「ザ・ストーンローゼズ」を聞くということは、音楽とひとつになるということだ。
2017年3月28日 更新

「ザ・ストーンローゼズ」を聞くということは、音楽とひとつになるということだ。

とても表情豊かなリズムに美しく親しみやすいメロディー。彼らの曲を聞くと、辛いことや悲しい気持ちが溶けてしまって何も考えずに踊らされてしまう。

4,824 view

これからはオーディエンスの時代だと彼らは言った

The Stone Roses

The Stone Roses

ザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)はイギリスのロックバンド。1983年にマンチェスターにて結成され、ニュー・オーダーやハッピー・マンデーズ、ザ・シャーラタンズといったバンドとともに、マッドチェスター・ムーヴメントの中心的存在として活躍。
『ストーン・ローゼズ』(1989年)と『セカンド・カミング』(1994年)の2作を発表した後、1996年に解散。オアシスをはじめとするブリットポップや後の音楽シーンに多大なる影響を与えています。

メンバー

Ian George Brown

Ian George Brown

イアン・ブラウン / ヴォーカル
(1963年2月20日生まれ)
Jonathan Thomas Squire

Jonathan Thomas Squire

ジョン・スクワイア/ ギター
(1962年11月24日生まれ)
Gary Michael Mounfield

Gary Michael Mounfield

マニ / ベース
(1962年11月16日生まれ)
Alan John Wren

Alan John Wren

レニ / ドラム、バッキング・ボーカル
(1964年4月10日生まれ)
【ファーストアルバム発表以前の在籍メンバー】
・アンディ・カズンズ Andy Couzens / リズム・ギター (1983年から1986年5月まで在籍)
・ピート・ガーナー Pete Garner / ベース (1983年から1987年8月まで在籍)
・サイモン・ウォルステンクロフト Simon Wolstencroft / ドラム (1983年から1984年途中まで在籍)
・ロブ・ハンプソン Rob Hampson / ベース (1987年)
【セカンドアルバム発表以後の在籍メンバー】
・ロビー・マディックス Robbie J. Maddix / ドラム
・アジズ・イブラヒム Aziz Ibrahim / ギター
・ナイジェル・イッピンソン Nigel Ippinson / キーボード

ディスコグラフィー

ザ・ストーン・ローゼズは2枚のオリジナルアルバムを出していますが、ファーストアルバムは、1989年の初頭にかけて、ジョン・レッキーをプロデューサーに迎えレコーディングが行われました。
このアルバムは、ロックンロールとダンスミュージックの融合と評され賞賛されましたが、難しい話は抜きにして、いつ聞いても瑞々しく素晴らしいアルバムです。
イギリスのバンドらしく歌詞にはシニカルな面がありますが(王室を強烈に批判した“かわいいエリザベス”というサイモン&ガーファンクルで知られる“スカボロ・フェア”の替え歌など)、表情豊かなドラムスをはじめ胸が高鳴り踊りだしたくなる曲ばかりで、収録曲すべてがエバーグリーンといえます。
ファーストアルバム

ファーストアルバム

The Stone Roses / 1989年
リリース時の邦題は『石と薔薇』

The Stone Roses - She Bangs The Drums [1989 UK Promo]

1989年7月、リカット・シングル『シー・バングス・ザ・ドラムス』が全英インディーチャート1位を記録
ファーストアルバムから半年後に、ザ・ストーン・ローゼズにとって最高傑作ともいえる曲『フールズ・ゴールド Fools Gold』を発表します。
この曲は、イギリスの多くのミュージシャンに影響を与え、衝撃をもって受け入れられました。
この曲のドラム・ビートはジョン・スクワイアがジェイムズ・ブラウンの「Funky Drummer」(「In the Jungle Groove」収録)からサンプリングしたものをアレンジした上でループさせ、ベースラインは Young MC の「Know How」から引用されています。
後にヒップホップのRun-D.M.C.が "What's It All About" でドラムとベースのパートを使用しています。

The Stone Roses - Fools Gold

The Stone Roses' official music video for 'Fools Gold'. Click to listen to The Stone Roses on Spotify: http://smarturl.it/StoneRSpotify?IQid=TSRFG As feature...
1stアルバムからは5年半、最後のライヴからでも4年半が経過し、もうザ・ストーン・ローゼズは活動をしないんじゃないかと誰もが諦めかけていた1994年12月に2ndアルバム『セカンド・カミング』は発表されました。
よく聞けば以前と同じタイプの曲はあるものの、ファーストアルバムともその後のシングルとも違う印象を受けるのはレッド・ツェッペリンのようなタイプの曲が強烈であることと、プロデューサーが変わったことが大きいのではないかと思います。
全英4位(プラチナムに認定)、全米チャート47位を記録しています。
セカンドアルバム

セカンドアルバム

セカンド・カミング Second Coming / 1994年

The Stone Roses - Love Spreads

Music video by Stone Roses performing Love Spreads. (C) 1994 UMG Recordings, Inc.
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【95年】ビートルズの後継者的な「Oasis」が生みだしたマスターピース「Wonderwall」をふりかえる

【95年】ビートルズの後継者的な「Oasis」が生みだしたマスターピース「Wonderwall」をふりかえる

90年代のセンセーショナルなイギリスのロックバンド、アメリカでも日本でもその名を更に知らしめる一曲になった名曲についてふりかえります。
たまさん | 1,049 view
写真家デニス・モリスによる写真展!オアシス「リアム・ギャラガー」の94年東京公演のライブ写真が公開!!

写真家デニス・モリスによる写真展!オアシス「リアム・ギャラガー」の94年東京公演のライブ写真が公開!!

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)にて、写真家デニス・モリスによる、初公開となるオアシス「リアム・ギャラガー」のライブ写真展が開催されます。期間は4月21日(土)から4月30日(月・祝)まで。
隣人速報 | 220 view
1990年代にスマッシュヒットを飛ばしたイギリスのロックバンド『EMF』を聴きなおす

1990年代にスマッシュヒットを飛ばしたイギリスのロックバンド『EMF』を聴きなおす

この記事では、1990年代に全米1位を記録するスマッシュヒットを飛ばした『EMF』について書きたいと思います。 ジーザス・ジョーンズが好きな方にはお馴染みかもしれませんね(^^)/
つきねこ | 498 view
【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

ファミリーコンピューターが1983年に発売された後、ファミコン用の周辺機器が多く発売されました。懐かしいファミコン本体や周辺機器に関するクイズです。あなたは何問正解できるかな?
東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が2月末に34年の歴史に幕を下ろし、ネット上では惜しむ声が上がっている。
red | 2,467 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト