2016年は45周年!【3.アンデルセン物語】
2015年11月11日 更新

2016年は45周年!【3.アンデルセン物語】

ルパンと不二子でおなじみの「山田康雄・増山江威子」このお二人がルパン開始よりちょっと前にコンピを組んでいたのが虫プロ製作の「アンデルセン物語」です!この作品も2016年には45周年。カラオケにも入っていないこの作品について掘り下げてみます。

2,847 view

■アンデルセン物語とは?

アンデルセン物語

アンデルセン物語

1971年1月3日から同年12月26日にかけ、フジテレビ系の「カルピスまんが劇場」枠で全52話が放送された。1999年には、NHK衛星第2の衛星アニメ劇場で、全52回が毎週月曜日の18時から再放送された。視聴者の描いたイラストや、同アニメをモチーフとした作品を紹介するコーナーもあった。
現在、版権管理を行っているのは瑞鷹の関連会社である、サンクリエート。(wikipediaより)

■主演声優、そして音楽

「アンデルセン物語」は、文字通り、アンデルセン童話をアニメ化したもので、そのナビゲーター役として「キャンティ」と「ズッコ」という妖精がいます。
キャンティとズッコ

キャンティとズッコ

左 : キャンティ、右 : ズッコ
魔法の国の妖精キャンティが魔法大学に入学するには、魔法カードを101枚集めなければならなかった。魔法カードは、 良い行いをひとつする度にどこからともなく現れるカードである。キャンティは相棒のズッコを伴ってアンデルセンのお話の世界に現れ、何か良いことをするチャンスを探しはじめる。(wikipediaより)
「キャンティ」の声優は増山江威子さん、「ズッコ」は山田康雄さん。…あれ?
そうです、気がついた方もいらっしゃるでしょう。

そうです、「ルパン三世」の峰不二子とルパンのコンビですよね!
ルパンと不二子

ルパンと不二子

●山田康雄
山田 康雄(やまだ やすお、本名:同じ、1932年9月10日 - 1995年3月19日)は、日本の声優、俳優、司会者、ナレーター。テアトル・エコーに所属していた。
代表作に『ルパン三世』(ルパン三世)などがある。

■増山江威子
増山 江威子(ますやま えいこ、1936年4月22日 - )は、日本の女優、声優。本名、政田 知子(まさだ ともこ)。青二プロダクション所属。東京都出身。立正学園高等学校出身。
代表作は、『ルパン三世』シリーズの峰不二子(2代目)、『天才バカボン』シリーズのバカボンのママ、『キューティーハニー(初代)』の如月ハニーなどが挙げられる。洋画では、リー・レミック、コニー・スティーヴンスやデビー・レイノルズを担当していた。既婚。(wikipediaより)
実は、ルパンも1971年放送開始なのです。
ただし増山さんは1977年の二期から登場ですが…。

ルパンと不二子が息ピッタリなのも、このアンデルセンでのコンビがあってこそなんじゃないかなあと筆者は思ってます。
さてもう一つ、「アンデルセン物語」の音楽担当の宇野誠一郎さんについてもご紹介します。
宇野誠一郎

宇野誠一郎

宇野 誠一郎(うの せいいちろう、1927年2月27日 - 2011年4月26日)は、日本の作曲家、編曲家、作詞家。
アニメやドラマ、映画、CMなどで幅広い活動を続けたが、テレビの世界における音楽のあり方に疑問を感じるようになり、次第に活動の場を舞台音楽へと限定するようになる。井上ひさし主宰の劇団「こまつ座」では初回公演から音楽を担当しており、『決定版 十一ぴきのネコ』(1989年)で第24回紀伊國屋演劇賞の個人賞を受賞している。
2011年4月26日午前5時、心不全のため東京都内の病院で死去。84歳没。
実は、1968年にも「アンデルセン物語」は東映動画(現・東映アニメーション)の劇場用長編アニメにもなっていて、宇野先生はここでも音楽を担当されています。
増山さんは宇野先生の担当される作品には多数出演されています。

・悟空の大冒険の竜子
・山ねずみロッキーチャックのポリー
・小さなバイキングビッケのナレーション
・一休さんの母上・伊予の局

などなど…

宇野先生の作風と増山さんの雰囲気が合ってるんでしょうね。

さらに、オープニング曲「ミスター・アンデルセン」とエンディング曲「
キャンティのうた」「ズッコのうた」の作詞は山元護久、井上ひさしです。

アニメ「アンデルセン物語」OP - YouTube

ワンコーラスです。。。
劇場用に「7話~10話」を再編集したものです。
歌 : 桜井妙子

まんが「アンデルセン物語」エンディング - キャンティのうた - YouTube

歌 : 増山江威子、ヤングフレッシュ

ending ズッコのうた - YouTube

アンデルセン物語エンディング
歌 : 山田康雄、ヤングフレッシュ
実は、この「山元・井上・宇野」のお三人は「ひょっこりひょうたん島」でも一緒、そして1968年の劇場版でも一緒でした。
まさにゴールデンチームなのですね!
※ちなみに、井上ひさし先生のドラマ(後に舞台化)の「國語元年」でも宇野先生は音楽を担当しています。


劇場版とテレビアニメは制作会社は違うのですが、このようないろいろな共通点があるんです。

それでは第一話をご覧下さい♪

面白い アンデルセン物語 アニメ 第1話 みにくいあひるの子(ぼくとあそ - YouTube

アンデルセン物語 第1話 みにくいあひるの子(ぼくとあそぼうよ)

●イメージソング
「ママの羽根の下」(歌/ 増山江威子)
「みにくいアヒルの子」(歌/山田康雄)
この記事を書くに当たり改めて見直したのですが、なかなかえぐい。。
今放送したら「意識高い」視聴者からクレームがきてもおかしくないですよね。
放送自粛用語はもちろんですが、みにくいあひるの子に対するいじめのシーンは今では直視できない視聴者もいるかもしれません。

これは筆者の所見ですが、メディアというものはある程度のカタルシスが必要なのではないでしょうか。
弱いものをいじめてはいけない、正しいものは必ず認められるということを作品の中で体験することも必要なのかもしれません。

子供には絵本・マンガ・アニメでそれを追体験させてあげてもいいのでは?
視聴者のクレームにいちいち対応して上面のきれいごとだけでは子供たちは学校・社会で困るのではないかなあと思いました。
そして、根強いファンの間で傑作といわれる最終回の「マッチ売りの少女」

この主人公・アンナを増山さんが演じました。

アンデルセンの原作では、マッチ売りの少女はなくなったおばあさんの幻影を見るのですが、この作品ではなくなったのはおかあさんに翻案されています。
ラスト近くに流れる「マッチのようにあたたかいお母さん」はアンナを演じる増山さんが歌っていておはなしを盛り上げます。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

大好きだった加古里子(かこさとし)さんの絵本!とくに心に残っている絵本を3つ紹介。

大好きだった加古里子(かこさとし)さんの絵本!とくに心に残っている絵本を3つ紹介。

加古里子(かこさとし)さんの絵本「おはなしのほん」、きっと皆さん幼いころに読んだことでしょう。ワクワクしたりほのぼのしたり、教えられることがあったり。そんななかから筆者が大好きだった絵本を3選。「だるまちゃんとてんぐちゃん」「カラスのパンやさん」「にんじんばたけのパピプペポ」です。
青春の握り拳 | 1,468 view
【バストが大きい方】必見!!バストの専門家・中村先生監修のバスト専用クリーム【キューティーバスト】のご紹介☆

【バストが大きい方】必見!!バストの専門家・中村先生監修のバスト専用クリーム【キューティーバスト】のご紹介☆

大きなバストがコンプレックス…胸を大きくしたいという人がいるように、胸を小さくしたい人もいるんです。実は、女性の胸の悩みランキング5位が<胸が大きいこと>なんです。 そこに着目した、業界でも新しい商品「キューティーバスト(Cutie Bust)」。 胸を小さくしたいという女性向けの商品です。
水沢めぐみの実話を少女漫画に!「おしゃべりな時間割」を振り返ってみましょう★

水沢めぐみの実話を少女漫画に!「おしゃべりな時間割」を振り返ってみましょう★

1994年6月~12月、りぼんに連載されていた「おしゃべりな時間割」。作者である水沢めぐみの実話である初恋について描かれており、水沢めぐみの恋愛観が出ている作品で、当時の小中学生に人気がありました。振り返っていきましょう。
ぶちうに | 378 view
成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決...

17歳でデビューした少女マンガ家、成田美名子。その絵の美しさで評価が高い彼女ですが、物語に込められたメッセージ性も大きな魅力だと思います。作品の中から1985年連載開始の『CIPHER(サイファ)』、スピンオフの『ALEXANDRITE(アレクサンドライト)』を紹介します。
こういち | 405 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和のアニメ世代にとって至福の時間!翌日返上覚悟で徹夜したくなる理由があるんです。

昭和のアニメ世代にとって至福の時間!翌日返上覚悟で徹夜したくなる理由があるんです。

”アニメ見るならアニマックス!”で知られるアニメ専門チャンネル「アニマックス」。平成最後のGWに『平成最後は平静じゃいられない!黄金週間アニメ一挙放送!』と題し、大人世代アニメを10日間スペシャル一挙放送します!
ルパン三世『ルパンVS複製人間』(山田康雄、吉川惣司監督)の魅力とみどころを徹底的に解体する!おすすめの場面を一挙ご紹介!~

ルパン三世『ルパンVS複製人間』(山田康雄、吉川惣司監督)の魅力とみどころを徹底的に解体する!おすすめの場面を一挙ご紹介!~

『ルパン三世』劇場映画化第1作目を記念した本作で、「ルパン」を語る上では決して外されない王道を行く最大傑作です。 これ1本を見れば『ルパン』の醍醐味すべてを見たような、そんな見応え十分の一作です。今回は本作の魅力を出来るだけ細かく解体し、誰にでも伝わるその魅力と脚色・技術について、じっくりお伝えしたいと思います。 本作の魅力は奇妙・トラウマ・幻想・ノスタルジック・ロマンスといった感動と斬新さを与えるもので、まさに無敵を冠するその脚色・演出効果は、未だ他のどの作にも破られていない「奇才の一作」として残っていることでしょう。
天川裕司 | 840 view
ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

1985年、劇場公開作向け映画第3作目にあたる本作は、ちょうど夏休み前の企画映画によって子ども・大人に十分楽しまれるような脚色が盛り込まれました。「ルパンの声役はやっぱり山田康雄!」という声が現代でも多いですが、本作はまさにその山田・ルパン本家の魅力が満載しています! 今回は本作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』に彩られた〝壮絶なロマンと演出と構成〟をはじめ、「ここはぜひチェックしておきたい!」という場面を徹底的にご紹介していきます。ぜひ最後までおつき合い下さい!
天川裕司 | 1,121 view
ピンクジャケットのルパン!TVアニメ『ルパン三世 PART III』Blu-ray BOX、2月22日発売!

ピンクジャケットのルパン!TVアニメ『ルパン三世 PART III』Blu-ray BOX、2月22日発売!

TVアニメ『ルパン三世』シリーズの第3期で、1984年から1985年にかけて放送された『ルパン三世 PART III』のブルーレイボックスが、2月22日に発売される。第3期は、「緑ジャケ」の第1期とも「赤ジャケ」の第2期とも違う魅力に溢れた作品となっている。
FOCUS | 991 view
目を閉じて聴け!「ルパン三世」栗田貫一と”元祖”山田康雄を動画で徹底比較

目を閉じて聴け!「ルパン三世」栗田貫一と”元祖”山田康雄を動画で徹底比較

ルパンの声優として知られる栗田貫一。もともとは声優ではなかったのに、ものまねからルパン役に成り上がったその声を”元祖”山田康雄と動画で比較。
ちょっちゅね | 33,366 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト