刑事ドラマのテンプレートを作った『刑事コロンボ』の名推理
2017年8月5日 更新

刑事ドラマのテンプレートを作った『刑事コロンボ』の名推理

よれよれのレインコートにもじゃもじゃのヘアースタイル。安物の葉巻にボロボロの車。そんなうだつの上がらない風貌の刑事が、鋭い推理で犯人を追い詰めていく。1960年代の終わりから21世紀初頭まで、世界中の人々に愛され、刑事ドラマの一つの形式を完成させた、刑事コロンボの魅力とはどんなものなのでしょうか。

2,495 view

刑事コロンボとは?

1968年NBCの単発ドラマとして制作された「殺人処方箋」で、ピーター・フォークがコロンボ刑事として初めて登場しました。
 (1900640)

元々は舞台で評判だったものをテレビドラマに仕立てたものですが、非常に好評だったため、1971年からNBCミステリームービーの中の1枠としてシリーズ化されました。NBCミステリーの他の番組には「署長マクミラン」「警部マクロード」などがあります。日本ではNHKで土曜夜のゴールデンタイムに放送され、大人気番組となりました。

Columbo opening

NBCミステリームービーは1977年に終了しましたが、コロンボは1978年まで、7シーズンに渡って45回放送されました。
その後10年のブランクを開けた1989年、今度はNBCからABCに放送局を移し、「新刑事コロンボ」として制作されます。
 (1900639)

少々髪も白くなって再登場
人気ドラマが、配役や設定を変えてリメイクされる、という事はたまにありますが、主役も設定もそのままに、テレビ局を移動して放送されるというのは、かなりレアなケースですね。
製作のペースは次第に落ちていきますが、2003年まで24回放送されています。
1968年のパイロット版から数えると、合計69回、足掛け35年に渡って続いた、超ロングランの作品です。

コロンボ作品の特徴

コロンボ作品の特徴と言えば、物語の冒頭に犯人がわかる倒叙モノという点。
推理モノなのに、犯人がわかったところから始まるというのは、とても斬新でした。推理モノは犯罪のトリックに重きをおく場合が多いですが、最初に犯人を見せる事によって、次第に追い詰められていく犯人の心理状態が、物語の肝になっています。
ドラマや映画の場合、犯人が最初に判る利点は、大物の俳優さんをキャスティングしやすいという事。
犯人が判らない場合、登場人物の中に大物の役者さんがいれば、何となくあの人が犯人なんだろうなぁ、と視聴者に察しが付いてしまいがちです。
しかし最初から犯人の役者さんが判っていれば、そのような視聴者の「しらけ」もなく、むしろ役者さんの演技を楽しめます。またドラマの宣伝もしやすいでしょうし、今度は誰が犯人なんどろう、というような楽しみ方も生まれるものです。
 (1900645)

オスカー女優:リー・グラント
実際にコロンボの犯人役には、アカデミー賞やエミー賞、ゴールデングローブ賞などを受賞した、名優さん達がたくさん出演していて、これがまたコロンボの見どころにもなっています。

キャスト

コロンボ:ピーター・フォーク

ロス・アンジェルス市警の刑事。警察の階級は日本とは異なるため、実は警視、もしくは警部補かもしれない説もありますが、吹き替えでは一応「警部」という事になっています。
ヨレヨレのレインコートにもじゃもじゃの髪がトレードマーク。安物の葉巻とオンボロの車を愛用。
ピーター・フォーク

ピーター・フォーク

「ウチのカミさんがね」と言うのが口癖。因みに後に放送された「ミセス・コロンボ」は、コロンボの奥さんを連想させはしますが、原作者の反対を押し切って制作された全くの別物。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ヴィレッジ・ピープルの代表曲のカバーをオリジナルと聴き比べてみた!

ヴィレッジ・ピープルの代表曲のカバーをオリジナルと聴き比べてみた!

色物的な見られ方をすることの多いヴィレッジ・ピープル。しかし、彼らは大きな功績を残しています。世界中で多くのアーティストがヴィレッジ・ピープルの曲をカバーしヒットさせていることがその証拠です。ヒットしただけあってどのカバーも良くできているんです。オリジナルと比較してみました。面白いですよ。
obladioblada | 719 view
70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

母国では今でも国民的歌手として人気の高いミッシェル・ポルナレフ。日本でも70年代は絶大な人気を誇っていたのですが、日本とフランスでは受け入れられ方が違い、違う曲がヒットしていました。日本オリジナルのジャケットやタイトル曲で本国とは少し違うイメージ作りをして、それが成功したんですね。
obladioblada | 642 view
軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

世良公則&ツイストがデビューした当時、日本ではまだロックは市民権を得ていませんでした。つまり商売にならんと音楽界からは相手にされていなかったのです。曲もさることながらボーカルやバンドのスタイルをはじめメディア戦略まで彼らが成し遂げた功績は大きく偉大なのです!
obladioblada | 2,113 view
刑事ドラマ車両対決!あなたはどっち派?「F31レパードV.S.マシンRS」

刑事ドラマ車両対決!あなたはどっち派?「F31レパードV.S.マシンRS」

あぶない刑事と言えばF31レパード、西部警察と言えばマシンRS!「F31レパードV.S.マシンRS」あなたはどっち派ですか?
1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

自身最大のヒット曲「いまのキミはピカピカにひかって」は、斉藤哲夫にとって異質と言えるものです。デビュー当時は哲学者と呼ばれたこの天才は、数こそ少ないものの、ヒットこそしなかったものの、実に味わい深い曲を残しています。
obladioblada | 1,199 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト