昭和時代に流行した『~族』。「〇〇族」の元祖『斜陽族』(1947年)から「hanako族」まで
2016年7月26日 更新

昭和時代に流行した『~族』。「〇〇族」の元祖『斜陽族』(1947年)から「hanako族」まで

昭和時代には、その時代時代の世相や風潮やトレンド、ライフスタイルを体現した「〇〇族」という流行語が数多く作られました。皆様は何かの族・グループに参加していたことがありましたか。代表的な「〇〇族」をおさらいしてみましょう。

25,700 view
最近の子はマルチタスク型の「ながら族」が多いという。

最近の子はマルチタスク型の「ながら族」が多いという。

昭和の「ながら族」はラジオの深夜放送を聞きながら・・・...

昭和の「ながら族」はラジオの深夜放送を聞きながら・・・勉強をするとかですね。

モバイル型「ながら族」が急速に増加していくのはウォーク...

モバイル型「ながら族」が急速に増加していくのはウォークマンからでしょうか。

歩きスマホ、ポケモンGOに夢中になりすぎると危ない。

歩きスマホ、ポケモンGOに夢中になりすぎると危ない。

ポケモンGOは事実上、歩きスマホを助長してしまうアプリともいえる。

ポケモンGOのプレーヤーが現実世界を歩き回るポケモン探しなどに夢中になるあまり、車や人に衝突したり、崖から落ちてしまったり、注意散漫になっている利用者を狙った各種の犯罪に巻き込まれたりなどの事故や事件が相次いでいる。

出典:ポケモンGOの日本上陸で現実世界に漂う不安
http://toyokeizai.net/articles/-/128119?page=2
出典 pk-mn.com

『カミナリ族』(1959年) 現在の暴走族の前身

『カミナリ族』(1959年)

『カミナリ族』(1959年)

カミナリ族(カミナリぞく)とは、公道をオートバイで高速走行することを嗜好していた人達を指し、日本の昭和30年代から40年代頃を中心に用いられていた俗称である。

マフラーの芯を抜くなどの改造を施すことから騒音が大きく、その音が雷に似ているとしてこの呼び名がついた。現在の暴走族の前身、特に違法競走型暴走族の行動様態のルーツとされる。

全国に数百のグループが存在したといわれる。公道で速さや運転技術を追求するための無謀な運転を行い、交通事故や騒音問題を招き一時問題になった。

深夜の繁華街を猛スピードで走り回ることから、昭和40年ごろから「サーキット族」、「街道レーサー」と呼ばれるようになる。
ナイロン製の白いマフラー、革ジャン、ゴーグルなどが主な...

ナイロン製の白いマフラー、革ジャン、ゴーグルなどが主なアイテムだった『カミナリ族』(1959年)

『カミナリ族』(1959年)

『カミナリ族』(1959年)

『カミナリ族』(1959年)

『カミナリ族』(1959年)

オートバイは排気量の大きい750ccのものが憧れの的と...

オートバイは排気量の大きい750ccのものが憧れの的となり「ナナハン族」という呼び名も生まれる。

ナナハン(ホンダCB750)が登場しブームになってから一気に加速したといわれる。

『みゆき族』(1964年)

『みゆき族』(1964年)

『みゆき族』(1964年)

みゆき族(みゆきぞく)とは、既成の秩序にとらわれず、自由な考え方や行動を示す青年達の類型のひとつである。1964年(昭和39年)頃に東京・銀座のみゆき通り近辺にたむろしていたことからのそのように命名された。独自のファッション文化やストリートカルチャーを日本に流行させた。

男性はアイビールックを崩し、バミューダショーツやつんつるてんのコットンパンツといった出で立ちでVANか「JUN」の紙袋や頭陀袋を小脇に抱え、女性は白いブラウスに踵の低いぺったんこの靴、ロングスカート、リボンベルトを後ろ手に締め、頭に三角折りしたスカーフや首にネッカチーフを巻き、そして男性同様に紙袋やズダ袋を抱え、特に何の目的もなくただ銀座みゆき通りをぶらぶらと闊歩することが流行した、こうしてみゆき通りと周辺に集う若者達のことをみゆき族と呼ぶようになった。

このブームは1964年4月28日創刊の週刊誌「平凡パンチ」のアイビーの知名度を上げることに一役かった。彼らが地方からも集まった目的は、買い物のほか、同じ服の趣味の仲間を見つけてつるんだり、互いの趣味を競い合ったり、通りで異性と出会ったりすることだった。

1960年代末に若者文化の中心が新宿に移る以前は、上京した若者が目指す場所は銀座であり、みゆき通りにはVANの大きな店舗があったことから若者はその周辺に集まってぶらぶらと歩いたりグループを組んでショーウィンドーの横に立ったりするようになった。
『みゆき族』(1964年)

『みゆき族』(1964年)

『モンキー族』(1965年)

「モンキーダンス」を踊る若者たち『モンキー族』(1965年)

「モンキーダンス」を踊る若者たち『モンキー族』(1965年)

1965(昭和40)年8月7日、「モンキーダンス」を踊る若者たち。前に出した両手を交互に振り、膝で拍子を取る格好はサルの身ぶりにも似て、こう呼ばれた。
モンキーダンスは、ダンスのジャンルの一つ。手を上下に動かして踊ることが猿に似て、非常にユーモラスなことから名づけられた。主に、1960年代に大流行した。

『原宿族』(1966年)

『原宿族』(1966年)

『原宿族』(1966年)

原宿族は深夜になると表参道にたむろしていた。
『原宿族』(1966年)

『原宿族』(1966年)

『六本木族』

79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

日活ロマンポルノ45周年記念シリーズとして「団鬼六 修道女縄地獄」など10作品がDVD・Blu-ray化!!

ミドルエッジ男子必見!1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして蘇りました。
隣人速報 | 8,638 view
少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家で知られるいがらしゆみこが、銀座のランドマークのひとつ「GINZA SIX」6Fのプレミアムフードホール「銀座大食堂- GINZA GRAND Premium Food Hall -」にて、期間限定カフェをオープンしました。
隣人速報 | 617 view
ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

太田出版より、ミドルエッジ男子であれば誰もがお世話になった“エロ本”の歴史を特集した書籍「日本エロ本全史」が現在好評発売中です。
隣人速報 | 18,169 view
元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドルとして数々の雑誌を彩ったアグネス・ラムの未公表写真が45年ぶりに発掘!それらを1冊にまとめたデジタル写真集「アグネス・ラム 砂浜の恋人」が、小学館より現在好評発売中です。
隣人速報 | 13,288 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 963 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト