努力で掴んだアメリカンドリーム!REOスピードワゴンの軌跡と魅力に迫る
2016年9月16日 更新

努力で掴んだアメリカンドリーム!REOスピードワゴンの軌跡と魅力に迫る

1980年代初頭にアルバム『禁じられた夜』の大ヒットによって一躍スターダムにのし上ったアメリカン・ロックバンド【REOスピードワゴン】をご紹介します。REOスピードワゴンがどのような道を歩んでヒットに辿り着いたのか、バンドとしての魅力とは何か、などについて見ていきたいと思います。懐かしい名曲と共にREOスピードワゴンを振り返ってみましょう。

12,156 view
 (1746744)

REOスピードワゴンってどんなバンド?

REOスピードワゴンは、1967年イリノイ州の大学生だった、ニール・ドーティ(keyboard)とアラン・グラッツァー(drums)が中心になって結成したバンドで、1971年のレコードデビュー以来2016年現在も現役で活動している、アメリカン・ロックバンドです。
ハードなリフと、爽やかな歌声と、キャッチーなメロディーで独特な世界観を表し、ヒット曲も多数あります。精力的なライブパフォーマンスの高さには定評があります。

バンドの名前の由来

1905年創業の自動車メーカー「レオ・モーター・カンアパニー」の1930年代に活躍した消防車「スピードワゴン」から取ったと言われています。
 (1746745)

バンドの名前の由来となった、1930年代の消防車REO Speed-Wagon

REOスピードワゴンの軌跡

1971年1stアルバム『REO SPEEDWAGON』発売。メンバーはニール、アランの他は、ゲイリー・リッチラス(Guitar)グレッグ・フィルビン(Bass)テリー・ルトゥレル(Vocal)の5人。泥臭いロックンロール中心のサウンドでしたが全く売れませんでした。その後ヴォーカルのテリーをトウモロコシ畑に置き去りにするという形で解雇しました。
 (1747307)

デビュー当初。
新たにケヴィン・クローニンが加入して、2ndアルバム『REO/TWO』を発売。ケヴィンの影響か、曲調が若干ポップで聞きやすい感じになります。しかしすぐに、ヘヴィーな音を目指すゲイリーとアコースティックなサウンドを重視するケヴィンが対立し、1作のみでケヴィンが脱退します。
1973年ヴォーカルにマイク・マーフィーを迎えて『RIDIN' THE STORM OUT』1974年に『LOST IN A DREAM』1975年に『THIS TIME WE MEAN IT』の3枚のアルバムを発売しましたが、ほとんどヒットしませんでした。
その後マイク・マーフィーが脱退し、ケヴィンが再加入します。1976年『REO/キーププッシン』を発売し、年間300日にも及ぶ全米ツアーを開始します。「ライブには客は入るけどレコードは売れないバンド」というあまりありがたくない評判を手にするようになります。
そして翌1977年、ツアーの模様を収めた2枚組みのライブアルバム『REOライブ~嵐の中へ』を発売。ようやく少し話題にはなりますが今度はベースのグレッグが脱退してしまいます。そして、かつてからバンドと親交があった、ブルース・ホールが加入し、これでいわゆる黄金期のメンバーが揃うことになります。
1978年『ツナフィッシュ』発売。初めてアルバムが全米トップ40に入ります。また業界紙で「観客動員数No.1バンド」に選ばれます。1979年『ナイン・ライブス』発売。

Amazon.co.jp: Reo Speedwagon : Hi Infidelity (30th Anniversary Legacy Edition) - ミュージック

1000万枚以上の売上を記録したアルバム『禁じられた夜』(Hi Infidelity)
そして1980年運命のアルバム『禁じられた夜』が発売されます。シングルカットされた「キープオン・ラヴィングユー」が全米No.1になり、アルバムもジョン・レノンの遺作『ダブルファンタジー』を抜いて全米No.1になり、その後4ヶ月余にわたって1位を守り続け、1000万枚以上売上るメガヒットになりました。
売れなくても評判にならなくても、毎日ライブを積み重ね、デビューから苦節十年で勝ち得た、正にアメリカンドリームです。

REO Speedwagon - Keep on Loving You

1981年3月に全米No.1になった 「キープオン・ラヴィングユー」

REO Speedwagon - In Your Letter

日本ではこちらの方がヒットした「涙のレター」
その後順調に「テイクイット・オンザラン」「涙のレター」とシングルヒットを飛ばし、1982年に12枚目のアルバム『グッドトラブル』を発売、 「キープ・ザファイヤー・バーニン」がヒットし、1984年には『ホイールズ・アー・ターニン』を発売。「涙のフィーリング』が1ヶ月間全米No.1の大ヒットになりました。

REO Speedwagon - Can't Fight This Feeling

ロック史上最も美しい楽曲との評価もある、1985年3月の全米No.1ヒット「涙のフィーリング」
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ムーンライダーズ+佐藤奈々子、1979年に行われた伝説のLIVEがファン待望のリリース決定!!

ムーンライダーズ+佐藤奈々子、1979年に行われた伝説のLIVEがファン待望のリリース決定!!

1979年に行われたムーンライダーズ+佐藤奈々子のライブ音源『1979 LIVE(仮)』が8月3日にリリースされることが発表されました。
隣人速報 | 211 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 548 view
LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

80年代中盤からはアメリカやヨーロッパでも活動し、世界的な名声を誇るLOUDNESS(ラウドネス)。彼らの名盤『8186 LIVE』を再現したツアーの音源や同アルバムのオリジナル盤リマスターCD等が12月に発売される。
レッド・ウォーリアーズが円熟期を迎えた最新ライブを映像化!ボーカル・ダイアモンド☆ユカイからコメントが届いてます!!

レッド・ウォーリアーズが円熟期を迎えた最新ライブを映像化!ボーカル・ダイアモンド☆ユカイからコメントが届いてます!!

ロックバンド「レッド・ウォーリアーズ」が、昨年開催したスペシャルライブの模様を収録したBlu-ray・DVD『SWINGIN' DAZE 21st Century & The Greatest Hits』をリリースしました。ボーカルのダイアモンド☆ユカイさんから、ミドルエッジ読者に向けてコメントが届いています!
たのきんトリオのよっちゃんこと野村義男率いる「THE GOOD-BYE」がデビュー35周年記念ライブを開催!

たのきんトリオのよっちゃんこと野村義男率いる「THE GOOD-BYE」がデビュー35周年記念ライブを開催!

80年代、ジャニーズ事務所所属のロックバンドとして人気を博した「THE GOOD-BYE」が、デビューを35周年となるのを記念したライブ「THE GOOD-BYE 35th ANNIVERSARY CONCERT TOUR」の開催を決定しました。大阪、名古屋、東京での開催を予定しています。
隣人速報 | 6,577 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト