イケメン投手・デニー友利!西武時代のタフィ・ローズとの乱闘が忘れられない!
2016年11月25日 更新

イケメン投手・デニー友利!西武時代のタフィ・ローズとの乱闘が忘れられない!

身長191cmで7頭身のモデル体型だったデニー友利。横浜大洋ホエールズ、西武ライオンズで活躍した投手。平成の怪物・松坂大輔の教育係も務め、彼らの仲の良さも有名。メジャーにも挑戦したデニー友利の野球人生を追う!

9,080 view

沖縄浦添市出身でハーフの野球選手 デニー友利

1967年9月21日生まれ。沖縄県浦添市出身。

日本名は「友利 結(ともり ゆい)」、アメリカ名はローレンス・フランクリン・デニー。
友利とは母親の姓であり、デニーとは父親の姓である。
高校時代に日本に帰化し、友利結と名乗る。

結という字が起承転結の「結」ことで縁起が悪いとされデニー友利という登録名にした。
※本稿ではデニー友利の呼称で統一する。
横浜大洋ホエールズ時代

横浜大洋ホエールズ時代

【個人データ】
・身長 191cm
・体重 88 kg
・投手
・右投げ右打ち
・1986年 ドラフト1位(横浜大洋ホエールズ入団)
・1987年10月8日初出場
・2007年10月4日最終出場
西武ライオンズ時代のデニー友利

西武ライオンズ時代のデニー友利

≪小学校~ドラフトで指名されるまで≫

小学生時代に野球を始め、常に投手を務めた。
野球の強豪校、興南高校に進学後は、後にNPB公式審判員となる名幸一明とバッテリーを組んでいた。

1986年度のドラフト会議で、横浜大洋ホエールズから阿波野秀幸のハズレ1位で指名を受けて入団。背番号は30だった。
プロに指名されなければ松下電器野球部に入団予定で、後にチームメイトになる潮崎哲也、原井和也とは顔合わせなどでプロ入団前から面識があった。

ちなみに名幸一明も横浜大洋ホエールズにドラフト外で入団。
一軍での出場がないまま1995年に現役引退し、チームに残りブルペン捕手を務めていた。

≪大洋・横浜時代時代≫

新人ながら1987年の終盤に初登板・初先発を果たす。
しかし、身体能力はピカイチだったものの入団後は伸び悩み、特に制球が全く定まらず、一時は任意引退選手となって支配下登録から外れたこともあった(現在で言う育成落ちに近い処置)。

投球フォームを試行錯誤しながら改善させていく。オーバースローを止め、サイドスローでの投球フォームに固定してからは、長年指摘され続けていた制球力の悪さが改善され、潜在能力を開花させることになる(類似の例に角盈男などがいる)。
入団当初は「友利 結」の登録名だった!

入団当初は「友利 結」の登録名だった!

1995年に登録名を日本名の友利結からデニー友利に変更。

同年10月6日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で4番手として登板し、その後チームが逆転したため9年目にして初勝利を挙げる。
翌7日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤ球場)では3番手として登板して試合を締めくくり、初セーブを挙げた。

≪西武ライオンズ時代≫

1997年には本人の志願、当時の西武監督東尾修の希望もあり、長見賢司との交換トレードで西武ライオンズに移籍した。登録名はデニーとなった。

西武では、同じサイドスローの鹿取義隆や潮崎哲也の助言を受けて、セットアッパーとして成長。チームの勝利に貢献していく。

また、当時の東尾修監督から「どうせお前のコントロールなんて大したことないんだから、全力で真ん中に投げろ。そうすりゃ勝手にどっちかに散るわい」、「細かい事を気にするな。お前のストレートはど真ん中でも打たれない。」などと言われたことでピッチングのコツをつかんだという。
西武ライオンズ時代

西武ライオンズ時代

右の中継ぎ投手としてチームに欠かせない存在となったデニー友利は、同年及び翌1998年のリーグ連覇にも大きく貢献。1998年にはオールスターゲーム出場も果たした。

1998年の古巣・横浜ベイスターズとの日本シリーズでは横浜スタジアムでの1戦目と西武ドームでの3戦目に登板。
この際、同僚からも対戦相手ながら声をかけられたり、登板時に横浜ファンからも声援があった。登板2試合でいずれも好投。

以降も平均50試合を投げ、チームの戦力的・精神的支柱な存在になった。
力強い投球フォームだった!

力強い投球フォームだった!

タフィ・ローズが捕手・伊東勤に強烈タックル!デニー友利が激怒!

気性が激しく、有名なのは、1998年4月の対近鉄戦でタフィ・ローズがホーム突入時に捕手伊東勤に無茶なタックルをし、デニーがローズに激怒、ローズも応戦しその場で殴りあいになり乱闘になった。
その際に須藤豊、中村紀洋らに必死に止められていたにも関わらず大暴れし、ローズに向かって「Fuck you!!」など暴言を連発し、ローズだけでなくフィル・クラークからも怒りを買った。

【プロ野球】 デニー友利 vs タフィ・ローズ

1:34~ デニー友利の投球から乱闘までの一連のシーン

イケメン過ぎて、危うくモデルにさせられ、引退の危機も!榎本加奈子主演のテレビドラマにも出演!

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

両打ちでファンを魅了した松井稼頭央が引退へ。歴代のスイッチヒッターには柴田勲やデストラーデも

両打ちでファンを魅了した松井稼頭央が引退へ。歴代のスイッチヒッターには柴田勲やデストラーデも

西武の松井稼頭央選手が、今季限りでの現役引退を決断したことが明らかとなりました。日米通算25年、最強のスイッチヒッターとの呼び声の高かった松井の引退に、関係者は騒然となっています。
隣人速報 | 2,708 view
【最強助っ人外国人】プロ野球の歴代最強外人って誰だと思いますか?週刊ベースボール社が球界人200人に聞いたベスト10。

【最強助っ人外国人】プロ野球の歴代最強外人って誰だと思いますか?週刊ベースボール社が球界人200人に聞いたベスト10。

「歴代最強助っ人外国人」、プロ野球のテーマの中でもこれについては議論が尽きることがありませんね。ひいきのチームも人それぞれですし諸説ありますが、そんな歴代最強助っ人外国人、週刊ベースボール社が球界人200人に聞いたベスト10をご紹介します。
青春の握り拳 | 311,194 view
西武・辻新監督が21年振りにレオのユニフォームを披露!背番号は85!現役時代は守備の名手だった

西武・辻新監督が21年振りにレオのユニフォームを披露!背番号は85!現役時代は守備の名手だった

二塁手の名手として西武ライオンズの黄金期を支えた辻新監督が、21年ぶりにライオンズのユニホームに袖を通した。チームの黄金期はスカイブルーのユニホームだった。辻新監督の現役時代は8度のゴールデングラブ賞に輝いた名手だった。
ズームイン朝の「プロ野球いれコミ情報」で活躍したイレコミ君の巨人版が復刻!!

ズームイン朝の「プロ野球いれコミ情報」で活躍したイレコミ君の巨人版が復刻!!

読売巨人軍は、表情を自由自在に変化させることのできる人形「プロ野球人形 イレコミ君」の復刻版「プロ野球人形 イレコミ君 読売ジャイアンツ」の発売を決定しました。
隣人速報 | 536 view
阪急&近鉄が蘇る!オリックスが復刻ユニフォームで試合を行う「KANSAI CLASSIC 2019」が開催決定!!

阪急&近鉄が蘇る!オリックスが復刻ユニフォームで試合を行う「KANSAI CLASSIC 2019」が開催決定!!

オリックス・バファローズは、5月に京セラドーム大阪で行われるイベント「KANSAI CLASSIC 2019」にて、近鉄及び阪急時代のユニフォームを復刻し、着用して試合を行うことを発表しました。
隣人速報 | 1,222 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト