【弟切草】凄いタイトルだと思いませんか。
2017年1月24日 更新

【弟切草】凄いタイトルだと思いませんか。

タイトルのインパクトは、発売当時の子供達も思っていました。やっぱり兄弟の話なのかなとか、この名前の植物は実在するのかとか色々話しました。

7,776 view

タイトル画像もホラー。

本作品はチュンソフトの自社ブランドの処女作であると同時に、同社が打ち立てたサウンドノベルシリーズの第一作でもある。脚本と監修には、脚本家の長坂秀佳を起用。

実在する同名の植物、オトギリソウをモチーフに描かれるホラータッチのストーリーは、ほぼ同じシークエンスで構成される10数本のストーリーから成り立つ。どのストーリーも選択肢によって別のストーリーに移動することがあるが、各ストーリー毎に登場人物の役割や真相が異なっている。周回を重ねて選択肢が増えていくにつれ整合性が取れなくなることも多くなるが、登場人物が整合性の破綻具合を笑い飛ばすシーンなど、ゲームという表現方法を生かした作りとなっている。また、一定の到達度で達成するピンクの栞の写真をチュンソフトに送ると同人誌がプレゼントされるキャンペーンが存在した。
wikipediaの商品概要から
発売・開発元 チュンソフト
発売日 1992年3月7日
定価 8,800円

弟切草とは

ミステリー小説を読むように、ページをめくっていくと大して多くもない選択肢が現れます。その時の気持ちで選択すると、ストーリーが進むのですが意外とあっさりエンディングがやってきます。プレイ時間にして1時間程度でしょうか。
最初の印象は、「えっ、これで終わり」といった感じです。当然、これで終わりなのではなく一度エンディングまで到達したことで、ストーリーに新たな選択肢が付け加えられ、再度読み返すと異なるエンディングが待っているというのが弟切草です。
選択肢の例

選択肢の例

全般通してこんな感じ

弟切草 1992年☆スーパーファミコン - YouTube

プレイイメージです。えっ見たくない。

チュンソフト

1984年にゲームクリエイターの中村光一が電気通信大学在学中に設立したゲーム会社。中村の友人らが株主となり、調布市の賃貸マンションの1室で社員5人により活動を開始した。
会社の名前は、中村光一の「中」と麻雀の「中」(チュン)に由来している。

開発した家庭用ゲーム機のゲームソフトをエニックスから発売していた。ドラゴンクエストシリーズの生みの親、堀井雄二に依頼され、『ドラゴンクエストI』から『V』までのプログラミングを担当している。
現在もドラゴンクエストシリーズで燦然と輝くチュンソフトです。学生企業の会社だったというのは、知らない人ほうが多いのではないでしょうか。

サウンドノベル

弟切草は、チュンソフトのサウンドノベル第1作です。下記引用にも記載があるとおり小説を読んでいるような没入感が得られます。
サウンドノベル(sound novel)はアドベンチャーゲームの一種で、スパイク・チュンソフトの登録商標である。それまでのアドベンチャーゲームとは異なり小説をモチーフとしているため、区切られたメッセージウィンドウにではなく画面全体にテキストが表示されるのが特徴。コンピュータゲームである特性を活かし、効果音、BGM、映像効果が盛り込まれている。
アドベンチャーゲームです。アドベンチャーゲームも知らない人は、次をご覧ください。

アドベンチャーゲーム

「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」という堀井雄二氏の作り出したコマンドによってストーリーが進行するゲームの種類です。かつてNECのPC6001といった家庭用コンピュータ向けに様々なソフトが販売され好評を博しました。ミステリー好きのゲーマーにとっては、事件を捜査する臨場感が味わえることから一つのジャンルを確立しました。
今日では、選択肢の結果がゲーム上の大きなリアクションとして現れるため、アドベンチャーゲームを遊んでいる認識はないかもしれません。
ポートピア連続殺人事件の1カット

ポートピア連続殺人事件の1カット

これも堀井雄二氏の作品の画面ショットです。このゲームを知らない世代の皆さん、どうやって遊ぶかイメージ出来ますか。

シナリオは、長坂秀佳氏

1941- 昭和後期-平成時代の脚本家,小説家。
昭和16年11月3日生まれ。東宝撮影所勤務をへて独立。テレビドラマ「子連れ狼」や「特捜最前線」,映画「ゴルゴ13」などのシナリオを手がける。ミステリーにも挑戦し,平成元年「浅草エノケン一座の嵐」で江戸川乱歩賞。愛知県出身。豊橋工卒。
著名な脚本家の先生でヒットメーカーでした。多くの特撮作品や「特捜最前線」といったドラマの脚本を執筆しており、ゲームのシナリオを執筆してもらうなんて口説いたチュンソフトというソフトメーカーに感心しきりでした。

ネタバレ(大まかなストーリー)

10本のストーリーがありますが、メインストーリーを紹介します。あらすじだけを読めば、良くある話ですが、音響と挿入画像があると別物です。
公平と恋人の奈美はデートの帰りに車で山道を走っていた。奈美が車窓の見慣れぬ花に目を止める。それは弟切草であった。公平は奈美に弟切草の由来を語る。
道に迷った二人は、対向車との事故や落雷を回避するなかで車を捨て一軒の洋館にたどり着く。
庭は、弟切草畑となっており、蛇に追われて洋館の中に侵入する。
2階のある部屋の中には車椅子に腰掛けた老婆……ではなく、ミイラがいたのだ。館内は停電してしまう。2人の背後で軋む車椅子の車輪の音。
館から出られない2人は仕方なく館の中を探索し始める。
勝手に鳴り出す回線の繋がっていない黒電話、廊下で光る目玉とすすり泣く女性の声、小動物の残骸が食い散らかされた台所、思い出した弟切草の花言葉「復讐」
シャワーを浴びた公平は、熱湯を浴び、脱出し服を着て廊下へと出ると、浴室の外で待っているはずの奈美の姿が見当たらない。
2階で奈美を見つけると、奈美は自分がかつてこの館に母とナオミという少女と3人で住んでいたことを思い出す。幼い頃に奈美は養女に出されたのだ。
錯乱した奈美は何処かへと走っていってしまう。追いかける公平。奈美に追いついた公平は、奈美の思い出した記憶が真実である決定的証拠を見せられる。それは奈美によく似ている、双子の少女が写った写真であった……。
奈美の双子の姉であるナオミは、幼き奈美の過ちにより起きた火事で顔に火傷を負っていた。火傷のため、化け物呼ばわりされ続けてきたナオミは原因である奈美を恨んでいたのだ。ナオミの日記には、火傷のせいで心を病んでいくナオミの様子とミイラの正体がナオミにより餓死させられた母親であることが判明する。
ナオミに閉じ込められ殺されかけた公平だったが、何とか脱出し奈美を探す。
ナオミを何とか撃退し、奈美の縄を解いて食堂を飛び出した2人であったが、ボイラーの爆発により館は炎上する。

果たして二人は、無事でしょうか。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

無秩序・無法地帯 修羅の魔都OSAKA?・・・『初代熱血硬派くにおくん』

無秩序・無法地帯 修羅の魔都OSAKA?・・・『初代熱血硬派くにおくん』

くにおくんシリーズ、ダウンタウンシリーズで有名な今は亡きテクノスジャパンのスーパーファミコン一作目、「初代熱血硬派くにおくん」。 ベルトアクションジャンルのプロトタイプを担う本シリーズ。そんなシリーズにRPG要素を加えた本作は、くにおくんシリーズの特徴の怒涛の仁義なき理不尽さと2人プレイの爽快感も健在にアツいストーリーと多くのバグと異常な世界感は当時の子供たちに一体感と絶望感・苛立ちを与え、このゲーム中のセリフを彷彿とさせただろう。 「ええどきょう してるやんけ」
stranger1231 | 5,355 view
頑張れシンタロー!「南国少年パプワくん」!ENIXの名作はRPGだけではない!!

頑張れシンタロー!「南国少年パプワくん」!ENIXの名作はRPGだけではない!!

南国少年パプワくんとは、月刊少年ガンガンにて1992年より連載され、アニメ化もされた柴田亜美が原作の少年漫画。スーパーファミリーコンピュータ用ソフトで、原作を忠実に再現された難易度の高いアクションゲームとして、エニックスより販売された隠れた名作でもある。
茶太郎 | 3,705 view
続々・ファミコン世代の記憶に残る名作「ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙」!そして、データイーストは伝説へ!!

続々・ファミコン世代の記憶に残る名作「ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙」!そして、データイーストは伝説へ!!

『ヘラクレスの栄光』(ヘラクレスのえいこう、英題 Glory of Heracles)は、データイーストが開発・発売したコンピュータRPGのシリーズ。1987年の第1作『闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光』から1994年までに4作が発売されたほか、ゲームボーイ用ソフトとして外伝的な作品もある。また、今作に関しては2007年4月6日からWiiのバーチャルコンソール向けタイトルとして、2013年5月22日からWii Uのバーチャルコンソール向けタイトルとして配信されているという、息の長い長寿作でもある。
茶太郎 | 9,818 view
クリエーターツールの原点?!今でも盛り上がる「マリオペイント」!

クリエーターツールの原点?!今でも盛り上がる「マリオペイント」!

今ではPCで簡単に出来るお絵かき、作曲、アニメーション。だが、昔はマリオペイントでしか簡単にできなかった。そんな今だからこそ、子ども時の気持ちに戻って「マリオペイント」を遊び尽くそう!
alex_law | 10,144 view
【ファイナルファンタジーⅤ】裏技・小技プレイがおもしろい!

【ファイナルファンタジーⅤ】裏技・小技プレイがおもしろい!

1992年にスーパーファミコンで発売されて以来、絶大な人気を誇る「ファイナルファンタジー5」。ジョブ、アビリティが豊富で自由度の高さが魅力でした。裏技・小技を使ったプレイも豊富!その技ありプレイでFF5を更におもしろくプレイできる方法を再確認してみましょう。
Yam | 4,992 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト