シャ乱Q『上・京・物・語』売れなければ解散とバンド人生をかけた勝負曲
2016年9月18日 更新

シャ乱Q『上・京・物・語』売れなければ解散とバンド人生をかけた勝負曲

1994年1月にリリースしたシャ乱Qの4thシングル『上・京・物・語』。 デビュー後なかなかヒット曲を出せなかったシャ乱Qにとって、解散が掛かった運命の勝負曲。 夢を叶えるために地方から上京する若者の恋人への未練と葛藤、そして決意を描いた遠距離恋愛ソングを紹介。

6,948 view

シャ乱Qが解散をかけて挑んだ『上・京・物・語』

シャ乱Qは、1991年にNHK主催の音楽コンテスト『BSヤングバトル』の第2回グランプリを受賞。
多くのレーベルによって争奪戦が繰り広げられた末、1992年7月にメジャーデビュー。
だが、なかなか売れず次の曲がヒットしなければ契約解除→解散というところまで追い詰められてしまう。

まさに背水の陣のシャ乱Qが勝負曲としてリリースしたのがこの『上・京・物・語』。
夢を叶えるために地方から上京する若者の恋人への未練と葛藤、そして決意を描いた遠距離恋愛ソングである。
大阪出身のメンバー5人が「絶対成功して夢を叶えてやる!」という気持ちを込めた渾身の楽曲であった。
シャ乱Q『上・京・物・語』

シャ乱Q『上・京・物・語』

作詞:まこと 作曲:はたけ
シャ乱Qの4枚目シングルとして、 1994年1月21日リリース。
CDのジャケット撮影は羽田空港で行われ撮影中は派手なコスチュームのため怪しまれていたが、偶然所属事務所の先輩である森高千里がツアー先へ移動する為に訪れており、そのおかげで撮影がスムーズにいったという。

シャ乱Q(シャらんキュー)

1988年12月結成。
カタカナ・漢字・アルファベットが混ざった一風変わった「シャ乱Q」のバンド名は、メンバーが所属していたアマチュアバンドの名前「シャッターズ」(しゅう、まことが所属)「RAM(乱)」(つんく、しゅう、たいせーが所属)「QP(キューピー)」(はたけが所属)を寄せ集めたもの。
当初は「シャ乱P」というネーミングにする予定だったが、当時活躍していた女性お笑いコンビ・おきゃんぴーを連想させる、として最終的に「シャ乱Q」となったとのこと。

動画で聴きたい!シャ乱Qの『上・京・物・語』

【動画】シャ乱Q『上・京・物・語』PV

『上・京・物・語』のプロモーションビデオ。
5人の出身である大阪の象徴・通天閣と、東京の象徴・東京タワーを映像内で対比している。
特徴的なシンセサイザー音に合わせ、「ラン ララララランランランラン」から始まる印象的なイントロ。
ボーカルつんくの鼻にかかったような特徴的な声に乗せられた切ない歌詞。

夢を追い上京する若者の切ない遠距離恋愛を、バラードとしてではなく、あえてテンポが速く賑やかなメロディに合わせることで、より胸のモヤモヤ感が掻き立てられる。

「東京で成功してやる!」という野望や、「このままヒットしなければ…」という焦りなど、シャ乱Q自身の想いが込められているからこそ生まれた曲なのではないか。
『So 別れるの 別れない 二人には 愛の答え出せず離れてゆく 悲しいね』
『So 別れるの 別れない 二人には 愛の行方知れず離れてゆく 悲しいね』
出典 シャ乱Q『上・京・物・語』
一番・二番の歌詞のサビ。
「ずっと待ってる」とつぶやく彼女。
「ついてきてほしい」と言えない彼氏。
お互いの感情がすれ違い、悲しい別れを予感させる。
『So いつの日か「東京」で 夢叶え ぼくは君のことを迎えにゆく』
『So 離れない 離さない 今度こそ どこまでもついて来いと 言えるだろう 心から』
出典 シャ乱Q『上・京・物・語』
最後の歌詞。
彼女と離れる寂しさや切なさを乗り越え、「東京で夢を叶えて迎えにくる」と強く決意。

シンプルな歌詞だからこそ、夢を持って上京したり、遠距離恋愛をしていた人たちが歌詞に対してストレートに共感できるのだろう。

『上・京・物・語』で叶えた念願のヒット

決死の覚悟でリリースした『上・京・物・語』をラジオ局へ積極的に売り込みをかけた。
なお、私がシャ乱Qを初めて知ったのもラジオで聞いた『上・京・物・語』であった。
後にテレビで歌っている姿を見て奇抜な衣装やメイクと、楽曲とのギャップに驚かされた…。

当初はセールスがパッとしなかったものの、テレビ東京系「浅草橋ヤング洋品店」でタイアップに使われると注目度が急上昇。
ほぼ同時にフジテレビの深夜番組「殿様のフェロモン」のオープニングテーマ曲としても使用され、生放送にメンバーとマネージャーが出演してプロモーションを行った。

楽曲の良さやメンバーのインパクトから話題が広がり歌番組へも次々と出演、シャ乱Qの『上・京・物・語』は結果的に12万枚以上を売るスマッシュヒットになった。

作詞をしたまことは、『上・京・物・語』の印税で65万円のロレックス デイトナを購入したという。

シャ乱Q『上・京・物・語』→『シングルベッド』の最強コンボ

『上・京・物・語』のヒットにより、契約解除・解散を免れたシャ乱Q。
次に出したシングル『恋をするだけ無駄なんて』も同じく「浅草橋ヤング洋品店」エンディングテーマに起用されて約11万枚のヒットとなるが『上・京・物・語』を下回る結果となった。

そこで、さらなる飛躍を狙って出された曲が『シングルベッド』だった。
オリコン最高順位は9位であったが、100位以内の登場回数は54回のロングセラーとなり、シャ乱Q初のミリオンセラーとなった。

この『シングルベッド』を『上・京・物・語』の続編として聞くと非常に切ない…。

【動画】シャ乱Q『シングルベッド』PV

『シングルベッド』のプロモーションビデオ。
『おまえと離れ 一年が過ぎ いい男性になったつもりが』
出典 シャ乱Q『シングルベッド』
『シングルベッドで夢とお前抱いてた頃 くだらない事だって 二人で笑えたね』
出典 シャ乱Q『シンク゛ルヘ゛ット゛』
『シングルベッドで二人 涙拭いてた頃 どっちから別れ話するか賭けてた』

『あの頃にもどれるなら お前を離さない』
出典 シャ乱Q『シンク゛ルヘ゛ット゛』
「ずっと待っている」と言う彼女を残し上京し、夢を叶えて迎えに行くと心に誓ったが…。
結局別れることになってしまったという悲しく切ない物語に。


実際には、『上・京・物・語』と『シングルベッド』とは連続した作品として作られたものではなく、作詞も『上・京・物・語』はまことであるのに対して、『シングルベッド』はつんくである。

両曲の歌詞に共通するのは夢を追う青年と恋人の物語という点だけ。
しかし、同じ年にリリースされた切ない恋愛ソングとして、どうにも繋げて聴いてしまう自分がいるのだった。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

朝の情報番組『とくダネ!』で小倉智昭のカツラが落下!!放送事故?ガセ?

朝の情報番組『とくダネ!』で小倉智昭のカツラが落下!!放送事故?ガセ?

朝の情報番組『とくダネ!』のオープニングで司会の小倉智昭さんの大事なズラが落下するシーンがネットで以前話題になりました。放送事故だったのか、フェイクだったのか、色々ネタについてまとめてみました。
ギャング | 7,886 view
【真島昌利】のソロシングルを聴き直す

【真島昌利】のソロシングルを聴き直す

バンドでもソロでも名曲を残してきたマーシー。今回はそんなマーシーのソロシングルを振り返ってみたいと思います。当然ながらあの名曲「アンダルシアに憧れて」も入っていますので、一緒に聴き直してみましょう!
つきねこ | 660 view
春に聴きたい【坂本冬美】の「夜桜お七」

春に聴きたい【坂本冬美】の「夜桜お七」

1994年に発売され大ヒットとなった坂本冬美さんの「夜桜お七」。この曲は現代の自己主張する女性を江戸時代の八百屋お七をなぞらえて作曲されました。大変素敵な曲なので、是非これを機会に聴き直してみてくださいね(^^)/
つきねこ | 448 view
【#プロレス今日は何の日】 1994年2.24 日本武道館 橋本真也vs獣神サンダーライガーっ!

【#プロレス今日は何の日】 1994年2.24 日本武道館 橋本真也vs獣神サンダーライガーっ!

この時ヘビーとジュニアの王者同士!いわば無差別級王座決定戦!力にハートを乗せてガンガン行くライガー!手加減無しにガンガン返す橋本!武道館揺れっぱなしのあの日から25周年!今日もプロレス最高っ!
AJスレンダー | 1,215 view
松任谷由実の後世に歌い継がれる名曲「春よ、来い」

松任谷由実の後世に歌い継がれる名曲「春よ、来い」

1994年にリリースされた「春よ、来い」は皆さんも馴染みのある曲ではないでしょうか?松任谷由実さんの名曲中の名曲であり、後世に歌い継がれる楽曲だと思います。今回はこの曲をあらためて聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 305 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト