ブラック企業も仰天の劣悪環境で奮闘!少女達の強さも弱さも愛おしい【あゝ野麦峠】
2017年1月26日 更新

ブラック企業も仰天の劣悪環境で奮闘!少女達の強さも弱さも愛おしい【あゝ野麦峠】

1979年に公開された映画「あゝ野麦峠」。当時大ヒット作です。生糸工場での新人工女達の奮闘、絶望、恋。繭を煮る釜から立ち昇る湯気、熱風、独特の臭い。工女達のリアルが伝わってくる、時代を重ねても名作中の名作です!

10,927 view

「あゝ野麦峠」とは?

けん (1747610)

出典 けん
『あゝ野麦峠』(ああのむぎとうげ)は、1979年製作の日本映画。原作は山本茂実のノンフィクション『あゝ野麦峠』。14億円の配給収入を記録、1979年(昭和54年)の邦画配給収入ランキングの第2位となった。同年キネマ旬報ベストテン9位。
シリアスな題材に対して製紙工場の再現などに巨額な予算が必要なこともあり、内田吐夢監督も映画化を断念した原作だが、新たに設立された新日本映画の出資によって実現。若い人気女優たちの共演や抒情的な主題曲などで人気を集め、社会派映画としては突出したヒットとなった。

あゝ野麦峠 映画 エンディング曲 主題歌/アルル (Oh/The Nomugi Pass)

第34回毎日映画コンクール:日本映画大賞、第33回日本映画技術賞を受賞しています。
私が小さい頃はわりとしょっちゅう「金曜ロードショー」などでテレビ放送されていた記憶があるのですが、1990年以降はテレビ放送はされておらず、ビデオ・DVD化もされていませんでした。
ゆえ、視聴困難作品でしたが、2014年に東宝からDVDが発売されました。ちなみに初のテレビ放送時の視聴率は関東地区で34.3%!人気・関心の高い映画でした。

予告編

映画「あゝ野麦峠」

工女(こうじょ)は若手の人気女優達!

みね 大竹しのぶ

みね 大竹しのぶ

明るく正義感が強く面倒見がいい。仲間内からも信頼されている。必死に働き、優等工女になる。
出典 けん
ゆき 原田美枝子

ゆき 原田美枝子

父なし子として育つ。母が死に祖父を残し山安に自ら志願して向かう。みねをライバル視している。協調性がなく、一人浮いた存在。
出典 けん
はな 友里千賀子

はな 友里千賀子

みねの同郷。劣等工女。仲間思いのムードメーカー。食いしん坊。
出典 けん
きく 古手川祐子

きく 古手川祐子

みねの同郷。一途な性格。可愛らしい容姿から黒木にちょっかいを出されるが、帳簿付けの新吉と相思相愛に。
出典 けん
とき 浅野亜子

とき 浅野亜子

みねと同郷。足立組一番の劣等工女。病気の母のため給金の前借りを繰り返すがデニール検査の罰金などで借金が膨らむ。検査で飯抜きになる事が多く、いつも腹を空かせている。緊張すると放尿したくなる。
出典 けん

みねの家族

辰次郎 地井武男

辰次郎 地井武男

みねの兄。百円工女になった妹を誇りに思いながらも「骨の髄までキカヤに縛られんように気をつけろよ」と忠告する。
出典 けん
みねの両親 父 西村晃 母 野村昭子

みねの両親 父 西村晃 母 野村昭子

手付け金5円をもらい、みねを糸取り工女として山安足立組に向かわせる。働き者の父だったが、みねが百円工女になり実入りが増えると酒量が増え、妻に手をあげるようになる。
出典 けん

製糸工場(キカヤ)山安足立組の面々

藤吉(足立組の主) 三國連太郎

藤吉(足立組の主) 三國連太郎

出典 けん
春夫(若旦那) 森次晃嗣

春夫(若旦那) 森次晃嗣

出典 けん
黒木(検番) 三上真一郎

黒木(検番) 三上真一郎

出典 けん
77 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ハイパー脇役列伝】地井武男

【ハイパー脇役列伝】地井武男

2012年、心不全のため70歳で亡くなった地井武男。彼も昭和から平成にかけての名脇役でしたよね!これでもか!な、冷酷非情な悪役から、優しい見守り系の善人役まで幅広い役柄をこなし、ドラマ・映画の脇役として活躍した地井武男の名脇役ぶりを出演作品と共に振り返ります。
けん | 5,656 view
【黒い家】ぶっ壊れた人間に関わってしまった恐怖

【黒い家】ぶっ壊れた人間に関わってしまった恐怖

1999年公開の映画「黒い家」。原作は貴志祐介で、日本ホラー小説大賞を受賞した同名小説の映画化です。この映画には白い着物を着たお化けや、ビデオから髪の長い女が出てきたりはしません。じゃあ何が怖いって?ぶっ壊れた人間ほど怖いものはありません!人の心を持たない家族と関わってしまった主人公の恐怖がとってもリアルな「黒い家」を懐かしく振り返ります。
けん | 87,872 view
1978年~1979年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1978年~1979年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1978年~1979年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 5,934 view
布施明のカバーも秀逸!グロリア・ゲイナー「恋のサバイバル」

布施明のカバーも秀逸!グロリア・ゲイナー「恋のサバイバル」

1979年に世界中で大ヒットしたグロリア・ゲイナーの「恋のサバイバル」を覚えてますか?この当時ディスコに行っていた方なら必ず知っているこの曲を、世界各国のカバーと聞き比べながら振り返りたいと思います。
つきねこ | 213 view
1979年に大ヒットとなった村木賢吉の「おやじの海」

1979年に大ヒットとなった村木賢吉の「おやじの海」

民謡経験に裏打ちされた村木賢吉さんの「おやじの海」。この曲は多くの歌手にカバーされており、今回は村木賢吉さんを中心に、カバーされている様々なバージョンの「おやじの海」を聴いてみたいと思います。
つきねこ | 191 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト