宇宙刑事ギャバンを演じた大葉健二は今も子供たちのヒーロー!
2018年5月12日 更新

宇宙刑事ギャバンを演じた大葉健二は今も子供たちのヒーロー!

宇宙刑事ギャバンを筆頭にバトルフィーバーJやデンジマンなど特撮ヒーローをいくつも演じた大葉健二。JACの1期生で根っからのアクションスター。ハリウッド映画「キル・ビル」にも出演した永遠の特撮ヒーロー大葉健二を追った。

7,610 view
Japan Expo 2008での大葉健二

Japan Expo 2008での大葉健二

1982~83年、特撮ヒーロードラマ「宇宙刑事ギャバン」(テレビ朝日系)で主人公を務めた大葉健二。

その鋭い眼差しと動きの鋭いアクションで当時の子どもたちを虜にした。特撮ヒーローを語るうえでは欠かせない大葉健二を出演作と共に振り返ってみた。

千葉真一に憧れJACの1期生に応募

JACのメンバー

JACのメンバー

別冊近代映画 JAC-ジャパン・アクション・クラブ-12周年記念特集号
1971年に高校を中退して上京し、千葉真一が設立したjapanアクションクラブ(JAC)のオーディションを受ける。他の1期生は、金田治・西本良治郎・春田純一・山岡淳二など。

入所後は、新大久保のJACの事務所の近くにあったソバ屋で、住み込みで働きながら本名の高橋健二でスーツアクターとしての修行を積む。

前任の金田治氏から引き継いだ1972年のテレビドラマ『人造人間キカイダー』で、トランポリンスタントを担当。第31話で初めて「顔出し出演」を果たし、アクションが大野剣友会からJACに変更された後の『秘密戦隊ゴレンジャー』のアカレンジャーなどのスーツアクターを演じていた。
大葉健二がスーツアクターを演じたキカイダー

大葉健二がスーツアクターを演じたキカイダー

1979年の「バトルフィーバーJ」でバトルケニアを演じる

バトルフィーバーJで曙四郎/バトルケニアを演じる大葉健二

バトルフィーバーJで曙四郎/バトルケニアを演じる大葉健二

出典 buyee.jp
スーツアクターとして活躍していた大葉健二に転機が訪れたのは、1979年の戦隊シリーズ「バトルフィーバーJ」。

「バトルフィーバーJ」の『バトルケニア=曙四郎』として、俳優としてのレギュラーが決まった。しかも変身前と変身後(スーツアクター)の両方を演じる離れ業をやってのけ、野性的なキャラクターと役柄もマッチし、人気を得た。

当初は本名の「高橋 健二」で活動していたが、師匠である千葉真一「葉」の字をもらって「大葉 健二」の芸名を変更することになる。

1980年、「電子戦隊デンジマン」でデンジブルーとなる

電子戦隊デンジマン 16話より

電子戦隊デンジマン 16話より

~デデ、デンジマン デデ、デンジマン
誰かが助けを 求めてる
どこかで誰かが 叫んでる~ 

歌詞が強烈で印象的なオープニングが話題ともなった戦隊シリーズ「電子戦隊デンジマン」で『デンジブルー=青梅大五郎』を好演。こちらの作品でも変身後のスーツアクターも大葉自身が務めている。

デンジブルーと言えば、アンパン。アンパンが好きで中毒とも言えるほどの設定だった。バトルケニアもそうだったが、コメディ要素の強い役回りでも見事に演じていたように記憶している。

1982年「宇宙刑事ギャバン」で一条寺烈として初主演

大葉健二の代表作となる「宇宙刑事ギャバン」

大葉健二の代表作となる「宇宙刑事ギャバン」

『バトルフィーバーJ』・『電子戦隊デンジマン』で戦隊メンバーでの好演が当時のプロデューサーや監督などに認められたことから、戦隊シリーズに代わる新たなシリーズである「メタルヒーローシリーズ」の主演に大葉健二が抜擢されることになる。

この「宇宙刑事ギャバン」では、スーツアクターは大葉健二が行っていないが、変身前のアクションには過激なシーンが多く盛り込まれることになった。

フランスでは『X-OR』というタイトルで本作品が放送されており、後に大葉健二が千葉真一と共にフランスを訪れた際には、現地在住の日本人家族からレストランで声をかけられたという逸話も残っている。

特撮ヒーロー以外でも俳優「大葉健二」として活躍

「コータローまかりとおる」パンフレット 大葉健二

「コータローまかりとおる」パンフレット 大葉健二

中央のスキンヘッドが大葉健二、ちなみに右が伊原剛志
戦隊シリーズやメタルヒーローシリーズなどでの活躍が顕著なため、特撮ヒーローとしての活躍が印象深い大葉健二だが、映画「里見八犬伝」では悪から善へ転身していく鎧武者・犬飼現八役を見事に演じておりアクション俳優だけではない一面も見せている。

また、1984年の映画「コータローまかりとおる」では、役である天光寺輝彦がスキンヘッドのため、大葉もスキンヘッドに。意外とスキンヘッドが高評価で1985年の「影の軍団IV」「影の軍団 幕末編」に伊賀忍者・がま八(スキンヘッド)でレギュラー出演することになった。

里見八犬伝

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ネロ 2018/5/13 08:44

    大葉さんは千葉真一さんの弟さんになるんですね〜僕らの世代のスーパー戦対物からスーパーヒーローまで幅広く活躍してましたものね❗今でも大活躍してるんですね❗これからも頑張ってください😊👍💞

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大葉健二さんのアクションをのなかみのる先生が漫画にした「アクションポーズ写真集」!

大葉健二さんのアクションをのなかみのる先生が漫画にした「アクションポーズ写真集」!

宇宙刑事ギャバンの一条寺烈はじめ数々のアクションヒーローを演じた大葉健二さんのアクションを、のなかみのる先生がマンガにした「アクションポーズ写真集」の紹介です。
のなかみのる | 8,011 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第2回:永遠の女ドラゴン「志穂美悦子物語」!

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第2回:永遠の女ドラゴン「志穂美悦子物語」!

昭和の人気タレント・スポーツ選手や、漫画家・政治家たちの伝記マンガを紹介する、この連載企画。第2回目に紹介するのは、ミドルエッジ世代にとっての「俺達が蹴られたい女優No,1」である彼女。そう、永遠の女ドラゴンこと我らの悦っちゃん、「志穂美悦子物語」だ!
滝口アキラ | 5,547 view
元アクションスターの志穂美悦子が31年ぶりに「徹子の部屋」に出演!夫・長渕との夫婦生活を語った!

元アクションスターの志穂美悦子が31年ぶりに「徹子の部屋」に出演!夫・長渕との夫婦生活を語った!

元アクションスターで現在はフラワーアーティストとしても活躍する女優の志穂美悦子(61)が、「徹子の部屋」に出演した。夫の長渕に対し、「役者さんに無い、不思議な感覚を持ってて。そういうのが(結婚の)きっかけだったんですかね」と語るなどした。
スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

東映の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」の初モノのエピソードと新しい要素の定番化(お約束)の歴史を振り返ってみましょう。恒例のニセ戦隊の話やスーパー戦隊ヒロインのコスプレ七変化ほか。クリスマスには戦隊シリーズの2号(3号)ロボが発売されてデパートで子供が買って買ってと泣き叫ぶのが昭和のお約束でしたね。
トントン | 36,209 view
『宇宙刑事ギャバン』のギャバンとサイバリアンがバンダイでフィギュア化!本日より予約開始!

『宇宙刑事ギャバン』のギャバンとサイバリアンがバンダイでフィギュア化!本日より予約開始!

東映メタルヒーローシリーズの先駆けとして1982年3月から1983年2月まで放送された『宇宙刑事ギャバン』。そのアクションフィギュアが、本日予約開始!バンダイから「S.H.Figuarts ギャバン&サイバリアンセット」として発売される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト