冬の時代といわれるスランプ期の“手塚治虫”作品は、なんか奇妙なものばかりで面白いですよ。
2019年11月23日 更新

冬の時代といわれるスランプ期の“手塚治虫”作品は、なんか奇妙なものばかりで面白いですよ。

誰もが認めるマンガの神様、手塚治虫。傑作、名作、ヒット作は星の数。しかし、そんな手塚治虫にもスランプがあったのです。その時期の作品は「鉄腕アトム」や「リボンの騎士」などからは考えられない奇妙なものばかり!で、これがまた面白いのです。

3,756 view

手塚治虫

手塚治虫。偉大な人物です。偉大すぎると言ってもいいほどの人物です。日本の漫画を確立した、そう、正真正銘のマンガの神様です。
「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「火の鳥」「どろろ」「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」などなど代表作を挙げればきりがありません。
手塚治虫

手塚治虫

本名:手塚 治
生誕:1928年11月3日
死没:1989年2月9日(60歳没)
活動期間:1946年 - 1988年
もう、向かうところ敵なし、晩年の「アドルフに告ぐ」「陽だまりの樹」や絶筆となった「ネオ・ファウスト」も高い評価を受け、ヒットしました。デビューから亡くなるまで傑作といわれる作品を造り続けた手塚治虫。まさしく向かうところ敵なし。
しかし、そんな手塚治虫にもスランプといわれる時代があったのです。

きりひと讃歌(1970年 - 1971年)

手塚治虫のスランプ。それは手塚治自ら「冬の時代」と語った1968年から1973年のことです。この時期、白土三平をはじめとする劇画作品の台頭、永井豪の「ハレンチ学園」のヒットによるハレンチ・ブームの到来などが襲いかかってきて手塚治虫の作風が古いものと見なされてきたのです。
劇画にお色気。つまり、成人漫画が誕生したのです。
忍者武芸帳 影丸伝

忍者武芸帳 影丸伝

著) 白土三平
今まで手塚治虫が求め、作り続けてきたモノとは全く違う世界。手塚治虫は悩みノイローゼに陥り、精神鑑定も受けたそうです。しかし、手塚治虫はこの新しい流れに立ち向かいます。成人漫画に挑戦します。そのひとつ「きりひと讃歌」ですが、もう、この時期の作品は問題作ばかり。当時はいろいろと言われていたようですが、腐っても鯛。スランプでも手塚治虫。面白くない筈がありません。
きりひと讃歌

きりひと讃歌

掲載期間:1970年4月10日号~1971年12月25日号
掲載雑誌:ビッグコミック
出典 honto.jp
【あらすじ】
徐々に体が犬のように変形し、死にいたるという奇病・「モンモウ病」。この病気の治療に情熱を注ぐ医師・小山内は調査中に罹患してしまう!犬のような外見に変わってしまった小山内の受難の物語。
犬のような顔になる気病に侵された医師の物語。う~ん、重い。外見による差別、人間の尊厳といったテーマが重すぎる。スランプ期の手塚作品は重いテーマを持った物が多いのですが、レイプとかも出てきますしね。落ち込み、悩んでいたからこそ出来上がった作品ともいえるのではないでしょうか?
きりひと讃歌

きりひと讃歌

著) 手塚治虫
舞台のモデルは大阪大学医学部だそうです。ここは、手塚治虫の母校であると同時に山崎豊子の小説「白い巨塔」のモデルでもあります。そうなんです。「きりひと讃歌」では、「白い巨塔」のように、医学界における権力闘争も描かれているんです。
後の作品で大ヒットする「ブラック・ジャック」とはえらい違いですね。タブーに挑戦した意欲作と言えるわけですが、当時は狼男をテーマにして大ヒットした「バンパイヤ」の二番煎じと酷評されたといいますから、世間は厳しかです。

アポロの歌(1970年)

さて、劇画に関しては「きりひと讃歌」で対抗した。その前には「空気の底」シリーズというのもありました。では、エロチック関係はどうなんだ?!と言われれば、勿論そちらもしっかりモノにしています。
1970年に連載された「アポロの歌」は、その代表でしょう。
アポロの歌

アポロの歌

掲載期間:1970年4月~11月
掲載誌:週刊少年キング
【あらすじ】
再生を繰り返し真実の愛を追究する男の物語愛し合うことを拒絶する近岩昭吾。神は、おろかなる彼に、一人の女性を愛するも、永遠に結ばれない、という罰を与えるのだった。死と再生を繰り返す異色作品。
母親が「パパ」の一人と肉体関係を結んでいるのを見てしまったことで、「愛」を憎むようになった主人公。もう既に重いですよね。1970年ですからね。しかも少年誌です。漫画に下着姿の女の子が出てきただけで大騒ぎしていた少年にとっては、このテーマは重い。重すぎて、何のことやら分からんほどです。
人間や動物が愛し合い、あるいは交尾するのを見ると憎み、殺すようになる主人公。
精神病院で治療を受けていると、夢の中で女神像に「愛を呪った罰を受けなければならない」と告げられ、「女性を愛するが、結ばれる前に自分か相手が死んでしまう」ことを繰り返すという過酷な運命を背負わされてしますのです。
アポロの歌

アポロの歌

著) 手塚治虫
物語はここから1章が始まり、5章まで5つの物語で綴られます。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • あい 2019/11/23 20:05

    やけっぱちのマリア、うちにあったのでこどもの頃ドキドキしながら読みました。
    こどもが読むには刺激が強すぎたけど、性教育的なところが多く含まれてて、
    当時としては珍しく百合?っぽくもあって
    ただのお色気じゃない深い漫画でした。
    この漫画でダッチワイフっていう言葉を知りました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 981 view
オリジナルアニメ「火の鳥”道後温泉編”」続編決定!

オリジナルアニメ「火の鳥”道後温泉編”」続編決定!

2019年11月8日(金曜日)東京・港区のポニーキャニオン本社ビルにて、松山市・道後温泉本館の保存修理工事の観光資源化に取り組む「道後REBORNプロジェクト」が打ち出すオリジナルアニメ「火の鳥"道後温泉編"」の続編の制作発表会が行われた。
【AI 燦燦と】AI技術により「手塚治虫の新作漫画」や「美空ひばりの新曲」が発表されると話題に!!

【AI 燦燦と】AI技術により「手塚治虫の新作漫画」や「美空ひばりの新曲」が発表されると話題に!!

日進月歩で進化を続けるAI技術が、「手塚治虫の新作漫画」や「美空ひばりの新曲」まで生み出し始めたと大きな話題となっています。
隣人速報 | 588 view
手塚治虫作品のキャラクターがファン垂涎のTシャツに!さらに70年代初頭の手塚作品を収めた短編集も発表!!

手塚治虫作品のキャラクターがファン垂涎のTシャツに!さらに70年代初頭の手塚作品を収めた短編集も発表!!

有限会社ハードコアチョコレートより、手塚治虫の作品「ブラック・ジャック/ピノコ」「リボンの騎士」「三つ目がとおる」「ブッダ」とコラボレーションしたデザインアパレル商品が、現在好評発売中です。さらに立東舎より、手塚治虫が70年代前半に発表した作品を集めた短編集「ボンバ!手塚治虫ダーク・アンソロジー」の刊行が決定しました。
隣人速報 | 328 view
”中国のガッキー”ロン・モンロウにリボンの騎士「サファイア姫の王冠」戴冠!!

”中国のガッキー”ロン・モンロウにリボンの騎士「サファイア姫の王冠」戴冠!!

株式会社大塚家具と株式会社ジュエリーカミネによる「あの名作がジュエリーを纏って永遠に輝く 世界で唯ひとつのジュエリー絵画Ⓡ展」の内覧会が開催。中国出身のタレント、ロン・モンロウにリボンの騎士「サファイア姫の王冠」が戴冠されました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト