『ガンプラり歩き旅』その27 ~足なんて飾りです。偉い人には分からんのです~
2017年9月14日 更新

『ガンプラり歩き旅』その27 ~足なんて飾りです。偉い人には分からんのです~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第27回は、ジオン最終開発モビル・スーツ、シャアの最終決戦兵器・ジオングです!

11,599 view
ガンダムVSジオング。今、決戦の時!

ガンダムVSジオング。今、決戦の時!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回紹介するのは、直前に主役メカ・ガンダムが発売された直後の、ラスボスメカ・ジオングのHGUC版のご紹介です!


ジオング 1/144 HGUC 022 2001年6月 1800円

ガンダムとの最終決戦をバックに、迫りくるジオングのパッ...

ガンダムとの最終決戦をバックに、迫りくるジオングのパッケージアート!

「足は付いてない」「あんなの飾りです! 偉い人にはそれ...

「足は付いてない」「あんなの飾りです! 偉い人にはそれが分からんのですよ」

あぁあ! 言っちゃったよ!
富野監督、最後だと思って名もなきキャラに、最終兵器みたいな台詞を言わせちゃったよ!
リック・ドムの編隊を引き連れて、ア・バオア・クー防戦の...

リック・ドムの編隊を引き連れて、ア・バオア・クー防戦のために、今出撃するジオング!

「宇宙空間で戦闘をする機動兵器に、そもそも足なんて必要なのか」って。
“ロボット漫画で、それを言ったらお終い”を、でかでかと言わせちゃったよ!
また、このジオングに乗るシャアとアムロの最終決戦では、過去のロボット漫画であれば、致命傷になるだろう「主人公ロボットの頭が吹っ飛ぶ」を(実際、マジンガーZやゲッターロボでこれが起きたら、主人公が即死する)「まだだ! たかがメインカメラをやられただけだ!」とアムロに言わせて平然とさせたり、その衝撃演出で、視聴者がなんとか「あぁそうか。ガンダムシリーズのロボットのコックピットは、みんな胸にあるんだっけな」と安堵した次の瞬間、首なしガンダムのビームがジオングの胸を貫くんだけど、残念、ジオングだけは、コックピットは頭でしたっていう、三段オチみたいなこの虚を突く怒涛の展開が「あぁもう、オールドタイプにはついていけまへん」的な醍醐味だった、ロボット漫画としてのガンダムのラストクライマックス。
スタイリングも色分けも完璧なHGUC ジオングには専用...

スタイリングも色分けも完璧なHGUC ジオングには専用スタンドが付く

どれもこれも、上でも書いたけど、ガンダムが最終回で、もう後のこととか考えなくていいんで、ロボット漫画の禁じ手とかツッコんだら負けな部分とかを、かなぐり捨てて全部出し切っちゃおうという富野節が炸裂で、まぁ当の冨野監督だって、この後もロボットアニメの総監督自体は、まだまだやっていくんだろうという自覚があっただろうけれども、視聴率も悪く、スポンサーの玩具も打ち切り決定直前まで鳴かず飛ばずだったガンダムが、その後35年以上続くコンテンツに化けるとはいささかも思わなかっただろうからか、『機動戦士ガンダム』(1979年)最終回は、ロボット漫画としては、やりたい放題、確信犯的にいろんな意味で「この後は続けようがない」終わり方をして、むしろドラマ的にはハッピーエンドを迎えたわけなのだけれども。
ボディから首にかけて三か所の可動ポイントの設置によって...

ボディから首にかけて三か所の可動ポイントの設置によって、ここまで反らし姿勢がとれるのが売りのポイント

その後は、なんだかんだで狂騒的に盛り上がったガンダムブームの果てで、冨野監督も続編制作だけは断固として拒み続けられてきた流れがあったのだが、関連企業の商売の前には、表現者の稔侍なんてものはいとも軽くあしらわれ、「ロボット漫画のソーカントクをやってみせるのも、オシゴトですから!」と割り切った冨野監督は、6年後の『機動戦士Zガンダム』(1985年)からはしれっと、「飾りに過ぎないはずの足」が生えた、新型モビルスーツがうじゃうじゃ飛び交う世界を描くしかなく、その代償として「『機動戦士ガンダム』最終回のエンディング、あの時みんなが共有した、ニュータイプの希望の未来なんて、一瞬の幻想でしかなかったんだ」を、まぁやらざるを得なかったわけですわ。

というような「メタ的ガンダム論」はさておき、ジオングだジオング!
まずは左手の指からメガ粒子砲!

まずは左手の指からメガ粒子砲!

と言いつつ、もひとつ枕話であるが、『機動戦士ガンダム』は昔から、映像ソフトの権利がいろいろややこしく、これだけのビッグタイトルにも拘わらず、テレビシリーズのDVD-BOXが発売されたのは2006年と、かなり遅かった。
続けて右手の5本指からも、ビームが炸裂する!

続けて右手の5本指からも、ビームが炸裂する!

一方、HGUCでの『ガンダム』モビル・スーツの商品化は、初期でこそガンキャノンとギャンが初動を飾ったが、その後はむしろ、2001年2月 019 シャア専用ズゴック 4月 020 ジム 5月 021 ガンダム 6月 022 ジオングと、2001年に集中している。
これは、テレビシリーズに先駆けて、『ガンダム』劇場版三部作が初めてDVD化されたタイミングでの、連動効果を狙ったことはあきらかだろう。
頭部の口にあたる箇所からも、大口径のビーム砲が撃ち出される!

頭部の口にあたる箇所からも、大口径のビーム砲が撃ち出される!

しかしこの時発売された映画版DVDは「特別版」と呼ばれ、映像自体は当時のままだが、こと音声の方は「5.1チャンネル対応にすべく、SEや声優さんたちのアフレコを完全新録!」が売りであったのだ。オリジナル声優さんたちの新録に関しては甲乙つけがたい部分はあるかもしれないが、実は5.1チャンネルもなにも、口実にしか過ぎないのではないかというぐらい、他の音声、特に挿入歌や主題歌の扱いが、原典の映画版の感動を台無しにする壊し方をしていて、結果的にはこの「特別版」は、当時ファンの間で物議を醸しだしてしまった。
そして両手はブラウ・ブロ方式の有線サイコミュで、オール...

そして両手はブラウ・ブロ方式の有線サイコミュで、オールレンジ攻撃を可能にする。死角なし!

やがて2007年には、改めて劇場公開当時の音声での劇場版DVDが発売しなおされてことなきを得るが、HGUC『ガンダム』アイテム続々発売展開は、そんな映像ソフト事情はガン無視して、この時期続々と1stガンダムのモビル・スーツ群の新作HGUCが発売され続けたのである。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 4,084 view
『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第36回は、ジオン水泳部ラスト。巨大なボディで鈍重なゾックのHGUC版です!
市川大河 | 4,166 view
『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~

『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第35回は、ジオン水泳部で、なぜかここ37年で一番の出世頭・アッガイのHGUCです!
市川大河 | 3,424 view
『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第33回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)本編では、既に旧式モビルスーツとして扱われていた、旧ザクことザクⅠの紹介です!
市川大河 | 4,962 view
『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第30回は、ガンダムメカマニアの56%(推定)が「ガンダムより好き」と即答する、量産型ザク!
市川大河 | 8,232 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト