RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(12)
2018年1月18日 更新

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(12)

UC0090頃、地球連邦軍に復帰していたアムロ・レイ大尉が自らが発案、設計に関与したニュータイプ専用機の開発を要請したZ計画以外でのRXナンバー、ガンダム。このアナハイム製ガンダムのご紹介が中心です。

12,204 view

はじめに

アムロ・レイ大尉

アムロ・レイ大尉

2000名以上のキャラクターを掲載している公認の設定集よりご紹介です。
この頃のアムロはもう20代半ばになっています。大分大人っぽくなっていますね。
出典 Character Encyclopedia アスキーメディアワークス
UC0090頃、アムロ・レイ大尉の要望で開発された機体を中心に書いてみます。第1次ネオ・ジオン抗争が終了し、シャア・アズナブルが着々と決起のための準備を秘密裏に行っていた時代でした。サイコミュ・システムが連邦軍でも見直されてきたということでしょう。
株式会社アスキー・メディアワークスの公式HPです。
出典 asciimw.jp

AMW|雑誌・書籍検索 『CHARACTER ENCYCLOPEDIA 機動戦士ガンダム キャラクター大全集2013』

本体3,800円
株式会社アスキー・メディアワークスの公式HPです。
ここまでやるか!というくらい登場人物を集めています。あぁいたいたという一度きりの登場人物まで丁寧に拾い上げた他では考えられない資料集です。

アムロ・レイ大尉発案、新しいRXナンバーガンダムへ

YRA-90A(小説版)

μガンダム

μガンダム

詳細不明
背部のデカイ、パックは何なんでしょうかね?サイコミュやサイコフレームの類は取り付けられてもいない。とありましたが、どうもそれらしく見えるんですが・・・そもそもWikipediaではYRA-90Aという型式番号はμガンダムの項で表記されておらず、取り合えず参考までに上記引用をご紹介いたしました。

YRX-90A

μガンダム(ミューガンダム)は、型式番号YRX-90Aを持つアナハイム・エレクトロニクス社開発のMSである。PC-9801用ゲーム『機動戦士ガンダム ADVANCED OPERATION』に登場した。νガンダムの基礎となった性能試験用の機体だが、サイコミュやサイコフレームの類は取り付けられてもいない。
μガンダム PC9801ゲーム版

μガンダム PC9801ゲーム版

ビームライフル
ビームサーベル
バズーカ
OPミサイル
バルカン
等の武装はあり。
それ以外の詳細は不明
全体的なシルエットはνガンダムの形状と似ており、全体的にνガンダムよりも角が立った形状である。顔もほぼνガンダムと同様で、角は4本。ビームライフルも、νガンダムのそれに近い構造である。
PCゲームでの登場で詳しいスペックなどはわかりません。νガンダムのプロトタイプのそのまた試作品のような立ち位置の機体のはずなのですが、ゲーム上では実戦投入されているんですね。

RX-90

μガンダム

μガンダム

詳細不明
宇宙世紀0090年頃、地球連邦軍に復帰していたアムロ・レイ大尉の要請で新たにニュータイプ専用MSを開発することとなり、λガンダムの延長として、「μガンダム」(ミューガンダム)のコードネームと「RX-90」の型式番号が与えられた。一般的には、ここで初めてΖ計画以外でのアナハイム・ガンダムが誕生したと考えられている。μガンダムはかつてのガンダム (RX-78) のようなオーソドックスなMSとしてデザインされ開発が続けられたが、サイコフレームとサイコミュ・システムの開発が思うように進まなかったため、ニュータイプ専用機としての機能を満たさないまま、次の「νガンダム」(ニューガンダム)の開発に進んだようである。
出典 https://ja.wikipedia.org/
μガンダムはアムロ・レイ大尉から要請を受け、最終的にはニュータイプ専用機を目指していたことから様々なアイデアが出たようで試作機も何種類か制作されていたようです。型式番号もRX-90とは限らず、YRX-90AやYRA-90Aなどと多岐にわたります。サイコミュ・システムを搭載していないもの、それを試作したものとνガンダムの完成のため様々な実験が行われたのでしょう。上記の機体たちはそうした実験機(試作機)であり、これ以外にもあったかもしれません。資料により記載されている機体が違うので、僕が手に入れられるものの中からご紹介させていただきました。

RX-93

νガンダム

νガンダム

全高 24.2m
頭頂高 22.0m
本体重量 27.9t
全備重量 63.0t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 2,980kW
推力 18,300kg×4(バックパック)
12,300kg×2(脚部)
(総推力)97,800kg
センサー
有効半径 21,300m
武装 ビーム・ライフル
グレネードランチャー
ビーム・サーベル×2
バルカン砲×2
ニュー・ハイパー・バズーカ
シールド
シールド・ビーム・キャノン(出力7.8MWメガワット)
ミサイル×4
フィン・ファンネル×6(型式番号AEV/PFF93AR)
その他 アポジモーター26
出典 機動戦士ガンダムMS大全集2015
ネオ・ジオンの戦力に対し、在来機種では対抗しきれないことから開発された。開発要請はロンド・ベルが行い、地球連邦軍が発注。設計にはアムロ・レイが参加。製造はアナハイム・エレクトロニクス社のフォン・ブラウン工場が担当した。U.C.0093年ロールアウト。実質3か月という短期間で完成に漕ぎつけた。
設計はRX-78 ガンダムと歴代ガンダムタイプのスペックの平均値をもとに、当時の最先端技術を導入して能力をアップデートするかたちで行われた。また、機体名のνはアナハイム社製ガンダムの11番目の開発コードを意味する。
出典 https://ja.wikipedia.org/
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 元祖ガンダムの四部作最終話

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 元祖ガンダムの四部作最終話

宇宙世紀0093年、行方不明となっていたシャア・アズナブルはネオ・ジオンを再興し、地球連邦政府に宣戦を布告した。隕石落としを実行に移したネオ・ジオン軍に対して、ブライト・ノアが指揮するロンド・ベル隊は孤立無援の戦いを強いられる。そこには、シャアのライバルであるアムロ・レイの姿があった。しかし、彼らの善戦も空しく、5thルナは地球へ落下していく。  シャアの動向に脅威を感じたアムロは、サイコフレームを組み込んだMS、νガンダムを受け取るため、開発主任のチェーン・アギが待つ月へと向かった。
yakushakowai | 7,848 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(14)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(14)

前回書ききれず、外してしまった機体をご紹介したいと思います。やはり「CCA-MSV」「ガンダム・センチネル」で設定されたものが中心となります。実機が製造されることなく設定のみの機体もあるのですが、ここら辺がMSVのすごいところで、ガンプラなどで再現されてしまうんですよね。
yakushakowai | 11,857 view
今やガンダムグッズはプラモだけじゃない!様々な「ガンダム雑貨」をご紹介! ~シャア専用編~

今やガンダムグッズはプラモだけじゃない!様々な「ガンダム雑貨」をご紹介! ~シャア専用編~

ガンダムのグッズといえばガンプラ!ですが、最近はグッズと一口に言っても色々な形のモノがあるんですよ! そんな個性的な「ガンダム雑貨」について調べてみました。今回は『シャア専用雑貨』をまとめましたよ! 「見せてもらおうか、ガンダム雑貨の種類の豊富さとやらを!」
岸辺ミル | 15,208 view
『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第29回は、みなさんお待ちかね! ガンダムファイト! ……じゃなかった、皆さんお待ちかねの、シャア専用ザク、HGUC版です!
市川大河 | 4,222 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(1)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(1)

今回は地球連邦軍最初のモビルスーツ、RX-78から始まるRX計画によるガンダム系MSを最初のアニメ「機動戦士ガンダム」や小説版、漫画、プラモデルメーカーなどが設定したMSV(モビルスーツヴァリエーション)・MSV-R・M-MSVなども含めて深掘りしてみます。
yakushakowai | 23,886 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト