『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~
2017年11月28日 更新

『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第38回は、6度目の商品化となる、1/144 ガンダムの紹介です!

3,355 view
今、お台場に立つガンダムの雄姿!(の即興再現)

今、お台場に立つガンダムの雄姿!(の即興再現)

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回紹介するのは、 6度目の商品化となった、お台場ガンダムの1/144 キットと、雑誌の付録についていた、モビル・スーツのベッドでもあ るMSハンガーです!

ガンダム 1/144 HG Ver.G30th 2009年7月 1200円

ハードディテールHG 1/144 ガンダム第1号のVe...

ハードディテールHG 1/144 ガンダム第1号のVer.G30thのボックスアート

ガンダム放映30周年記念のこのガンプラ。
一番最初の旧1/144から数えて、旧1/144 旧1/144Gアーマー版、絶版HG、FG、HGUC 021と、さすが元祖の主役で初代で始祖。
1/144スケールだけでプラモデル化されること、この時点で6回目(ここから2016年までで、テレビアニメ版だけであと、4種類が追加される)。
新生1/144 HG Ver.G30thガンダムの全身

新生1/144 HG Ver.G30thガンダムの全身

なんどめだがんだむ
こちらは実際のお台場1/1ガンダム

こちらは実際のお台場1/1ガンダム

本当に、何度「これが1/144ガンダムの決定版です」と謳う気なのかバンダイと、ツッコミたくもなるが、今回ばかりはちょいとコンセプトが異なっているのだ。
ホラ、皆さんも知っているでしょう?
2009年から東京お台場潮風公園に展示され、50日で400万人の観光客を招いた、1/1 実物大ガンダムの立像を。
今回紹介する、1/144ガンダム HG Ver.G30thは、『機動戦士ガンダム』(1979年)放映30周年を記念して建てられたその立像の、正確な1/144プラモデルという触れ込みで、つまり、ガンプラ史上初の「モデル元の実物が存在するスケールキット」として開発、発売がされた代物なのである。
Ver.G30thガンダムのリアビュー

Ver.G30thガンダムのリアビュー

立像のお披露目と、このプラモデルの発売タイミングにあまり隙間がないことからも、当初から立像と模型化はリンクしてプロジェクトが進んでいたようで、この1/144 HG Ver.G30thの発売時も、以下のようなアナウンスがバンダイから発せられた。

「機動戦士ガンダム放映30周年を記念し、新規に起こされたデザイン。現在のガンダムは、これまでの30年を支えてくれたファンのおかげであることに感謝し、ファンの持つイメージを変えないことを基本にしつつ、アニバーサリーイヤーにふさわしいアレンジを追加し、新しいバランスを目指したデザインである」

言っている意味がよくわからないが、要するにバンダイ的には、30周年で区切りもよいし、大枚はたいて1/1立像まで作っちゃったから、もうこれからのガンダムのスタンダードデザインは“コレ”でいきますという、そういう意思表示なのだと受け止めざるを得ないのだが、一応“2009年当時”はそのつもりだったのだろう。後述するがその後バンダイは、このHG Ver.G30th版を使って、様々な企業やイベントとタイアップして「決定版ガンダムプラモデル」の印象をアピールし続けるのである。
もっともこの説は、翌年、いきなり1/144で、さらにデザインが複雑変化したリアルグレード・RG版1/144ガンダムが登場する流れの時点で怪しいが。
1/144 ガンダムとしては、久々にバーニア装備のバッ...

1/144 ガンダムとしては、久々にバーニア装備のバックパック

まぁ、RGとの共存可能性としては、RGが1/144スケールなのに、半端なく細かいパーツとディティールと可動で、初心者一切お断りの勢いでハードルをガンガン上げていったのに対して、こちらのHG Ver.G30thの方は、難易度もパーツの大きさも初心者向けにわざと緩めに設定されていて、付録冊子や組み立て説明書なども、露骨にガンプラ初心者への入門ガイド的な立ち位置を見せている。
マニア相手ビジネスだけだと先細りするだけなのだから、もう一度ガンプラを一般層にも認知してもらおう、購買層を広げよう、そう思えばこそのガンプラ販促を目的とした、1/1立像だったと思えばいろいろ納得がいくのだが、一方でこのHG Ver.G30thは、そういうアレコレで「初心者でもだいじょうぶ!」を謳っている上に、それこそスケールモデルとしての模型元となる1/1ガンダム立像が「ただ立っているだけのデクノボー」であるためか、ガンプラの29年の積み重ねの上での、大事なテクノロジーアピールポイントであるべき、可動性とその練りこみが、見た目を大きく裏切るレベルで、残念な範囲で終わっているのである。
白く塗りつぶしてはいるが、HG Ver.G30thの肘...

白く塗りつぶしてはいるが、HG Ver.G30thの肘関節のディテール

だって、この関節部のディティールを見せられれば、誰だって肘と膝は二重関節だと予測するでしょう?
確かにこの1/144 HG Ver.G30thは、ディティールは1/1立像に果てしなく近づけようと頑張ってはいるんだけれども、可動面では、8年前に発売された、HGUC 021と同等か、それより少し上程度なのである!
実際の肘は、一軸可動としてはよく曲がる方ではあるが……

実際の肘は、一軸可動としてはよく曲がる方ではあるが……

同じく膝関節。こちらも一見すると二重関節のように見える

同じく膝関節。こちらも一見すると二重関節のように見える

膝関節の実際の可動範囲。シルエットを壊す二重関節よりは...

膝関節の実際の可動範囲。シルエットを壊す二重関節よりは、この方がまだ自然だという意見には頷ける

それも含めて、筆者の私見だけでこの1/144 HG Ver.G30thの短所・欠点を挙げていくとこうなる。
「さすがに1/144スケールサイズで、1/1ガンダムのディティールの全てを再現することが不可能なので、アイテムのコンセプトから鑑みると非常に中途半端な仕上がりに落ち着いている」
「肘や膝など、デザイン的には二重関節に見える部分が、なぜか現行HGUCクオリティに逆行するかのように、一軸関節でしかない」
「手首が左右で4種類しかない(しかも、そのうち3種類は、右手である)」
「シールドが、二の腕と背中にマウントできるだけで、左手で掴んで握ることが(シールドの接続方式的にも、左手が握り拳1種類しかない的にも)出来ない」
「2009年のHGブランドなのに、ビームサーベルが柄と一体成型の白一色仕様。8年前のHGUC 021版でさえクリアパーツだったのに。2010年の1/1立像ビームサーベル(当然実物なので、三次元の固体で成型されている)持ちVer公開に合わせたのか?」
HG Ver.G30thの顔アップ。顔立ちはここまでの...

HG Ver.G30thの顔アップ。顔立ちはここまでの歴代1/144 ガンダムの中ではトップクラスではある

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ヨシアキ 2018/12/6 15:07

    「よみがえる よみがえる ガンダム」というアニメの歌詞通り、何度でも蘇ってますね。それだけバンダイのフラグシップモデルであることがうかがえます。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その23 ~連邦V作戦の一角・ガンタンク!~

『ガンプラり歩き旅』その23 ~連邦V作戦の一角・ガンタンク!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第23回は、ガンダム、ガンキャノンと共に、ホワイトベースを守り抜いた主役トリオの一角、ガンタンク!
市川大河 | 4,552 view
『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 4,881 view
『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第41回は、ガンプラ屈指の変化球傑作キット、1/35のコア・ファイターです!
市川大河 | 8,836 view
『ガンプラり歩き旅』その40 ~ある意味究極の機動兵器、ボールただいま参上!~

『ガンプラり歩き旅』その40 ~ある意味究極の機動兵器、ボールただいま参上!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第40回は、地球連邦軍の大量生産棺桶……じゃなかった、機動兵器・ボールです!
市川大河 | 3,346 view
『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第39回は、究極精密組立地獄。空前絶後の超絶モデルの1/144 RGガンダムが登場です!
市川大河 | 7,222 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト