ザ・80's!今年も開催されるリワインド・フェスティバルがすごい!
2017年6月13日 更新

ザ・80's!今年も開催されるリワインド・フェスティバルがすごい!

近年、80年代に活躍していたアーティストばかりを集めた音楽フェスが、海外で開催される機会が増えてきました。中でもイギリスで開催されるリワインド・フェスティバルは、出演アーティストも豪華で、毎年恒例のイベントとなっています。もちろん今年も開催されますので、その概要を簡単にご紹介します!

1,863 view

ゴー・ウエスト

Go West - King Of Wishful Thinking [HQ]

映画『プリティ・ウーマン』のサントラに収録された「King Of Wishful Thinking」のヒット(全米8位)で知られるゴー・ウエストは、スコットランドとサウスに出ます(ノースには出ません)。見た目はだいぶ変わってしまいましたが、ソウルフルな歌声は健在!

ニック・カーショウ

Nik Kershaw - The Riddle

1984年、わずか一年間で5曲ものUKトップ20入りシングルを出した人気者ニック・カーショウは、スコットランドとサウスに出ます(ノースには出ません)。デビュー曲「I Won't Let the Sun Go Down on Me(全英2位)」や「Wouldn't It Be Good(全英4位)」も有名ですが、日本ではこの「The Riddle(全英3位)」が人気でしたね!

トレヴァー・ホーン・バンド

The Buggles - Video Killed The Radio Star

ミュージシャンとしてはもちろんのこと、プロデューサーとしてもこれまで多くのヒット曲に関与してきたトレヴァー・ホーン。イエス、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、アート・オブ・ノイズ、ABCなど、80年代の洋楽シーンを語る上で重要な作品が山ほどありました!もちろんバグルス「ラジオスターの悲劇」もステージで再現してくれることでしょう!スコットランドとノースに出演します(サウスには出演しません)。

ヴィレッジ・ピープル

Village People - Go West

陽気なディスコ・ヒットを多数放ったヴィレッジ・ピープルは、ノースとサウスに出演します(スコットランドには出ません)。西城秀樹でお馴染みの「YMCA」や、ピンクレディーがカバーした「イン・ザ・ネイヴィー」、そしてサッカーのテレビ中継などで使われるペット・ショップ・ボーイズ「ゴー・ウエスト」など、どれもオリジナルはこのヴィレッジ・ピープル!フェス向きのアガる曲がいっぱいありますね~

ビリー・オーシャン

Billy Ocean - Caribbean Queen (No More Love On The Run)

「カリビアン・クイーン」「サッド・ソングス」などのヒットを持つビリー・オーシャンは、スコットランドのみ出演します(ノース、サウス、には出ません)。このリワインド・フェスティヴァルには、2009年、2011年、2013年、2015年と、一年おきに必ず出演しており、80年代フェスには欠かせない存在と言えますね~

ヒューマン・リーグ

The Human League - Don't You Want Me

「愛の残り火(Don't You Want Me)」が全米・全英共に1位となったことで知られる、ニュー・ロマンティックを代表するヒューマン・リーグは、スコットランドに出演(ノース、サウスには出ません)。他にも「ファッシネイション」や「ヒューマン」など、80年代に放ったヒット曲がたくさんあるグループですね~

全ラインナップ(会場別、日別)

会場や開催日によって、出演アーティストが異なりますので要チェック!

※アーティスト名の右横に*マークがついているものは「British Electric Foundation(BEF)」名義。BEFでは、元ヒューマン・リーグ、元ヘブン17のマーティン・ウェアが編成した電子的なバンドをベースにして、そこに様々なアーティストをフィーチャリングしてパフォーマンスするようです。

スコットランド

Rewind Scotland the 80s Festival 2017 Lineup

【7/22(土)】
Chesney Hawkes
Go West
Heather Small
Human League, The
Level42
Musical Youth
Nik Kershaw
Real Thing, The
Tom Robinson
T'Pau
Trevor Horn Band, The
Undertones, The

【7/23(日)】
Belinda Carlisle
Billy Ocean
Claudia Brucken*
Doctor & the Medics
Glen Matlock*
Heven 17's Glenn Gregory*
Jaki Graham*
Jason Donovan
Joy Division's Peter Hook*
Junior Marvin's Wailers
Kim Wilde
Nick Heyward
Owen Paul*
Soul Ⅱ Soul
Steve Harley & Cockney Rebel

ノース

 (1875920)

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ブロードウェイミュージカル「ピーター・パン」歴代の主演女優まとめ!

ブロードウェイミュージカル「ピーター・パン」歴代の主演女優まとめ!

いつまでも子どものままでいたいピーター・パンと、ネバーランドの冒険で成長する子供たちの物語を描いたブロードウェイミュージカル「ピーター・パン」。日本では1981年に初めて上演され、2024年で43年目を迎えます。そんな歴史ある舞台でピーター・パン役を演じた歴代主演女優をまとめてみました。
ハナハナ | 249 view
銀蠅一家の爽やか担当【矢吹薫】今どうしてる?

銀蠅一家の爽やか担当【矢吹薫】今どうしてる?

横浜銀蠅の弟分といえば、嶋大輔さんやロックバンド「紅麗威甦」のボーカルとして活躍した杉本哲太さんが有名ですが、矢吹薫さんもその一人。銀蠅一家の三男坊なんて言われていました。現在は芸能界を引退している矢吹薫さんですが、活動を振り返りつつ現在の活動について調べてみました。
ハナハナ | 363 view
昭和から続くテレフォンサービス「リカちゃん電話」とは?

昭和から続くテレフォンサービス「リカちゃん電話」とは?

昭和の子供たちに大人気だった電話サービス「リカちゃん電話」。専用の電話番号にかけると、リカちゃんが対応してくれ、録音メッセージが再生されるといった内容。電話する度にとても楽しい会話を楽しむことができました。同サービスについて簡潔に紹介します。
「大映ドラマ」がテーマのオススメ記事

「大映ドラマ」がテーマのオススメ記事

ミドルエッジ編集部が選んだ「大映ドラマ」がテーマのオススメ記事。数多くの記事から厳選したものをご紹介します!!
【大映ドラマ】を支えた今は亡きあの名優たち

【大映ドラマ】を支えた今は亡きあの名優たち

ミドルエッジ世代にとって青春の一部と言っても過言ではない大映ドラマ。大げさとも言える演出やパンチ効きすぎのセリフなど、現在のドラマではとても味わえない作品の数々。今回はそんな大映ドラマを脇から支えた名俳優たちについてスポットを当ててみたいと思います。
ハナハナ | 708 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト