小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【90年~92年】
2018年3月23日 更新

小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【90年~92年】

先日、音楽業界からの引退を表明した小室哲哉。TKといえば、90年代に「小室ファミリー」を率いて一時代を築いたことで知られていますが、その活動期間において「えっ、この人も!?」というアイドル・タレントのプロデュース及び楽曲提供も、実は数多く手掛けているのです。そこで今回、1990年~1992年ごろに小室哲哉がプロデュースした意外な歌手を何人かピックアップし、紹介していきたいと思います!

4,428 view

宮沢りえ『NO TITLIST』‐1990年2月15日リリース

当時人気絶頂だった宮沢りえとTKの蜜月は、言うまでもなく、りえのデビューシングル『ドリームラッシュ』によって紡ぎだされました。楽曲のみならず、ジャケ写に衣装、プロモーション手法にまで口を出すという、後の盟友・YOSHIKIもびっくりなトータルプロデューサーぶりを発揮した結果、セールス的に大成功を収めたがために、りえ陣営から高く評価されたのでしょう。
NO TITLIST

NO TITLIST

作詞:川村真澄 作曲・編曲:小室哲哉
この宮沢りえ二枚目のシングル『NO TITLIST』で作詞を担当したのは、『ドリームラッシュ』、渡辺美里の『My Revolution』でもTKとタッグを組んでいた川村真澄。

ポジティブソングの代名詞みたいなマイレボと、「今だけ 今のために 生まれてきたはずだから♪」と歌っていた『ドリームラッシュ』、そして「誰かのまねをしたくはない 感じたことしか表現できない♪」と宣言する『NO TITLIST』に見られる個人主義・自分らしさ賛美の川村による歌詞は、いずれも、後にTKが華原朋美の楽曲などで綴った「女の子の自分探し的歌詞」に通じるエッセンスを含んでいます。そう考えると、90年代後半にJKの代弁者となったTKの作詞面に、川村が多大な影響を与えたことはほぼ間違いないでしょう。

宮沢りえ NO TITLIST

田中美奈子『夢見てTRY』‐1990年5月9日リリース

その神がかり的手腕によって、くすぶっているB級~C級アイドルをピカピカのスターへと生まれ変わらせる「音楽界の野村再生工場」的役割を担っていたことが、TKブランドの錦の御旗化、ひいては小室ファミリーブームへとつながっていたことを踏まえると、既に一定の市民権があるアイドル・歌手の作詞・作曲・プロデュースをつとめていた90年代前半は、いわば、TKにとってブレイクスルー前夜期といえるでしょう。有能な音楽プロデューサーではあるものの、無から有を生み出す“カリスマ”ではなかった時代です。
夢みてTRY

夢みてTRY

作詞・作曲・編曲・プロデュース:小室哲哉
しかし、そこは後の時代の寵児。既にTM NETWORKのフロントマンとして実績十分だった彼は、この90年代前半も、時代を駆け抜ける助走とばかりに、秀逸な佳曲を次々と生み出していきます。

この当時文化祭クイーンで、瞳に1億円の保険をかけたことでも話題になったアイドル・田中美奈子のサードシングル『夢見てTRY』も軽快なメロディといい、キャッチーなサビといいなかなかの良曲です。

田中美奈子 夢みてtry

郷ひろみ『空を飛べる子供たち~Never end of the earth~』‐1990年6月1日リリース

1986年3月、芸能活動を休止して単身ニューヨークに渡り、1年弱滞在した郷ひろみ。2002年にも再びNYで充電期間を設けるなど、米国に対してことさら思い入れの強いひろみは、1990年6月に27枚目のオリジナルアルバム『アメリカかぶれ』を発表。TKは同作のラストを飾るナンバー『空を飛べる子供たち~Never end of the earth~』という、秋元康が作詞した謎にスケールの大きなタイトルの曲における作曲・編曲を担当しています。
アルバム『アメリカかぶれ』

アルバム『アメリカかぶれ』

空を飛べる子供たち~Never end of the earth~
作詞:秋元康 作曲・編曲:郷ひろみ

(アルバム『アメリカかぶれ』に収録)

中山忍『ホタル』‐1990年6月1日リリース

30代を過ぎてから2時間サスペンスの犯人役ばかりやっている女優・中山忍も、ティーネイジャーの頃はアイドル歌手として活動していました。TKが手掛けたのは、サードアルバム『箱入り娘~このままじゃいられないわ』に収録された『ホタル』『僕がむかえにいくよ』。ちなみにこの2曲の編曲は、コラムニスト・ナンシー関から「絵に描いたような小室の腰巾着」と揶揄された久保こーじがつとめています。
アルバム「箱入り娘~このままじゃいられないわ」

アルバム「箱入り娘~このままじゃいられないわ」

ホタル
作詞:坂元裕二 作曲:小室哲哉 編曲:久保浩二

(アルバム『箱入り娘~このままじゃいられないわ』に収録)

観月ありさ『TOO SHY SHY BOY!』‐1992年5月27日リリース

90年代前半は「アイドル冬の時代」と呼ばれています。たしかに、CoCoやribbon、C.C.ガールズ、桜っ子クラブなどが相次いでデビューしたものの、いずれも小粒な印象で、ムーブメントを起こすまでに至っていないから、そう言われても致し方ありません。

しかし、純粋なアイドルは希少種になるも、一昔前の上戸彩、今の広瀬すず、有村架純のようなアイドル女優的ポジションのタレントはむしろ売り手市場であり、宮沢りえ・牧瀬里穂と共に、「3M」と呼ばれていた観月ありさもその一人でした。
TOO SHY SHY BOY!

TOO SHY SHY BOY!

作詞・作曲:小室哲哉 編曲:小室哲哉、COZY
純粋なアイドルにとって歌は重要なセールスツールですが、演技が本業のアイドル女優にとっての歌は単なる余技に過ぎません。そのため、TKとしても自由に時の売れっ子アイドル女優・宮沢りえ、そして観月ありさを自分色に染め、“調教”することができたのです。この観月4枚目のシングル『TOO SHY SHY BOY!』も、後にTRFで存分に追及することになるダンスフロア志向を垣間見せています。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【93年~95年】

小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【93年~95年】

1993年のはじめからTRFが本格始動。TKも彼らのプロデュースに注力するようになりますが、そんな中でもアイドルや歌手、果てはプロ野球選手に至るまで、さまざまな有名人への楽曲提供を続けていました。今回はそんなTKファミリーブーム前夜にあたる、93~95年の小室哲哉制作楽曲を紹介していきます。
こじへい | 1,149 view
【3M】とよばれた「牧瀬里穂」「宮沢りえ」「観月ありさ」の昔と今!?

【3M】とよばれた「牧瀬里穂」「宮沢りえ」「観月ありさ」の昔と今!?

1990年代に、世の男性陣を虜にした3人の女性タレント「牧瀬里穂」「宮沢りえ」「観月ありさ」!彼女達のイニシャルから【3M(スリーエム)】とよばれていた。そんな彼女達の当時の事や、結婚や離婚など最近の事などについて語りましょう!
小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【83年~86年】

小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【83年~86年】

小室哲哉といえば、80年代中頃~後半にTMネットワークとして活動をしていたことで知られていますが、同時期にさまざまなタレントへ楽曲を提供する作曲家としても大いに活躍していました。今回はそんなTKが83年~86年に手掛けた提供楽曲を紹介していきます。
こじへい | 3,081 view
tohko、普通の女子大生が小室プロデュースによるデビュー曲のヒットで勘違い!当時の天狗っぷりをTV番組で告白!

tohko、普通の女子大生が小室プロデュースによるデビュー曲のヒットで勘違い!当時の天狗っぷりをTV番組で告白!

1998年に小室哲哉プロデュースで歌手デビューしたtohkoが、テレビ朝日系『あるある議事堂SP』に出演。デビュー曲がヒットし、天狗になっていた90年代当時を赤裸々に語った。現在は家賃9万円、1Kのマンションで自費出版でCDをリリースしている。
もう一度見たい!90年代を席巻した3M(牧瀬里穂、宮沢りえ、観月ありさ)の超絶かわいい若い頃

もう一度見たい!90年代を席巻した3M(牧瀬里穂、宮沢りえ、観月ありさ)の超絶かわいい若い頃

3M(スリーエム)とは、1990年代に大人気だった3人の女性タレント、牧瀬里穂・宮沢りえ・観月ありさの頭文字を取った総称。 彼女たちがまだ10代だった頃の輝きをもう一度振り返る。
どるぶっしゅ | 62,671 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト