70年代の日本を震撼させた「青酸コーラ無差別殺人事件」による自販機ジュースの変遷とは?
2019年10月2日 更新

70年代の日本を震撼させた「青酸コーラ無差別殺人事件」による自販機ジュースの変遷とは?

皆さんは1977年に発生した「青酸コーラ無差別殺人事件」を覚えていますでしょうか?東京と大阪の電話ボックスなどに「青酸入り」のコーラが置かれ、それを飲んだ人が次々に倒れ、死者を出す惨事となった事件です。

7,204 view

70年代の日本を震撼させた「青酸コーラ」!!

皆さんは1977年に発生した「青酸コーラ無差別殺人事件」を覚えていますでしょうか?東京と大阪の電話ボックスなどに「青酸入り」のコーラが置かれ、それを飲んだ人が次々に倒れ、死者を出す惨事となった事件です。

 (2094099)

瓶入りのコーラ。

※画像はイメージです。事件とは無関係です。

1977年1月、第一の事件が発生。

第一の事件が起こったのは1977年1月3日。東京・品川の公衆電話に置かれていた未開封のコーラを拾った当時16歳の男性が、飲んだ直後に倒れ意識不明の重体に。その後病院に運ばれたものの、まもなく死亡しました。検死の結果、死因は青酸中毒と判明。警察は事件として捜査することとなります。
 (2094045)

こちらは青酸カリの写真。

翌日、早くも第二の事件が!!

翌1月4日、第一の事件でコーラが置かれていた公衆電話から600メートルほど離れた場所で、当時46歳の男性が倒れているのが発見され、まもなく死亡が確認されました。現場にはコーラの瓶が発見され、そこから青酸反応が検出。
 (2094769)

こちらは懐かしのピンク電話。

※画像はイメージです。事件とは無関係です。
第一・第二の事件は同一犯の可能性が極めて高いと警察は判断。ターゲットがコーラであったことからコーラが人気の若者世代、および毒物の入手が容易な塗装業者などをあたったものの、犯人の特定には至らず。結局、この二つの事件は1992年に公訴時効を迎え、迷宮入りとなってしまいました。

大阪で第三の事件が起こる!!

二つの事件が立て続けに起こった1か月後、2月13日に再び事件が起こります。大阪・藤井寺市の公衆電話にコーラの瓶が置かれ、それを飲んだ当時39歳の男性が意識不明に。コーラからは、やはり青酸反応が検出されました。なお、この事件で男性は一命をとりとめたのですが、「世間に顔向けできない」として自殺を図ってしまいました。結果的に被害者が亡くなってしまうという、何とも後味の悪い結末となりました。
 (2094145)

こちらは「いえ世間に負けた~♪」と歌った当時のヒット曲「昭和枯れすすき」。

コーラだけでなくチョコからも青酸が検出!!

第三の事件が起きた日の翌日である2月14日、今度は東京・八重洲で不審なチョコレートが発見されました。後日そのチョコの製造者が調査したところ、青酸化合物が検出。また「オコレル ミニクイ ニホンジンニ テンチュウヲ クタス(驕れる醜い日本人に天誅を下す)」という脅迫文も添えられていました。その後も都内でチョコに毒物が混入する事件が相次ぎ、一連の事件との関連を調べたのですが、物証に乏しくこちらも青酸コーラ同様に迷宮入りとなってしまいました。

こちらはお菓子に毒物を入れた同様の事件であるグリコ・森永事件。

※画像はイメージです。事件とは無関係です。

事件を教訓に、食の安全性が向上!!

一連の事件を受けて、コカ・コーラを始めとした飲料会社は対応を協議。瓶の自動販売機の数を減らし、一度開栓したら元に戻せない「プルトップ」の缶ジュースの自販機が主流となりました。

この手のタイプの缶ジュースが主流となりました。
また瓶ジュースについても、初開封時に封印のリング状の部分がちぎれて落ちる構造とし、一目で開封済みか否かが判るようになりました。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

市原悦子戦慄!?事件現場にありそうな「鈍器のようなもの」がカプセルトイになって登場!!

市原悦子戦慄!?事件現場にありそうな「鈍器のようなもの」がカプセルトイになって登場!!

株式会社ブシロードクリエイティブが展開するオリジナルカプセルトイブランド『 TAMA‐KYU(たまきゅう)』より、「鈍器のようなもの」が発売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 848 view
キツネ目の男はいなかった!?事件関係者の証言を集めた『昭和10大ミステリー新証言録』が発売決定!!

キツネ目の男はいなかった!?事件関係者の証言を集めた『昭和10大ミステリー新証言録』が発売決定!!

宝島社より、グリコ・森永事件をはじめとした昭和を代表する重大事件を特集した書籍『キツネ目の男はいなかった 昭和10大ミステリー新証言録』の発売が決定しました。
隣人速報 | 4,301 view
歴史的事件が一面にズラリ!ゴミで出た「古新聞」がやたら古過ぎるとネットで大きな話題に!!

歴史的事件が一面にズラリ!ゴミで出た「古新聞」がやたら古過ぎるとネットで大きな話題に!!

新聞を購読している方であれば、必ず貯まる「古新聞」。このたびツイッター上にて「やたら古過ぎる」古新聞が大量に発見されたと、大きな話題となっています。
隣人速報 | 2,544 view
70年代より話題となった「ストックホルム症候群」が発生した人質事件!同症候群から派生した「リマ症候群」とは?

70年代より話題となった「ストックホルム症候群」が発生した人質事件!同症候群から派生した「リマ症候群」とは?

古今東西の人質事件・誘拐事件で頻繁に起こるストックホルム症候群、およびリマ症候群について書いてみたいと思います。
チ-5号、チ-37号、和D-53号、ダビデの星が描かれた謎の紙幣…日本犯罪史に名を残す「偽札事件」の数々!!

チ-5号、チ-37号、和D-53号、ダビデの星が描かれた謎の紙幣…日本犯罪史に名を残す「偽札事件」の数々!!

社会秩序の根底を揺るがす「偽札」。昭和から平成にかけて、様々な偽札が流通する事件が世間を賑わせてきました。この記事では、そんな日本の偽札事件を特集したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト