「座頭市」と言えば・・・勝新太郎です!濡れ場の色気も凄い!!
2017年1月31日 更新

「座頭市」と言えば・・・勝新太郎です!濡れ場の色気も凄い!!

座頭市シリーズ第26作目。勝新が唯一監督を務めた作品としても有名な本作。そして、勝新最後の作品です。

23,177 view
樋口可南子

樋口可南子

ソフトバンク・白戸家のお母さんじゃないですかっ!!
 物語の展開上、樋口可南子演ずる女親分が登場する必然性はないのだが、これによって映画の導入部が華やかになるから、必然性はないが効果的ではあったのだろう。それでも湯船の中の濡れ場はやりすぎで、これは明らかに物語からの逸脱。監督兼主演俳優である勝新太郎は役得である。
役得の撮影って良いですね!!
それで批判されても特に問題なし!!
背中の彫り物もまた艶があります。

背中の彫り物もまた艶があります。

市は、その金を手に五右衛門一家の賭場へ行く。
と、そこで女渡世人・おはん(樋口可南子)に出会い、
一夜の、女の情を、「菩薩」の心をもらう…。

あれ?座頭市さん、なんで捕まってるの??

こちらも「座頭の市」?

こちらも「座頭の市」?

本作の座頭市は牢屋から出てくるけど、こちらの勝新はこれから牢屋に入ります(笑)
勝新太郎の名言「気付いたらパンツのなかに入ってた」

勝新太郎の名言「気付いたらパンツのなかに入ってた」

皆さんも気づいたらパンツにマリファナが入らないようにしましょうね(^O^)
やっぱり、こっちの座頭市にしびれます!!

やっぱり、こっちの座頭市にしびれます!!

まだ観てない方は、TSUTAYAへGO!!
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

邦画興行成績の新記録!カンヌも獲った黒澤明の「影武者」 勝新太郎の降板劇やジョージ・ルーカスも参加し製作される等話題に事欠きませんでした!

邦画興行成績の新記録!カンヌも獲った黒澤明の「影武者」 勝新太郎の降板劇やジョージ・ルーカスも参加し製作される等話題に事欠きませんでした!

1980年(昭和55年)公開。黒澤明監督の映画。戦国の武将「武田信玄」が討たれ、その「影武者」が翻弄されていく様子を描いた時代劇。当時の邦画の興行成績(配給収入)1位を記録した大ヒット作でした。
ひで語録 | 2,785 view
映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」 愛媛・大洲を舞台に殿様との交流を描きました!

映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」 愛媛・大洲を舞台に殿様との交流を描きました!

映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」。1977年公開のシリーズ第19作目。殿様役にアラカンこと嵐寛寿郎を迎え、またもや厄介ごとを引き受けてしまう寅さんの奔走ぶりをご覧下さい!
ひで語録 | 2,602 view
「男はつらいよ・寅次郎真実一路」 今度は人妻に恋しちゃう寅さんでした・・・。

「男はつらいよ・寅次郎真実一路」 今度は人妻に恋しちゃう寅さんでした・・・。

1984年公開の「男はつらいよ・寅次郎真実一路」。舞台は柴又、茨城、鹿児島。また今回も日本中を旅する寅さん!しかし、それはちょっぴり切ない旅でした・・・。
ひで語録 | 1,829 view
皆坊主!映画「ファンシイダンス」甲田益也子も頭を丸めて撮影に臨みました!

皆坊主!映画「ファンシイダンス」甲田益也子も頭を丸めて撮影に臨みました!

1989年公開のコメディ映画「ファンシイダンス」。周防正行のメジャー映画デビュー作でした。あらすじや原作漫画にも触れます!
ひで語録 | 11,830 view
ボクサー赤井英和の半生を映画化「どついたるねん」 テント上映から口コミが広がり、ブルーリボン賞まで獲得しました!

ボクサー赤井英和の半生を映画化「どついたるねん」 テント上映から口コミが広がり、ブルーリボン賞まで獲得しました!

1989年公開の阪本順治の初監督作品。ボクシングの魅力に取り憑かれた男の物語。舞台の大阪・新世界もまた良い味を出しています!
ひで語録 | 3,234 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト