【朝ドラ】ふたりっこ【大人気になった双子】
2016年1月25日 更新

【朝ドラ】ふたりっこ【大人気になった双子】

NHK朝の連続小説の中でも大ヒットとなった「ふたりっこ」。とある双子の姉妹が個性あふれる登場人物達とともに大阪の街で生きていく物語です。

13,533 view

ふたりっこ

1996年度(平成8年度)下半期(1996年10月7日 - 1997年4月5日)に放送されたNHK連続テレビ小説の第55作。作・脚本の大石静は、この作品で第15回向田邦子賞を受賞した。
 (1558580)

大阪市の南側にある下町・天下茶屋と新世界を舞台にした作品。1966年(昭和41年・丙午)7月4日生まれの全く性格の違う双子のヒロイン、姉・麗子と妹・香子の挑戦と、それを取り巻く人間関係をほのぼのと描いた。

ヒロインの幼少期(5週分)を演じた三倉茉奈・佳奈のデビュー作であり、銀じい(佐伯銀蔵)や、1997年の紅白歌合戦に出場することになる劇中の歌手・オーロラ輝子など、個性豊かな脇役も人気となった。

ストーリー(少女編)

通天閣を間近に見る、人情あふれる庶民の街・天下茶屋商店街。ヒロインの父・光一(段田安則)は、親子二代続く腕自慢の野田豆腐店の店主。母・千有希(手塚聡美)は芦屋出身のお嬢様で、親との縁をきって光一のもとに嫁いだ。
1966(昭和41)年、この夫婦が双子を授かった。そして10年後、双子の姉・麗子は優等生でクラスのマドンナ、妹の香子はやんちゃで学校の問題児と対照的に成長する。
 (1558593)

心の中でお互いに相手のことが羨ましい麗子と香子は、周りに内緒で入れ替わることを計画。香子に扮した麗子は、窮屈な優等生から解放され生き生きしていたが、香子に比べ自分が嫌われている事を知り、怒りと嫉妬で香子の昼食にチョークの粉を入れてしまう。

将棋との出会い

通天閣から街を眺める香子

通天閣から街を眺める香子

香子は日に一度は通天閣の展望台にのぼり、大阪の町を眺める。ある時、通天閣の真下の道にある王将の碑に腰掛けていて、通りかかった銀じいにとがめられる。何となく気になった香子が銀じいを追って新世界将棋センターへ。初めて見る将棋の世界に感動し・・・・
 (1558588)

将来香子はプロのプロの棋士を目指すようになります。

放送第1週で日本のアイドルとなったマナカナ

 (1558584)

ドラマの冒頭、わずか8回で大人気となった2人は、「もう一度マナカナが見たい!」という視聴者からの熱烈ラブコールを受けて、番組終盤の3月21日から、麗子の双子の娘として再登場しました。
 (1558596)

ストーリー②(少女編)

進学校に通う麗子が京大を受験することになり、商店街は大騒ぎ。野田家も受験生中心の生活になり、光一は好きな野球の試合も見せてもらえない。一方香子は区域で最低レベルの高校で、卒業も危ない。高校を中退しようか悩む香子に、光一は豆腐店を継ぐよう勧める。
香子が中退すると聞いた千有希は、中卒の光一を引き合いに思いとどませらせようとする。それを耳にした光一は、その晩ヤケ酒を。香子は銀じいの手を借りて泥酔した光一を連れ帰った。豆腐屋修行に励む香子だが、どうしても将棋を忘れられない。
予備校でももてる麗子は、高級住宅に住むお嬢様のふりをして自己嫌悪に。
 (1558594)

双子は成長して
香子が岩崎ひろみさんに
麗子が菊池麻衣子さんになりました
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

徹底した役作りが話題に!女優・池脇千鶴について振り返る!

徹底した役作りが話題に!女優・池脇千鶴について振り返る!

数多くの映画やドラマに出演され定評のある演技力で私たちを魅了し続ける池脇千鶴さん。そんな池脇千鶴さんについて、出演作を振り返りつつまとめてみました。
ハナハナ | 1,091 view
【大晦日の名物】視聴者はハラハラドキドキ!日本レコード大賞からNHK紅白歌合戦への瞬間移動

【大晦日の名物】視聴者はハラハラドキドキ!日本レコード大賞からNHK紅白歌合戦への瞬間移動

かつてNHK紅白歌合戦が21時から放送されていた頃、日本レコード大賞のエンディングに出演していた歌手が、紅白のオープニングにも登場して視聴者を驚かせていました。最後の最後まで残る大賞受賞者が紅白に間に合うのか!? 21時前後のハラハラドキドキは毎年恒例でした。当時の大晦日の名物を振り返ります。
izaiza347 | 441 view
息子は稲吉ひかり!朝ドラ「和っこの金メダル」でヒロインを演じた渡辺梓の活躍と現在

息子は稲吉ひかり!朝ドラ「和っこの金メダル」でヒロインを演じた渡辺梓の活躍と現在

平成元年の朝ドラ「和っ子の金メダル」のヒロインを演じて注目された渡辺梓さん。平成という時代の始まりにブレイクし、1990年代はドラマや映画など数多く出演し女優として活躍しました。そんな渡辺梓さんは現在何をされているのでしょうか?今回は渡辺梓さんの活躍や現在についてご紹介します。
そうすけ | 792 view
普通の主婦と世界的な音楽家の不倫!お互い心から惹かれ合う大人の恋愛『ミセスシンデレラ』薬師丸ひろ子が初の連ドラ初主演作!

普通の主婦と世界的な音楽家の不倫!お互い心から惹かれ合う大人の恋愛『ミセスシンデレラ』薬師丸ひろ子が初の連ドラ初主演作!

薬師丸ひろ子が演じる香山みずほは、飼っていた文鳥のチロを探していると堀井光(内野聖陽)と出会う。お互いの立場を知らぬまま楽しく話し合える関係だった二人が、やがてお互いに惹かれ合い物語が始まっていく。 芸能界から離れていた薬師丸ひろ子が、初めて連続ドラマの主演を務めた作品である。フジテレビ系列「木曜劇場」で97年4月から97年6まで放送されていた。脚本はヒットメーカーの浅野妙子と尾崎将也。 
kankengon | 302 view
【1981年】「祐子と弥生」って覚えてる!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1981年】「祐子と弥生」って覚えてる!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 378 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト