【ファミコンクソゲー探訪】クソゲーだけど1週回って楽しめるゲームたち Part3
2015年11月10日 更新

【ファミコンクソゲー探訪】クソゲーだけど1週回って楽しめるゲームたち Part3

俗にいうクソゲーですが、プレイするごとにはまってしまう不思議な魅力のあるゲームがあります。クソゲー探訪ではそんなゲームを紹介します。

24,836 view

その1・元祖西遊記スーパーモンキー大冒険

 (1509362)

いわゆる伝説的なクソゲー、究極のロールプレイングアドベンチャー(自称)と大風呂敷を広げたまま畳むことの無かったゲームです。
良い点を見つけることが少々難しいゲームですが、クソゲーポイントはいくらでも挙げられます。

それでは、ストーリー、クソゲーポイント、良い点を挙げていきます。
ストーリーは、三蔵法師、孫悟空一行が天竺を目指して旅をするというもの。
以上です。

本当にこれだけの内容であります。仲間を加える、中ボスを倒すなどのイベントはありますが、山あり谷ありというRPGの王道ストーリーなんてものは無く起伏の無い平坦な道を進まされるゲームです。
西遊記という中国四大奇書を題材にしているゲームなのですが、本の内容は一切関係ありません。
膨大なクソゲーポイントがあるこのゲーム、どうしてこんなゲームにしてしまったんだ!
 (1509363)

「孫悟空たちが天竺にお経を取りに行く」こと以外に物語性は一切なく、天竺に向けてひたすらフィールドマップを歩き続けるだけという、RPGのアの字もない内容
主人公の孫悟空と三蔵法師の二人はいきなり台湾に放り出される。なお西遊記の三蔵法師および史実の玄奘三蔵のスタート地点は長安である。
フィールドマップは約700画面と大陸の縮尺を再現したんじゃないかと思うほど広大で、移動速度は1秒間に2マス程度ととんでもなく遅い
遅い遅いと言われている星をみる人以上に遅い移動速度。ただマップを進むゲームだから移動速度が速いとすぐにクリアできるから、ゆっくりにしたのかも?!
 (1509366)

フィールドの特定の場所ではお供の猪八戒や沙悟浄に出会ったりボスが行く手を阻んだりするのだが、その場所に特に目印があるわけではなく、行くとメッセージが1行表示されるだけでいきなり戦闘が始まる。戦闘をクリアしても何かイベントがあるわけではなく、そのままフィールドマップに戻るだけである。
 (1509364)

途中で魔物に襲われている猪八戒と沙悟浄が仲間になるが、別に仲間にならなくてもゲーム進行には何の問題もない。
「混世魔王」は本作ではラスボスになっているが、原作の『西遊記』では孫悟空が三蔵の弟子になる前に戦った最初の敵である。
ゲーム開始、天竺に行って!で終わりの斬新過ぎるゲーム展開、システムの不出来、キャラクターへの愛情の無さなど、クソ度を上げればキリが無いのです。全てにおいてクソゲーの要素を満たしているだけでなく溢れ出てしまっているクソ度。キングオブクソゲーの名を欲しいままにするだけのことはあります。

それでは、次は何かいい所を探してみました。
 (1509365)

ドット絵の悟空、八戒、沙悟浄、三蔵などはなかなか可愛らしい出来栄え。
当時のRPGの中では珍しく斜め移動ができる。これは同じファミコンのゲームで言えば『MOTHER』を3年先取りしたものである。
クソゲーあるある、「音楽だけ結構カッコいい」の法則どおりにこのゲームも音楽は良いです。フィールド音楽はかなりの良曲なので必聴ですよ。
戦闘画面がアクションであるRPGは、一応本作が日本初。

NES - Ganso Saiyuuki: Super Monkey Daibouken (元祖西遊記スーパーモンキー大冒険) - YouTube

プレー中の動画を見るとそんなに酷くは無いように見えてしまう不思議。ゲーム内の情報をもっと親切にしてあげれば普通のクソゲーにはなったと思いますけどね。

※動画は削除される場合があります。
出典 youtu.be
このゲームもストーリーを練り直して、移動速度を速めてボスや仲間などのイベントをもっと増やして武器防具の概念を取り入れて……と総合的に作り直せば良ゲーになりそうです。そうなったら全くの別ゲーですけどね。
どの時点でクソゲーへの道を進み始めたのかはわかりませんが、もったいないゲームであることは間違いありません。
93 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【東海道五十三次】無理ゲーなのに意外な人気を誇る逸品。その魅力の一端を検証!!

【東海道五十三次】無理ゲーなのに意外な人気を誇る逸品。その魅力の一端を検証!!

数ある和風テイストのゲームの中でも、人気の高いゲームが「東海道五十三次」です。その高い難易度によって一時はクソゲー、無理ゲーなどと呼ばれていました。しかし近年、攻略法が一般に広がるにつれて評価も上がり、さらに独特なゲーム内容はネタにもなっています。そんな「東海道五十三次」の魅力に迫っていきましょう!
fang-off | 3,130 view
キャラゲーの大体はクソゲーなのか!?ハドソンから発売された「ジャッキーチェン」を検証する

キャラゲーの大体はクソゲーなのか!?ハドソンから発売された「ジャッキーチェン」を検証する

ハドソンから発売されていたゲーム「ジャッキーチェン」。ファミコン時代の実在する人物や、話題になった人物を題材にしたゲームのほとんどは評価が低く、「クソゲー」と評されてきました。では今では伝説となったジャッキーチェンをタイトルとしたゲームはどうだったのでしょうか。まさかのクソゲーなのか!?
showta14 | 1,173 view
伝説のク〇ゲーが漫画に!「花のスター街道 ~クソゲーワールド編⑤」

伝説のク〇ゲーが漫画に!「花のスター街道 ~クソゲーワールド編⑤」

アナタは伝説のク〇ゲーと呼ばれた「花のスター街道」というファミコンゲームを憶えているだろうか。ビクター音楽産業からリリースされたハタノモエタ、トヨタゴロー2人の主人公を同時に操るという斬新な横スクロールアクション!その生みの親である漫画家・大野克彦先生が手掛けるマンガ、その名も「花のスター街道」。クソゲーワールド編⑤をご覧ください!
大野克彦 | 469 view
伝説のク〇ゲーが漫画に!「花のスター街道 ~クソゲーワールド編④」

伝説のク〇ゲーが漫画に!「花のスター街道 ~クソゲーワールド編④」

アナタは伝説のク〇ゲーと呼ばれた「花のスター街道」というファミコンゲームを憶えているだろうか。ビクター音楽産業からリリースされたハタノモエタ、トヨタゴロー2人の主人公を同時に操るという斬新な横スクロールアクション!その生みの親である漫画家・大野克彦先生が手掛けるマンガ、その名も「花のスター街道」。クソゲーワールド編④をご覧ください!
大野克彦 | 263 view
待望のファミコン移植!だけどこれじゃない感が満載だったゲーム達。

待望のファミコン移植!だけどこれじゃない感が満載だったゲーム達。

アーケードやPCで人気のゲームがファミコンに移植されたときの喜び。その期待が大きいあまり移植作品の出来に「これじゃない」と感じたことってありませんか?クソゲーとまでは言いたくない、だけどガッカリだった作品たち。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト