「ナンシーより緊急連絡…」でお馴染みの、チェイスH.Q.が、メガドライブでも遊べた『スーパーH.Q.』とは
2017年1月20日 更新

「ナンシーより緊急連絡…」でお馴染みの、チェイスH.Q.が、メガドライブでも遊べた『スーパーH.Q.』とは

1988年にアーケードゲームとして登場した「チェイスH.Q.」と言えば、覆面パトカーに乗った刑事が、オペレーターのナンシーから指令を受けて、逃走する犯人の車を追跡(チェイス)するカーアタックゲーム。なんといっても、ステージ中に数回使用できる"ニトロ"の加速感と、体当たりして犯人の車体をボコボコにするゲーム内容が、当時のゲーマーを夢中にさせましたよね。『スーパーH.Q.』は、メガドライブで発売された、オリジナル要素満載の続編とも言うべきゲームとして発売されました。あの日の「感動」と「興奮」は甦るのか?

6,780 view

1992年10月23日「タイトー」からリリースされた

 (1788004)

タイトーの、アーケードゲーム黄金期とも言える時代に稼働していた「チェイスH.Q.」
そのタイトル名に「スーパー」の文字を冠し発売された『スーパーH.Q.』はメガドライブオリジナルタイトルとして発売。ステージなども新しくなり、ゲーム中に使用できる車種も3種類から選択できるなど、大幅な改良点が見受けられた。しかし1991年8月9日に発売された「アウトラン」以降の、メガドライブにおける"レースゲームのレベル"が上がってしまった市場に投入するには時期が遅かった。ゲームとしては「チェイスH.Q.」感もあり、良く出来ています。

メガドライブには『スーパーH.Q.』と同じ「4メガビットロムカセット」のレースゲームに「スーパーハングオン」や「ターボアウトラン」などがあります。当時を懐かしむレトロゲーマーには懐かしい作品ですね。

『スーパーH.Q.』のストーリー

巨大都市「ニューヨーク」
街の闇に巣食う、犯罪者たちに挑む、新たなるチェイス特捜本部

通称『スーパーH.Q.』

雪山、砂漠、工場地帯・・・。多様化する逃走手段に対応すべく用意された
3種の"クルマ"を駆り、今日も熱い斗いが始まる。

「チェイスH.Q.」より"派手さが減少した"タイトル画面に…

キャッチ・ザ・ハート「TAiTO」

キャッチ・ザ・ハート「TAiTO」

選択できるモードは「ゲームスタート」と「オプション」のみ
オプション画面

オプション画面

難易度は「ノーマル」と「ハード」の2種類。コンティニュー(クレジット)は最高3回まで増やせます。ギア(トランスミッション)は「マニュアル」と「オート」から選択可能。コントロールパッドのボタン設定も6種類から選択できます(Aボタン:ブレーキ・Bボタン:アクセル・Cボタン:ターボ ※デフォルト設定)

めっちゃ美人♡なオペレーター、名前は「ナンシー」

「ナンシーより緊急連絡・・・」

「ナンシーより緊急連絡・・・」

「殺人事件発生、犯人は自動車窃盗団の一人と判明。」「黄色のスポーツカーを追跡せよ。」
冷静に、そして簡潔に、事件の状況と任務の説明をオペレートしてくれるナンシー・・・犯人、何気に凶悪犯ではないでしょうか?ツッコミを返す前に、ナンシーからのウインク♡でメロメロになってしまう。男って奴は・・・!

※ステージ1冒頭より

選択できる「車種」は、3種類あります

「赤」「青」「黄色」

「赤」「青」「黄色」

車のラインナップは「スポーツカー」「4WD」「コンボイ」とエンターテイメント感抜群。目立ち過ぎませんか・・・ナンシー。

「チェイスH.Q.」では覆面パトカーっていう設定だったような?・・・そして愛車(犯人追跡する車種)は"ポルシェ928"を…模したような車でしたよね。
タイプの違う車たち

タイプの違う車たち

【スポーツカー】:「スピード」と「加速感」は抜群。攻撃力に若干の不安がある。

【4WD】:「バランス」のとれた性能を持つ。グリップ力に優れ、雪山や砂地に強い。

【コンボイ】:圧倒的な「攻撃力」と「復帰力」を誇る。スピードはかなり遅め。

(※「SPEED」:加速力と最高速度・「ATTACK」:攻撃力・「MASSINESS」:スピン状態からの復帰力)

アーケード版「チェイスH.Q.」の紹介(おさらい)します

「チェイスH.Q.」の動画

タイトーのアーケードゲームに「功里金団」「サイバリオン」「ニンジャウォーリアーズ」などがありました。それら全てが1988年に登場しています。この頃にゲーセンに行って「100円」でゲームするって、子供のお小遣いでは贅沢すぎる遊びでしたよね!
それほどに魅力的なゲームが、ゲームセンターには数多くあったのが懐かしく思います。
「チェイスH.Q.」では「ポルシェ928」がモデル?

「チェイスH.Q.」では「ポルシェ928」がモデル?

ポルシェが1978年に発売したモデル。
1995年に生産中止された。それ以降は「ポルシェ928」の実質的な後継車となるモデルは発表されていない。

そして『スーパーH.Q.』とは、こんなゲームでした

全5ステージ

全5ステージ

一般車両を交わしながら、逃走する犯人の乗った車(ターゲット)を追跡(チェイス)します。ステージを進み「矢印」の付いたターゲット車両を発見したら、車内の犯人なんてお構いなしに、コチラ(プレイヤー)の車をガンガンぶつけて、逃走車両を走行不能にします・・・それこそ、車が炎上しようがお構いなしにです。そして犯人逮捕でステージクリア!
公道につき・・・

公道につき・・・

「一般車両」を連続でかわしていくことで"ボーナスポイント"が加算されます。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元祖ドライブゲームの続編といえば『ターボアウトラン』

元祖ドライブゲームの続編といえば『ターボアウトラン』

メガドライブで発売された「アウトラン」シリーズ第2弾として登場した『ターボアウトラン』はアメリカを舞台にドライブするゲーム。フェラーリF40をモデルにしたスポ-ツカーを操作して全16ステージを駆け抜ける。助手席に座る金髪の彼女が最後に乗る車は・・・アナタ?、それともライバル!?
懐かしのレースゲームが家庭で遊べる『スーパーハングオン』

懐かしのレースゲームが家庭で遊べる『スーパーハングオン』

1985年に登場した、セガの人気アーケード体感ゲームの第1弾「ハングオン」より二年後、1987年にパワーアップして登場した「スーパーハングオン」のメガドライブ移植作品。アーケード版にはなかった「オリジナルモード」の追加など、家庭用の要素もプラスされた本作を紹介します。
「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

日本コンピュータシステム(※NCS)のゲームブランド名【メサイヤ】 「PCエンジン」や「メガドライブ」には欠かせない良質のオリジナルゲームを開発していたサードパーティでした。そのメガドライブ参入第1弾ソフトが『史上最大の倉庫番』とは意外にも知られていない事実です。誰もが「重装機兵レイノス」だと思ってたことでしょう!? そんなメサイヤのロゴマーク(※ブランドネーム)に込められた思いとは?
男祭りだぜ!『サンダーフォックス』

男祭りだぜ!『サンダーフォックス』

MD(メガドライブ)版「サンダーフォックス」とは、一部の間で人気を博していたAC(アーケード)版の移植作品。AC版と比べて「2人同時プレイなし」「BGMがスローテンポ」「乗り物廃止」等の劣化部分が目立ち"一部の間でも高評価"を得られなかったかに思われたアクションゲーム・・・しかし、オリジナル要素や家庭用にチューニングされた難易度等、レトロゲーム評価は決して低くない作品に仕上がっている。
ビジュアルショック!サウンドショック!【獣王記】のインパクトを語る。

ビジュアルショック!サウンドショック!【獣王記】のインパクトを語る。

メガドライブと登場と同時期に発売されたセガのゲーム「獣王記」。海外版メガドライブ(Sega Genesis)にバンドルされたこともあり、大ヒットしました。またメガドライブといえば、いとうせいこう氏がラップを披露するTVCMも印象的でした。ここでいま一度、そんな【獣王記】についてふり返ってみましょう!
njm813 | 6,965 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト