『小山田圭吾』…フリッパーズ・ギター、コーネリアスで華麗に駆け抜けた90年代
2016年11月17日 更新

『小山田圭吾』…フリッパーズ・ギター、コーネリアスで華麗に駆け抜けた90年代

小沢健二との伝説のユニット「フリッパーズ・ギター」や、ソロ・プロジェクト「コーネリアス」、2014年からは「METAFIVE」のメンバーとしてワールドワイドに活躍する小山田圭吾(おやまだけいご)についてご紹介します。

10,046 view

小山田圭吾(おやまだけいご)とは

小山田圭吾

小山田圭吾

1969年1月27日に東京で生まれた小山田圭吾は、1989年に、フリッパーズ・ギターのメンバーとしてデビュー。フリッパーズ・ギター解散後の1993年からは、ソロユニットCornelius(コーネリアス)として活動開始。国内外のアーティストとのコラボやや楽曲提供、リミックス、プロデュース、加えて世界各国でライブを行うなど、活動の幅は広く、世界的にも高い知名度を誇ります。また、2014年からは、高橋幸宏率いるMETAFIVEの一員としても活動しています。

小山田少年の音楽との出会い

テレビっ子だったと自負する小山田少年の音楽との出会いは、CMや音楽番組だった言います。当時は、テレビでの音楽番組の全盛期ということもあり、「ザ・ベストテン」をはじめ、「夜のヒットスタジオ」や「紅白歌のベストテン」などを、画面にかじりつくように観ていたそうです。
クイーン(QUEEN)

クイーン(QUEEN)

小学校の高学年になると、年上のいとこの影響からクイーン、キッス、ジャパンなどの洋楽も聴くように。音楽雑誌や貸しレコード屋に通うことで知識を深めていきました。

 中学時代にも、輸入盤屋を自転車で回る日々を過ごし、テレビでも「ベストヒットUSA」やテレビ神奈川の洋楽番組など身近に洋楽を耳にする環境の中、音楽にのめり込んでいったそうです。

小沢健二とともに2人の才能が凝縮「フリッパーズ・ギター」

フリッパーズ・ギター

フリッパーズ・ギター

(The Flipper's Guitar)
元々は、小山田圭吾(ボーカル、ギター)と井上由紀子(キーボード)の2人で結成したバンド「Pee Wee 60's」が原型になります。後に「ロリポップ・ソニック」へ改名し引き続きライブハウスなどで活動していましたが、小沢健二などが加わり5人編成となり、1989年に再度「フリッパーズ・ギター」に改名。全曲英詩のアルバム『スリー・チェアーズ・フォーアワ・サイド~海へ行くつもりじゃなかった』でメジャーデビューしました。
デビュー直後よりメンバー内で音楽性の違いが露呈し、3人が脱退。1989年11月より小山田と小沢の2人組に。翌年6月にセカンドアルバム『カメラ・トーク』をリリース。1991年7月には『ヘッド博士の世界塔』をリリースするものの、同年10月に突然の解散を表明。すでにチケット発売が開始されていたライブツアーの直前というタイミングであったため、世間から少なからず批判を受けるとともに、当時の音楽ファンを大いに驚かせました。

1stアルバム『Three Cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった』

Three Cheers for our side ~...

Three Cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった

1. ハロー/いとこの来る日曜日
2. ボーイズ、トリコに火を放つ
3. すてきなジョイライド
4. コーヒーミルク・クレイジー
5. 僕のレッド・シューズ物語
6. 奇妙なロリポップ
7. ピクニックには早すぎる
8. サンバ・パレードの華麗な噂が
9. 恋してるとか好きだとか
10. さようならパステルズ・バッヂ
11. やがて鐘が鳴る
12. レッド・フラッグ

GOODBYE OUR PASTELS BADGE - さようならパステルズ・バッヂ -(M.V.) / FLIPPER'S GUITAR

2ndアルバム『カメラ・トーク』

全曲英詩の前作に対し、2作目の本作ではインスト曲を除いて全曲日本語詞に。小沢健二と小山田圭吾の2人組となり、お互いの才能が上手くミックスした作品になりました。
カメラ・トーク

カメラ・トーク

01.Young, alive, in love/恋とマシンガン
02.Camera! camera! camera/カメラ!カメラ!カメラ!
03.Cool spy on a hot car/クールなスパイでぶっとばせ
04.Summer beauty 1990/ラテンでレッツ・ラヴまたは1990サマー・ビューティー計画
05.Haircut100/バスルームで髪を切る100の方法
06.Colour field/青春はいちどだけ
07.Big bad bingo/ビッグ・バッド・ビンゴ
08.Wild wild summer/ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー
09.Knife edge caress/偶然のナイフ・エッジ・カレス
10.Southbound excursion/南へ急ごう
11.3a.m. op/午前3時のオプ
12.Camera full of kisses/全ての言葉はさよなら

CAMERA! CAMERA! CAMERA! - カメラ!カメラ!カメラ! -(M.V.) / FLIPPER'S GUITAR

YOUNG, ALIVE, IN LOVE - 恋とマシンガン -(M.V.) / FLIPPER'S GUITAR

49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,856 view
【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをイントロクイズにしました。音声を聴かずに答えてもOK!
蜷川幸雄、遠藤賢司、遠藤ミチロウ、町田康…戸川純に影響を与えた人物のエッセー集「ピーポー&メー」が発売!!

蜷川幸雄、遠藤賢司、遠藤ミチロウ、町田康…戸川純に影響を与えた人物のエッセー集「ピーポー&メー」が発売!!

80年代より個性的なキャラクターで女優・歌手として活躍する戸川純が、音楽作品のレビューなどを扱うサイト「ele-king」での連載をまとめたエッセー集「ピーポー&メー」を発売しました。
隣人速報 | 495 view
電気グルーヴの石野卓球がビートたけしの名曲「俺は絶対テクニシャン」をまさかのカバー!!

電気グルーヴの石野卓球がビートたけしの名曲「俺は絶対テクニシャン」をまさかのカバー!!

電気グルーヴとしての活躍が著名なテクノミュージシャン・石野卓球がこのたび、ビートたけし「俺は絶対テクニシャン」をカバーし、自身のYouTubeチャンネル及びsoundcloudにて公開しました。
隣人速報 | 695 view
あの小沢健二が20年ぶりに雑誌の表紙に!「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号は夏本番に向けたフェス特集!

あの小沢健二が20年ぶりに雑誌の表紙に!「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号は夏本番に向けたフェス特集!

7月9日発売の小学館の漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号にて、「スピリッツ文化特集“この夏、フェスへ!”」と銘打った、これからのシーズン本番を迎える音楽フェスが特集されます。
隣人速報 | 330 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト