生存率1/10000の恐怖・・・クロックタワーが現代でも通じるレベルで怖い
2017年1月24日 更新

生存率1/10000の恐怖・・・クロックタワーが現代でも通じるレベルで怖い

今までのホラーゲームとは一線を画す程の名作。恐怖を駆り立てられる綺麗ではないが独特のグラフィック、演出、BGM、そして苛立つほどの操作性ですら 計算などでは無いかと疑う程。キャッチコピーの「生存率1/10000の恐怖」は寸分の狂いなく言い当てていると思う。

20,721 view
クロックタワー(機種:	スーパーファミコン・Windo...

クロックタワー(機種: スーパーファミコン・Windows・PlayStation・ワンダースワン等)

今回はSFC版についての説明になる。
発売は1995年9月14日。
開発・販売元はヒューマン株式会社。
正体不明の殺人鬼の住む館に招かれた主人公が、殺人鬼からひたすら逃げながら館からの脱出を図るアドベンチャーゲーム。三人称視点のフィールド内のキャラクターに間接的な指示を与えるというゲームシステムを取り入れている(同システムの先駆けになったシエラオンライン社の『King's Quest』のシステムにほぼ近い)。このシステムと「非力でか弱いヒロイン」という設定を活かし、ホラー映画さながらの「逃げ惑うキャラクターを鑑賞者の視点で見守るもどかしさ」を演出するとともに、ゲーム上の恐怖演出として成立させた点に大きな特徴と独自性がある。

またイタリアのホラー映画『フェノミナ』をモチーフとしている。

ストーリー

山間部にひっそりと佇む屋敷。主人はバロウズ、館には大きく高くそびえ建つ時計塔があり、この時計塔の大きな鐘の音を合図に周りの人々は生活をしていた。そして何時からか人々は、館を「CLOCK TOWER」と呼ぶようになった。
しかし、ある時を境に鐘の音は途絶え、人々の記憶から消えていった。

とある孤児院「グラニット孤児院」に、5歳で父親と母親と別れたジェニファーという少女がいた。
そしてある日、彼女と孤児院の教師、3人の友人、と共に新しい養育先へと向かった。
しかし、その養育先が昔、「CLOCK TOWER」と呼ばれた館だと誰も知らなかった、ただひとりを除いて。

登場人物

ジェニファー・シンプソン

ジェニファー・シンプソン

本作の主人公。可憐な容姿の美少女。14歳。幼い頃に母が蒸発、9歳の時に父が行方不明になってしまったため、グラニッド孤児院で育った。その後にバロウズ家の養子として屋敷へ向かうが、数々の怪異と恐ろしい殺人鬼に狙われる羽目になってしまう。少女ゆえ非力で体力も乏しいが、いざという時には思いがけない反撃に出るタフさも持ち併せている。
 
ロッテ

ロッテ

ジェニファーと最も気の合う親友。14歳。メンバーでは唯一ショートヘアにGパンというボーイッシュなスタイルで、性格も活発かつ快活。ジェニファーとは別に単独でバロウズ家の秘密を探ろうとするが重傷を負わされ、ジェニファーにシザーマン打倒のヒントを遺して息を引き取る。アン同様、捨て子。
メアリー・バロウズ

メアリー・バロウズ

グラニット孤児院の教師。35歳。ヒステリックで生徒からは煙たがられている。ジェニファー達を時計塔屋敷に引率してきた。実は今回の事件の首謀者でボビィとダンの母親でありサイモンの妻。エンディングによって死亡の仕方は様々だが、小説版クロックタワー2では“鳥に全身をついばまれた死体”となっている。
アン

アン

ジェニファーの親友。15歳。ややワガママな性格。内気なローラと仲良し。ゲーム中では一番死亡のパターンが多い。姓がないのは、捨て子のためである(小説版クロックタワー2より)。
ローラ

ローラ

ジェニファーの親友。14歳。おっとりかつ内気な性格で上品な雰囲気の少女。強気なアンと仲良し。
ボビィ・バロウズ

ボビィ・バロウズ

本作におけるシザーマン。サイモンとメアリーの息子で、ダンの双子の弟。9歳。巨大なハサミが特徴の殺人鬼。定められた条件を満たさない限り、決して死ぬことがない。動物、人間とその手に掛けた者の数は計り知れない。
ダン・バロウズ

ダン・バロウズ

サイモンとメアリーの息子で、ボビィの双子の兄。9歳。肥大化した肉体を持つ巨大な嬰児だが運動器官が未発達な代わりに強力な念動力と透視能力を持つ。屋敷内の怪奇現象は彼の仕業と思われる。
サイモン・バロウズ
屋敷の当主。37歳。当主だが中庭の牢屋に入れられているうえ、酷い虐待を受けたせいか発狂している。ジェニファーを食べ物と認識して襲い掛かる。小説版クロックタワー2では、死亡したことが判明。
 ウォルター・シンプソン
ジェニファーの実父。産婦人科医。メアリーの出産に立ち会うためにバロウズ家へ来るが、出産の際にダンとボビィに腕を食いちぎられた上に密室に幽閉され、ジェニファーとの再会が叶わぬまま死んでしまう。

もどかしさと恐怖を感じる演出達

クリックポイント
基本的な操作等は画面上のカーソルのような物を動かし操作するのだが、これがとてつもなくいやらしい。
調査対象をにカーソルを合わせるとカーソルの変化で調査対象化なのか確認できるのだが、物凄くシビアなのだ。その為、前回調査した場所ですら、信用ならない。
しかも、移動に関しても、あくまでプレイヤーは「キャラクターに間接的に支持する」のみなので思いもよらぬ行動をジェニファーが起こす事もありうるのだ。

【60分耐久】 クロックタワーでシザーマンに追われてる時のアレ ‐ ニコニコ動画:GINZA

某生放送にて  うp主「このBGMで60分耐久作ってやんよ」 某生主「いらねーよ(# ^ω^)」 某リ...
またBGMも秀逸と言わざるを得ない程、恐怖を誘う。
このBGMはクロックタワー内に突如として現れる大きなハサミを持った奇怪な生き物「シザーマン」に追いかけられる際に流れるのだが、このBGMと、もどかしい操作性によって、緊張感は最高潮に達するだろう。

実際にプレイすると、この恐ろしさが分かって貰えると思うが、とにかく主人公のジェニファーは思い通りに動かず、後ろからはシャキンシャキンとならすハサミを持つ異形の生物、そしてこのBGM。
なんとか逃げ切った時の脱力感とも疲労感とも言えぬ疲れとコントローラーが気味悪い程ベタつく手汗の量で自身に緊張感を感じていた事を教えてくれるのだ。

いまだに人気は高い

続編が作られていたり、リメイクやダウンロードコンテンツとしても復活している為、ツイッターやゲーム実況としても探せば結構出てくる。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ロマサガシリーズ最高傑作と名高いロマサガ3! 

ロマサガシリーズ最高傑作と名高いロマサガ3! 

四魔貴族との戦い、そして破壊するもの。アビスゲートの詳しい説明など知らない情報が実はいっぱい!? SFCで発売されたロマンシングサ・ガ3をもう一度振り返る!懐かしくてスーパーファミコン引っ張り出しちゃう!
Yoda | 19,649 view
ロボゲーとシミュレーションRPGの融合!SFC版「フロントミッション」をやる!

ロボゲーとシミュレーションRPGの融合!SFC版「フロントミッション」をやる!

フロントミッションシリーズの原点にして、シリーズ最高と言われるストーリー展開で知られるフロントミッション。原点に帰ってSFC版「フロントミッション」を久しぶりにやってみます!
alex_law | 13,948 view
佐賀県が「ストⅡ」とまさかのコラボ!?サガットならぬ「佐賀ット」が店長のショップがオープン!!

佐賀県が「ストⅡ」とまさかのコラボ!?サガットならぬ「佐賀ット」が店長のショップがオープン!!

佐賀県は、情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環として、90年代に大ブームを巻き起こし、シリーズ30周年を迎えた人気格闘ゲーム『ストリートファイターII』とのコラボレーション企画「ストリートファイター佐賀」を発表しました。
隣人速報 | 3,424 view
2Dアクションの常識を破った「ヨッシーアイランド」を振り返る

2Dアクションの常識を破った「ヨッシーアイランド」を振り返る

スーパーマリオワールドのサブキャラクター「ヨッシー」を主人公にした、スーパーファミコン用の大ヒット作品である『ヨッシーアイランド』。タマゴ投げやヒップアタックなどのアクションを、特徴的なグラフィックと共に振り返ります。
こじへい | 2,708 view
格ゲーマニア感涙!あのファイティングコマンダーが「ニンテンドークラシックミニ」専用コントローラーとして復刻!!

格ゲーマニア感涙!あのファイティングコマンダーが「ニンテンドークラシックミニ」専用コントローラーとして復刻!!

既にご存知の方も多いと思われる「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売に合わせ、「ファイティングコマンダー for ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が10月5日に発売されます!
隣人速報 | 1,857 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト