2017年8月5日 更新

刑事ドラマのテンプレートを作った『刑事コロンボ』の名推理

よれよれのレインコートにもじゃもじゃのヘアースタイル。安物の葉巻にボロボロの車。そんなうだつの上がらない風貌の刑事が、鋭い推理で犯人を追い詰めていく。1960年代の終わりから21世紀初頭まで、世界中の人々に愛され、刑事ドラマの一つの形式を完成させた、刑事コロンボの魅力とはどんなものなのでしょうか。

2,135 view

刑事コロンボとは?

1968年NBCの単発ドラマとして制作された「殺人処方箋」で、ピーター・フォークがコロンボ刑事として初めて登場しました。
 (1900640)

元々は舞台で評判だったものをテレビドラマに仕立てたものですが、非常に好評だったため、1971年からNBCミステリームービーの中の1枠としてシリーズ化されました。NBCミステリーの他の番組には「署長マクミラン」「警部マクロード」などがあります。日本ではNHKで土曜夜のゴールデンタイムに放送され、大人気番組となりました。

Columbo opening

NBCミステリームービーは1977年に終了しましたが、コロンボは1978年まで、7シーズンに渡って45回放送されました。
その後10年のブランクを開けた1989年、今度はNBCからABCに放送局を移し、「新刑事コロンボ」として制作されます。
 (1900639)

少々髪も白くなって再登場
人気ドラマが、配役や設定を変えてリメイクされる、という事はたまにありますが、主役も設定もそのままに、テレビ局を移動して放送されるというのは、かなりレアなケースですね。
製作のペースは次第に落ちていきますが、2003年まで24回放送されています。
1968年のパイロット版から数えると、合計69回、足掛け35年に渡って続いた、超ロングランの作品です。

コロンボ作品の特徴

コロンボ作品の特徴と言えば、物語の冒頭に犯人がわかる倒叙モノという点。
推理モノなのに、犯人がわかったところから始まるというのは、とても斬新でした。推理モノは犯罪のトリックに重きをおく場合が多いですが、最初に犯人を見せる事によって、次第に追い詰められていく犯人の心理状態が、物語の肝になっています。
ドラマや映画の場合、犯人が最初に判る利点は、大物の俳優さんをキャスティングしやすいという事。
犯人が判らない場合、登場人物の中に大物の役者さんがいれば、何となくあの人が犯人なんだろうなぁ、と視聴者に察しが付いてしまいがちです。
しかし最初から犯人の役者さんが判っていれば、そのような視聴者の「しらけ」もなく、むしろ役者さんの演技を楽しめます。またドラマの宣伝もしやすいでしょうし、今度は誰が犯人なんどろう、というような楽しみ方も生まれるものです。
 (1900645)

オスカー女優:リー・グラント
実際にコロンボの犯人役には、アカデミー賞やエミー賞、ゴールデングローブ賞などを受賞した、名優さん達がたくさん出演していて、これがまたコロンボの見どころにもなっています。

キャスト

コロンボ:ピーター・フォーク

ロス・アンジェルス市警の刑事。警察の階級は日本とは異なるため、実は警視、もしくは警部補かもしれない説もありますが、吹き替えでは一応「警部」という事になっています。
ヨレヨレのレインコートにもじゃもじゃの髪がトレードマーク。安物の葉巻とオンボロの車を愛用。
ピーター・フォーク

ピーター・フォーク

「ウチのカミさんがね」と言うのが口癖。因みに後に放送された「ミセス・コロンボ」は、コロンボの奥さんを連想させはしますが、原作者の反対を押し切って制作された全くの別物。
ピーター・フォークは1927年生まれ。41歳から70歳を超えるまで、コロンボを演じ続けた事になりますね。
コロンボのキャラクターを特異なものにするため、フォーク自身の発案で、雨の少ないカリフォルニアなのに、ヨレヨレのレインコートを愛用するようにしたそうです。しかもフォークの私物だとか。

水野晴郎 『刑事コロンボ-二枚のドガの絵』紹介

本編が必ず見たくなる、水野晴郎さんのコロンボ解説。
1989年からの新シリーズでは、フォークもプロデューサーとして製作に加わっています。
フォークはコロンボの演技により、エミー賞とゴールデングローブ賞を受賞しています。

日本語版声優

小池朝雄

日本でコロンボが一躍ヒーローに躍り上がった、功労者と言えば吹き替えの小池朝雄さんの存在は欠かせないでしょう。
気だるくて、チョッと喰えないようなよう口ぶり、ウチのカミさんが~のお馴染みのセリフ回し。コロンボのキャラクターを鮮明にした名吹き替えです。
ピーター・フォーク出演のCMにも、小池氏の声もセットで出演してました。

サントリーオールドCM ピーター・フォーク

小池朝雄さんの吹き替えで

石田太郎

新刑事コロンボが始まる際には、小池氏は既に他界していたので、同じ劇団の後輩だった石田太郎さんが、後を継ぐ事になりました。
声質も言い回しも、先代の小池氏とよく似た雰囲気で、コロンボの世界の続きを、味わい深く楽しませてくれました。

1995 TOYOTA COROLLA Ad

石田太郎さんの吹き替え

コロンボの愛車

プジョー403カブリオレ

 (1900641)

1959年製
全長×全幅×全高  4,470×1,670×1,485mm
最高出力    53.4ps/4,900rpm
最大トルク  10.7kgm
エンジン  水冷4気筒OHV
総排気量  1,468cc
車両重量  1,090kg
プジョー403がコロンボの愛車に選ばれた理由は特になく、何となく偶然に傍にあったからだそう。1989年に新シリーズが始まる際には、別の車体をコレクターの方から借りたそうです。
愛犬の「ドッグ」と

愛犬の「ドッグ」と

偶然の産物にしては、あまりにもコロンボのキャラクターにマッチしていますよね。時々調子が悪くなるのも愛嬌があって、特に同伴する刑事を伴わないコロンボにとっては、愛犬の「ドッグ」と共に、ピッタリの相棒と言えるかもしれません。

刑事コロンボが与えた影響

倒叙モノ

コロンボ登場以前の推理モノと言えば、事件が発覚した後、犯人は誰かを探っていくのが醍醐味というか王道でした。
もちろん現在でもそれは変わっていませんが、最初に犯人が視聴者や読者に知らされて、刑事がいかにして犯人に辿り着くか、そして追い詰められる犯人の心情を楽しむ、という「倒叙モノ」というスタイルは、コロンボが拡めた刑事ドラマのスタイルと言っていいでしょう。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

【70年代歌手】「私バカよねぇ」から始まった細川たかしの演歌歌手人生の天国と地獄

【70年代歌手】「私バカよねぇ」から始まった細川たかしの演歌歌手人生の天国と地獄

70年代半ばに妻子を故郷に残し1人上京した細川たかしがデビューから紅白常連歌手へと変わっていく歴史を振り返る。数々のヒット曲はもちろんその歌唱力、声量に驚かされる歌声をじっくり堪能してみよう!
はんまのまま | 3,960 view
YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。

YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。

確かにイエロー・マジック・オーケストラは、日本の音楽の歴史を塗り替え、世界的にも多くのアーティストに多大な影響を与えました。しかし、細野晴臣がYMOを結成する前に作り上げた一連のソロ・アルバムの素晴らしさときたら筆舌に尽くし難いものがあります。全作名盤というマニアのものだけにしておくには勿体ないですよ!
obladioblada | 1,174 view
今やスナック菓子は星の数ほどあり、おやつに困ることはありませんが、「それにつけてもおやつはカール」。この言葉に嘘はありません。

今やスナック菓子は星の数ほどあり、おやつに困ることはありませんが、「それにつけてもおやつはカール」。この言葉に嘘はありません。

飽食の時代と言われて久しいのですが、カールが生まれた1968年はまだまだおやつを選べるほど豊かではありませんでした。そんな時代から現在まで我々のおやつ事情をささえてきたカールのキャラクター「カールおじさん」をまとめてみました。
obladioblada | 679 view
遡るシリーズ!【1973年・昭和48年】のアレコレを振り返る

遡るシリーズ!【1973年・昭和48年】のアレコレを振り返る

この年、世界ではベトナム戦争におけるアメリカ軍の撤退が行われ、日本では第四次中東戦争の影響を受け、オイルショックでモノ不足・大手商社の買い占め等がありました。そんな1973年の出来事を振り返ってみたいと思います(^^)/
つきねこ | 6,510 view
70年代のセックス・シンボル「ファラ・フォーセット」。全世界で1200万枚も売れた伝説のポスターは今でも新鮮!

70年代のセックス・シンボル「ファラ・フォーセット」。全世界で1200万枚も売れた伝説のポスターは今でも新鮮!

70年代にセックス・シンボルとして世界中の男性をとりこにしたファラ・フォーセット。ファラ・フォーセット・メジャーズと名乗って出演していたテレビ番組「チャーリーズ・エンジェル」は日本でも大ヒットしました。その当時発売されたファラ・フォーセットのポスターは、なんと1200万枚も売れたそうですよ。
obladioblada | 5,679 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト