天邪鬼なバンド!?GRAPEVINEのデビューから現在までを振り返る!
2020年10月13日 更新

天邪鬼なバンド!?GRAPEVINEのデビューから現在までを振り返る!

1997年のデビューからコンスタントにファンに音楽を届け続け、今年で23年目を迎えたGRAPEVINE。デビューから現在までの活動を振り返りました!

329 view
GRAPEVINE(グレイプバイン) | SPACE SHOWER MUSIC (2231535)

GRAPEVINEは、元々はボーカル&ギター田中和将、ギター西川弘剛、ベース西原誠、ドラム亀井亨の4人組ロックバンドです。

「GRAPEVINE」というバンド名の由来はマーヴィン・ゲイのヒット曲「I Heard It Through The Grapevine」(邦題「悲しいうわさ」)からだそう。

作詞はボーカル&ギターの田中、(一部例外あり)、作曲はメンバー全員が担当しています。
歌詞ができるのは必ず曲の後で、曲から湧いてきたイメージを大事にしているとのこと。
読書家の田中が書く歌詞は、文学的な歌詞が多く、作家や作品がモチーフになったものも多々あります。

例えば、
「マダカレークッテナイデショー」(5枚目アルバム「another sky」収録)という曲に出てくる歌詞『脂肪の塊』『ピエールとジャン』『ベラミ』『女の一生』はフランス作家ギ・ド・モーパッサンの小説のタイトルになっています。
それとなく歌詞の中に織り交ぜられている元ネタを探すのもファンの楽しみの1つ。

また言葉選びが独特で、情景が思い浮かぶもの、そのワンフレーズが自分と重なってグッとくるもの、言葉遊びを楽しんでいるものなど、聴く時の自分の年齢や状況によっても感じることが変わっていくような含みを持たせた歌詞を田中本人も意識しているそうです。

1997年にミニアルバム『覚醒』でメジャーデビュー。
ミニアルバムでデビューしたのはメンバーの希望でしたが、実は彼ららしい理由があったそうです。
天邪鬼なところがあるから、8cmシングルでデビューするのはチャラい気がしたし、当時流行ってたマキシシングルも「流行りに乗りたくない」って言って。そこからしてこのバンドの性格が表れてる気がしますね(笑)。
GRAPEVINE「覚醒」

GRAPEVINE「覚醒」

その後、2枚のシングル、フルアルバム「退屈の花」をリリースします。

2枚目のシングル「君を待つ間」はドラム亀井が初めてバンドに持っていった曲で、それをいいと言ってもらえたことがきっかけで、もっと曲を書くようになったそうです。

今では、亀井はGRAPEVINEのメロディメーカーで最も多くの数の作曲を担当しています。
亀井の曲はポップでありながら、どこかメランコリックでノスタルジックなメロディが特徴です。

GRAPEVINE - 君を待つ間

アルバム「Lifetime」が大ヒット

デビュー当時からポストミスチルと言われ注目されていたこともあり、「うたばん」や「ミュージックステーション」など歌番組に出演し、徐々に知名度もアップ。

1999年に発売された4枚目のシングル「スロウ」、5枚目のシングル「光について」が注目を浴び、同年にリリースされた2枚目のアルバム「Lifetime」はオリコン最高3位になりました。
「Lifetime」GRAPEVINE

「Lifetime」GRAPEVINE

そのため、世間の多くの方のGRAPEVINEのイメージは「スロウ」や「光について」のイメージなのではないかと思います。

GRAPEVINE - 光について

ベース西原誠が脱退へ

順調にシングル・アルバムとリリースを続けていましたが、2001年、リーダーであるベース西原誠が、ジストニア治療に専念するためバンドを一時離脱。
西原は翌2002年に復帰を果たしますが、症状が再発、同年内をもって脱退することになります。

バンドを続けるのか続けないのかという話になり、結局GRAPEVINEを続けていくことを選んだ残りのメンバー。
西原脱退後は金戸覚(ベース)と高野勲(キーボード)の2人をサポートメンバーとして、現在まで5人編成で活動しています。

この5人編成で初めてリリースしたアルバムが6枚目のアルバム「イデアの水槽」です。
このアルバムは「Lifetime」からプロデューサーとして携わってきた根岸孝旨と離れ、セルフプロデュース作品となりました。

大ヒットした「Lifetime」に固執することなく、彼らの楽曲はどんどん進化していきます。
「 イデアの水槽」GRAPEVINE

「 イデアの水槽」GRAPEVINE

セッションからの曲作りが始まる

2006年にリリースされた19枚目のシングル「FLY」はゼロからジャムセッションで作られた曲でした。
これまではそういった試みをしたことはなかったようで7枚目のアルバム「déraciné」から携わっていたプロデューサー長田進の提案によるものだったそうです。

GRAPEVINE - FLY

「FLY」以降、セッションによる曲作りがバンドの新たな武器となりました。

2009年にリリースされた10枚目のアルバム「TWANGS」は全11曲中6曲、セッションで作られた曲が収録されています。
「Twangs」GRAPEVINE

「Twangs」GRAPEVINE

メジャーデビュー15周年にベストアルバムリリース

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1997年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1997年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1997年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 13,532 view
4人組バンド『ハートバザール』ボーカルの描きだす歌詞は、深すぎるテーマと攻撃的なフレーズで驚かされた!!

4人組バンド『ハートバザール』ボーカルの描きだす歌詞は、深すぎるテーマと攻撃的なフレーズで驚かされた!!

1997年に結成した「ハートバザール」は、ストレートなメロディーと石井皐月が描き下ろした独特な歌詞を融合させ、強烈なインパクトを与えていた4人組ポップ・バンドです。
星ゾラ | 1,751 view
'97の世代とかスニーカー系と呼ばれたバンド・SUPERCAR(スーパーカー)

'97の世代とかスニーカー系と呼ばれたバンド・SUPERCAR(スーパーカー)

1997年「cream soda」でデビュー。90年代後半、バンドSUPERCAR(スーパーカー)は人気を獲得していく。当初はギターサウンドに重きを置いたバンドだったが、トランスミュージックなどを取り入れるなど柔軟性の光ったバンドでもあった。
ひで語録 | 4,364 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 156,691 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 150,994 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト