globeの5大ヒットシングルを収録したデビューアルバム『globe』その爆発的な売上推移をまとめる
2016年12月20日 更新

globeの5大ヒットシングルを収録したデビューアルバム『globe』その爆発的な売上推移をまとめる

1996年3月31日に発売されたglobeのデビューアルバム『globe』(グローブ)。本作には「Feel Like dance」から、アルバムの先行シングル「FREEDOM」までの5曲の大ヒットシングルが収録されており、爆発的な売り上げを記録した。

9,994 view

1996年発売、globeのデビューアルバム『globe』。爆発的な売り上げを記録した!

globeのデビューアルバムである『globe』(グローブ)。
1996年3月31日にavex globeより発売された。MD盤の発売は1997年5月21日。

シングルのデビュー当時、素性のよく分からないシークレットアーティストであったglobe。
デビューシングルの「Feel Like dance」のPVは当初CG映像のみで、3rdシングルの「SWEET PAIN」に至っては製作すらしないという、小室ファミリーとしては異例の徹底振りであった。

そうした”謎めいた”デビューの翌年に発売された本作には「Feel Like dance」から、アルバムの先行シングル「FREEDOM」までの5曲の大ヒットシングルが収録された。
アルバム『globe』

アルバム『globe』

『globe』はデビューアルバムにして既に完成された名曲揃いの”ベストアルバム”とも言える内容であった。
それは収録された5曲のシングルの売り上げでも実証されている。
「Feel Like dance」

「Feel Like dance」

1995年8月9日に8cmCDで発売されたglobeのデビューシングル。
オリコン初登場6位。デビュー曲にしてミリオンに肉薄する95.2万枚を売り上げた(オリコン調べ)。
オリコン週間順位は第3位。

フジテレビ系ドラマ『ひとりにしないで』主題歌に起用された。
「Joy to the love (globe)」

「Joy to the love (globe)」

1995年9月27日に8cmCDで発売された2枚目のシングル。81万枚以上を売り上げた。
また、globeにとって初のオリコン週間第1位を獲得したシングルである。

タイトルに「(globe)」と記載されているのは、本来このように歌唱するはずだったが、歌い難いということで変更されたという経緯によるもの(以降はアルバムなどでは非表記)。

エピソードとして、スポンサーから曲の変更を打診された小室哲哉が、滞在先のニューヨークから急遽、山梨・河口湖スタジオに出向き、一昼夜不眠不休で新たな曲を作った。

しかし、スポンサーから前の曲に戻してほしいと要望があり、結局元の曲を若干手直しすることで採用されたという。
なお、この時に制作された新曲は、後に華原朋美の「I BELIEVE」として発売された。
「SWEET PAIN」

「SWEET PAIN」

1995年11月1日に8cmCDで発売された3枚目のシングル。90万枚以上を売り上げた。
オリコン週間第2位。

本人たちが出演するTDK『ミニディスク』のCMソングに起用された。
マーク・パンサーのラップ部分に日本語が初めて使用された楽曲。
「DEPARTURES」

「DEPARTURES」

1996年1月1日に8cmCDで発売された4枚目のシングル。
累計228.8万枚(オリコン調べ)を売り上げたglobe最大のヒットシングルである。

2週連続でオリコン週間第1位に輝き、1996年の年間順位も第2位となっている。
「FREEDOM」

「FREEDOM」

1996年3月27日に8cmCDで発売された5枚目のシングル。
アルバム『globe』の発売4日前に先行シングルとして発売された。
それでも48万枚を売り上げ、オリコンでも週間第3位になるなど、”モンスターグループ”の印象をより強めることになった。

ただ、この楽曲でも作詞作曲を務めた小室哲哉は「当時の「FREEDOM」は歌詞も社会性のある内容で、マイナーコードなので今聞くとちょっと重た過ぎるような感覚もあった」と述べている。

4ミリオンの認定を受けたアルバム『globe』 ~売上推移~

大ヒットシングル5曲を含んだ本作は、初動セールスだけで100万枚を超え、早くも大ヒットの兆しを予感させる。ちなみにオリコンの集計上、初動として集計された日は発売日の3月31日のみだったため、一日でミリオンを達成したことになる。

2週目で100万枚以上を売り上げ、発売2週目で売上200万枚を突破、5週目には300万枚を突破する。いずれも当時の最速記録である。また、2週目の売上としては歴代最高となる105万枚を記録している。

オリコンアルバムチャートの順位変動は、初登場で1位を記録、2度1位から転落したが、どちらも1位に返り咲いた。2週連続・3週連続を含む計6週間1位を記録した。
globeの3人

globeの3人

左から小室哲哉、KEIKO、マーク・パンサー。
出典 grapee.jp
その後もヒットを続け、最終的な累計売上は400万枚を突破。発売から1年強を経た1997年4月26日には発売元のエイベックスから出荷枚数が455万枚を突破したと発表された。これは当時の日本新記録である。
オリコン集計の累計売上が400万枚を超えたのは、アルバムとしては史上初である。
それまでMr.Childrenの『Atomic Heart』が記録した343万枚が最大であった。週間チャートでの総チャートイン週数も64週となり、同年のオリコン年間アルバムチャートで1位を記録した。

1996年6月、日本レコード協会から4ミリオンの認定を受けた最初の作品となった。
第38回日本レコード大賞アルバム大賞を受賞した。
globe

globe

【itunesでもglobe関連の楽曲が購入可能】

■V.A.「#globe20th -SPECIAL COVER BEST-」
※前半15曲はアーティストによるカヴァー、後半15曲はglobeオリジナル楽曲
全30曲
¥3,000 → ¥1,200
■globe「15 YEARS -BEST HIT SELECTION-」
¥2, 300 → ¥1,200
■HYDE「DEPARTURES」
¥250 → ¥150
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,543 view
冬の名曲『DEPARTURES』 今年で発売から20年!HYDEなど多くの歌手にカバーされていた!

冬の名曲『DEPARTURES』 今年で発売から20年!HYDEなど多くの歌手にカバーされていた!

globeの4枚目のシングルとして、1996年1月1日に発売された『DEPARTURES』。ラルク アン シエルのHYDEをはじめ、数多くの歌手にカバーされている『DEPARTURES』を特集する。
ひで語録 | 6,865 view
globe・KEIKOが自身のツイッターで久々に元気な姿を公開!TKこと小室哲哉の誕生日での一コマをツイート!

globe・KEIKOが自身のツイッターで久々に元気な姿を公開!TKこと小室哲哉の誕生日での一コマをツイート!

くも膜下出血でリハビリ中のglobeのボーカル・KEIKOが27日、自身のツイッターアカウントに、夫で音楽プロデューサーの小室哲哉とのツーショット写真を掲載した。夜景が見える高層ビルの窓辺に座り、語り合う夫婦2ショットをアップした。
聴きなおしシリーズ!【1996年・平成8年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【1996年・平成8年】のヒット曲ベスト10を振り返る

1996年といえば、ルーズソックスにアムラーが大流行していた年ですね(^^)/ そんな1996年には、一体どんな曲がランクインしていたのでしょうか? さっそく聴きなおしてみたいと思いま~す!
つきねこ | 1,189 view
小室哲哉誕生日!KEIKOとの画像をアップ!安室ちゃんとの再タッグやDJKOOとの話題も!

小室哲哉誕生日!KEIKOとの画像をアップ!安室ちゃんとの再タッグやDJKOOとの話題も!

59歳の誕生日を迎えた小室哲哉が、妻であるKEIKOとのツーショット写真をインスタグラムに投稿しました。それに合わせて、DJ KOOもお宝写真を蔵出し。小室と安室の再タッグも話題になっています!
隣人速報 | 874 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト