拡大スプライトアニメーションは伊逹じゃない!クトゥルフ神話をモチーフにした、美少女アクションゲーム『エル・ヴィエント』
2017年1月24日 更新

拡大スプライトアニメーションは伊逹じゃない!クトゥルフ神話をモチーフにした、美少女アクションゲーム『エル・ヴィエント』

元祖「美少女アクションゲーム」として名高い「夢幻戦士ヴァリス」で有名なゲームメーカー「ウルフチーム」が開発した作品。このジャンルにヒットするなら直球ど真ん中!

2,036 view

1991年9月20日「ウルフチーム」からリリースされた。

シリーズ化していった本作・・・

シリーズ化していった本作・・・

・タイトル名「エル・ヴィエント」として世に出た本作だが、後に「アーネスト・エバンス」シリーズとして認知される事となる。同シリーズは3作品あり、ストーリーも繋がっている。発売日こそ一番最初だがストーリー上の本作は2番目の位置づけとなっている。

・当時「メガドライブ」より後発に発売された任天堂の「スーパーファミコン」に「回転・拡大・縮小表示機能」というのがあり、世間はその機能を新しいゲームのスタンダードだと称賛していた。それを落ち目に感じていた「メガドライブユーザー」に「擬似拡大機能」として「拡大スプライトアニメーション」を駆使したギミックで、擬似的にゲーム中の爆発や敵キャラを拡大表示する事で「メガドライブ」でもここまで出来るんだと思わせた「ウルフチーム」の技術力に驚いた。

エル・ヴィエントの紹介

基本攻撃はブーメラン

基本攻撃はブーメラン

魔術(魔法)も使えます

魔術(魔法)も使えます

これが「拡大スプライトアニメーション」

これが「拡大スプライトアニメーション」

「ビジュアルシーン」でステージ間の物語を演出してくれます。

「ビジュアルシーン」でステージ間の物語を演出してくれます。

ステージの最後にはボスもいます。

ステージの最後にはボスもいます。

全9ステージ

全9ステージ

ストーリー(導入~グランドキャニオンの神殿より)

闇い寺院の一室。絶え間なく揺れ動く蝋燭の炎は、二つの人影を寂れた石畳に映し出す。
一人は初老の男性、そしてもう一人は美しい金色の髪を持つ、まだ二十歳にも満たない少女である。不確定な明かりの中、しかし、この二人は全く対等であるかに見えた。
「カポネからの連絡はまだなの?」
少女が口を開く。カポネとは紛れもなくシカゴマフィアの首領、アル・カポネのことである。
「そう急かすな、エンパイアステートビルの完成にはまだ数年はかかる。故に、内装だけをハスター神殿と同じに造り替えさせているのだ。少々の遅滞は我慢しろ…」
少し不服そうにしながらも、金髪の少女は首肯する。それよりも、彼らの計画にはただ一つ取り除かなければならない障害があった。
「アネットの事はどうするの?」
取り出した写真に一人の小麦色の肌をした少女が写っている。歳の頃は金髪の少女と同じくらいであろうか。童顔のために多少幼なく見える。
「安心しろ、カポネに連絡を付けておいた。数日のうちには死体がハドソン川にでも浮かぶじゃろう」
刹那の沈黙の後、闇い笑みが二つの唇からこぼれ落ちる。
「あとはハスター様召喚の儀式をするだけね………」
不意に蝋燭の炎が揺らめく…。自身に満ちた笑顔とともに、二つの影は漆黒の中に吸い込まれていった。

                                  ※マニュアル参照

ストーリー(Struggle Has Begun!)

1928年。風を司る邪神「ハスター」を崇拝するハスター教団は、アメリカ国内においてハスター復活の大願を結実させんとしていた。
即ち、ハスターの血を受け継ぐ少女レスティアーナをいけにえとして、ハスター召喚の儀式を計画していたのである。彼らはそのために、シカゴマフィアの首領アル・カポネに依頼を申し渡し、マンハッタンにハスター召喚の為の巨大高層神殿を建てるように工作をした。
ハスターの魔力を地上に導くため、その神殿は天を貫くような高さを誇る。これが現在でいうエンパイアステートビルである。
しかし、彼らの計画にはたった一つ看過し得ぬ障害があった。それは2年前にハスターを封印させ、その大いなる力を受けた少女、アネットである。彼女はハスターの血を希薄ながら受け継いでおり、ハスターを封印することの出来るただ一人の人間であった。

シカゴ。ここに於いてアネットの平穏は一瞬のうちに破られる。路上を歩く彼女の耳に、風船のはじけるような音が響いた。ふり返りざま頬の辺りを銃弾がかすめ飛ぶ。
ハスター教団の依頼でカポネの放ったヒットマンが、次々とアネットに襲いかかったのである。歴史に隠された酸鼻な戦いの、それが開幕であった。

                                  ※マニュアル参照

登場キャラクター

主人公:アネット・メイヤー

主人公:アネット・メイヤー

・年齢は16歳
・邪神ハスターの血を受け継ぐ少女で巫女。ハスターを封印出来るただ一人の人間。
・非常に露出度の高いコスチュームの彼女。マンガの設定では「巫女の装束」らしく、この服を着ていないと魔術(魔法)が使えないらしい。
レスティアーナ

レスティアーナ

・年齢は17歳
・アネットと同じく邪神ハスターの血を受け継ぐ少女。ハスター復活の為の生贄として利用されている事を知らない。
アーネスト・エバンス

アーネスト・エバンス

・年齢は31歳
・考古学者にして冒険家。2年前の事件後から、アネットを「助手」兼「有能な家政婦」として行動を共にしている。保護者的な存在。
ジークフリード・ミュンヒハウゼン

ジークフリード・ミュンヒハウゼン

・年齢不詳
・謎多き青年。今はアネット達と協力関係にあるが・・・。
アル・カポネ

アル・カポネ

・年齢不明
・シカゴマフィアの首領
ヘンリー

ヘンリー

・年齢は52歳
・ハスター教団の司祭。レスティアーナを利用し、邪神ハスターの復活をもくろんでいる。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガイアレス』は、「シューティングゲーム」と「ビジュアルシーン」が合わさった「ハイブリッド」な意欲作で、「メガドライブオリジナル」タイトルとして人気も高い。

『ガイアレス』は、「シューティングゲーム」と「ビジュアルシーン」が合わさった「ハイブリッド」な意欲作で、「メガドライブオリジナル」タイトルとして人気も高い。

「ビジュアルシーン」で有名な「日本テレネット」から発売された「シューティングゲーム」。「ビジュアルシーン」のイメージが先行しがちだが、敵の能力を学習し習得する、「WOZシステム」を用いたシューティング部分の出来栄えもよく、「メガドライブユーザー」にとって「ガイアレス」という名前は、容易に頭の中に浮かぶタイトルである。
『ラングリッサー』のシリーズ一作目が「メガドライブオリジナル」タイトルだって、知ってた?

『ラングリッサー』のシリーズ一作目が「メガドライブオリジナル」タイトルだって、知ってた?

「ファイアーエムブレム(ファミリーコンピュータ)」の一年後に発売され、「同ジャンル」のゲームとして、何かと比べられる要素も(「ジェイガン」と「ヴォルコフ」や「メディウス」と「カオス」など)見受けられた。「次世代ハード」に移行しても「続編」が発売され、「ナンバリングタイトル」として「ラングリッサー5」まで発売されるなど、その完成度は、この頃から既に評価されていた。
どうかしてるぜ!?ガチンコ"ドラゴン(ビースト)"プロレスゲーム『ビースト・ウォリアーズ』

どうかしてるぜ!?ガチンコ"ドラゴン(ビースト)"プロレスゲーム『ビースト・ウォリアーズ』

メガドライブ専用ソフトとして「日本テレネット」から発売された『ビースト・ウォリアーズ』は、新たに立ち上げた同社の新ブランド「RIOT」の第一回オリジナル作品として登場。その世界設定は練り込まれており、BGMやビーストのデザインなどが一層それを引き立てました。
この画面にピン!ときたアナタは"メガドライバー"。『エアロブラスターズ』

この画面にピン!ときたアナタは"メガドライバー"。『エアロブラスターズ』

メガドライブ専用ソフト『エアロブラスターズ』と言えば"メガドライバー"の誰もが口にする「謎の画面」。ROMカセットのゲームなのに、なぜかCD-ROMのゲームばりに読み込み時間?を要する様は、まるで「なぅろぉ~でぃんぐ」
『フェリオス』の"アルテミス"から振り返る「ナムコギャル」の歴史

『フェリオス』の"アルテミス"から振り返る「ナムコギャル」の歴史

昔から良質の家庭用ゲームを開発していた「ナムコ」。ゲーム世代の人なら、一度はナムコのゲームで遊んだ記憶があるでしょう。あまりイメージはないかも知れませんが『ヒロイン(ナムコギャル)』が数多く存在するのです。あからさまに「ヒロイン」を前面に押し出して宣伝してないので気が付きませんよね!。今回紹介する『フェリオス』に登場する「アルテミス」も、そんな"ナムコギャル"の一人です!
不思議フロマゲ | 10,091 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト