『技術は感情表現の道具』とありますが、まさにその音色は心が入った産物であると思われます。

Amazon | WILD FRONTIER | GARY MOORE | 輸入盤 | 音楽

1,436
WILD FRONTIERが輸入盤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Gary Moore
【Gary Moore (ゲイリー・ムーア )】のプロフィール

生年月日:1952年4月4日
出身地:北アイルランドの旗 北アイルランド
ベルファスト
死没:2011年2月6日(58歳没)

ジャンル
ブルースロック
ハードロック
フュージョン
ブルース
活動期間:1970年~2011年
本田美奈子さんに楽曲提供した「the Cross -愛の十字架-」はGary Moore自身もセルフカバーとして1986年10月に「Crying in the Shadows (クライング・イン・ザ・シャドウ)」というタイトルでシングルリリースされています。Gary Mooreのアルバム『Wild Frontier (ワイルド・フロンティア)』に収録されているので、Gary Mooreの世界観を感じたい方にもおすすめのアルバムと思います。

Gary Moore(ゲイリー・ムーア )と言えば...

日本でGary Moore の名前が浮上したのが、本田美奈子さんに楽曲影響して何年も経った時で、意外な場面でした。
この曲を知っている人にすると、この場面でこの曲が使われたことに感動さえ覚えたと言われています。

Yuzuru Hanyu Breaks Olympic Record - Full Short Program | #Sochi365

世界NO1のフィギュアスケートの羽生結弦選手が、2012~2013年と2013~2014年シーズンのSPで使われた曲が、Gary Mooreの“パリの散歩道”でした。

この曲を知る(筆者もそうですが)人にとって、その冒頭のギターの音が流れた途端に鳥肌にさえなる名曲中の名曲!それを若い羽生選手が使ったとそのセンスの良さに頭が下がる...と思いきや、この曲を選曲したのは、羽生選手の振付師だったと後から知りました。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ミナコボーイ 2019/11/16 12:07

    勿論、最高です。これだけじゃないです。1986年のマリリンを筆頭に全てが名曲揃いです。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

何故か芸名に♂等、記号や句読点が含まれる!?『芸能人』特集!!

何故か芸名に♂等、記号や句読点が含まれる!?『芸能人』特集!!

つんく♂さんの様に芸名に「♂」等が入る芸能人方って、意外に多く何百人もいます。多過ぎて全員を紹介出来ないので2000年までにデビューされた方を独断と偏見でまとめてみました。
ギャング | 20,598 view
爆音ギターをかき鳴らす後期ルースターズ。これがまた初期に負けず劣らずカッコイイんだな。

爆音ギターをかき鳴らす後期ルースターズ。これがまた初期に負けず劣らずカッコイイんだな。

メインボーカルが花田裕之に変わってからのルースターズ。初期の大江慎也在籍時に比べると評価が低いように感じますが、いえいえメチャクチャカッコイイんですよ。もう初期とは別のバンドです。爆音、轟音のツインギター。日本の音楽史に刻まれたこの音は、一聴の価値ありありです。
obladioblada | 1,617 view
根底に流れるRock'n Roll魂!明大教授、堀田秀吾先生のロックな半生。

根底に流れるRock'n Roll魂!明大教授、堀田秀吾先生のロックな半生。

好奇心、行動力。突き詰める情熱。言葉にするとなんだか説教じみたワードもこの人が話すと笑いと驚きをもって聴き入ってしまう。明治大学法学部教授、堀田秀吾先生。一言でいうならば「異端児な教授」しかしながらその多連続なスピード感溢れる半生は、聴く者を魅了する力に溢れています。
80年代女性アイドルの直筆サインまとめ!!(1983年~1985年デビュー編)

80年代女性アイドルの直筆サインまとめ!!(1983年~1985年デビュー編)

いつの時代も、アイドルファンにとって憧れのアイテムってありますよね。それが貴重であればあるほど、他のファンに自慢出来たりしたものです。この記事では、そんな貴重な品の筆頭である「直筆サイン」について特集してみたいと思います。
ファン感涙!80年代永遠のアイドル「本田美奈子.」のミュージアムがオープンします!!

ファン感涙!80年代永遠のアイドル「本田美奈子.」のミュージアムがオープンします!!

2005年に急性骨髄性白血病のため38歳の若さで亡くなった、本田美奈子.の貴重な遺品が展示されるミュージアム「本田美奈子.ミュージアム」が埼玉県朝霞市にて2018年9月よりオープンすることが決定しました。
隣人速報 | 2,361 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト