シルバー世代に人気の曲は何なのか?DAMが「敬老の日」カラオケランキングを発表!!
2017年9月17日 更新

シルバー世代に人気の曲は何なのか?DAMが「敬老の日」カラオケランキングを発表!!

株式会社第一興商が、高齢者向けのカラオケ機器におけるリクエストランキングの調査を実施しました。我々の親にあたるシルバー世代に人気の曲は何なのか?敬老の日に向けてチェックしておきましょう!

895 view

敬老の日特集!DAMがシルバー世代のカラオケランキングを発表!

株式会社第一興商は、9月18日の「敬老の日」に先立ち、高齢者施設などで導入されている生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」の推奨機「FREE DAM HD」と「FREE DAM」におけるカラオケリクエストランキング調査を実施しました。
 (1919737)

高齢者施設などに導入されている、DKエルダーシステム推奨機 「FREE DAM HD」。

調査の結果「青い山脈」が堂々の1位に!!

調査の結果、藤山一郎・奈良光枝の「青い山脈」が堂々の1位に!同曲は1949年の発表以来、美空ひばりや桑田佳祐等多くのアーティストにカバーされている国民的な楽曲です。

青い山脈 藤山一郎さん  奈良光枝 さん 原曲

年齢問わず、誰もが一度は聴いたことがある名曲です。1位になるのも納得!
 (1919789)

あの桑田も「ひとり紅白歌合戦」で青い山脈をカバーしてます!!

2位から10位も昭和の名曲がズラリ!

2位から10位までにランキングした楽曲も、昭和を代表する演歌・歌謡曲がズラリ!シルバー世代がカラオケを通じて、昔を懐かしんでいることが伺えますね。
 (1919788)

※画像はイメージです。

1位から10位まで、昭和の名曲を全部ご紹介!!

今回の調査でランクインした、昭和の名曲を一挙にご紹介します。シルバー世代とカラオケに行くなら知ってて損はないですよ!

調査期間:2016年9月1日~2017年8月31日
株式会社第一興商 FREE DAM HD/FREE DAM調べ

10位:舟木一夫「高校三年生」

1963年にリリースされた舟木一夫のデビューシングル「高校三年生」。舟木一夫の代表曲として有名ですよね。累計売上はなんと230万枚!当時はオリコンが発足していなかったため、オリコンの記録には載っていません。
 (1919776)

9位:水前寺清子「三百六十五歩のマーチ」

演歌歌手としてヒット曲を連発していた水前寺清子が、1968年に発売した「三百六十五歩のマーチ」。演歌をメインに活動していただけに当初は歌いたくなかったそうですが、結果的に大ヒットとなり、本人も今ではこの曲を誇りに思っているとのこと。
 (1919777)

 (1919778)

演歌歌手らしからぬ、マーチングバンドのドラムメジャー姿になった水前寺。確かに違和感があったんでしょう!

8位:千昌夫「星影のワルツ」

1966年に発売された千昌夫の代表曲「星影のワルツ」。1966年に発売されたにもかかわらず、1968年から集計が開始されたオリコンチャートで、170万枚を超える売上を記録しました。驚異的なロングヒットです!
 (1919779)

7位:美空ひばり「川の流れのように」

1989年に発売された、美空ひばりの「川の流れのように」。1月11日発売で、今回のランキングでは唯一の「平成」の楽曲です。
 (1919780)

6位:岡晴夫「憧れのハワイ航路」

1948年に発表された岡晴夫の「憧れのハワイ航路」。終戦直後の大ヒット曲のひとつです。1981年にはサザンもライブでカバーしています。
 (1919781)

あこがれのハワイ航路/岡 晴夫(本人ステージ)

曲名を言われてもピンと来ないかもしれませんが、実際に聴いてみればわかると思います!

5位:大川栄策「さざんかの宿」

1982年に大川栄策が発表した「さざんかの宿」。1983年のオリコンで年間1位を記録した、驚異的なヒット曲です。まだまだ演歌が強い時代でしたね。
 (1919782)

4位:坂本九「上を向いて歩こう」

1961年にオリジナル版が発売された「上を向いて歩こう」。日本のみならず、全世界でヒットしました。
 (1919783)

Sukiyaki, The Blue Diamonds 1963

世界中でカバー曲が発表されました。こちらはドイツのバンド「ブルー・ダイヤモンズ」が発表したドイツ語版の「上を向いて歩こう」です。

3位:岡本敦郎「高原列車は行く」

1954年に発表された「高原列車は行く」。沼尻軽便鉄道の情景を書いた歌詞と、岡本敦郎のはずむ様な歌声がピタリとはまって大ヒットを記録しました。歌詞に「五色の湖」などとあり、福島県磐梯地方のご当地ソングにもなっています。
 (1919784)

2位:千昌夫「北国の春」

49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 115,803 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 94,616 view
32年越しの快挙!荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」がオリコンカラオケチャートで首位を獲得!

32年越しの快挙!荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」がオリコンカラオケチャートで首位を獲得!

80年代を代表する荻野目洋子の大ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が、2018年1月15日付のオリコンの週間カラオケランキングで初の1位を獲得しました。昨今の「バブル期」ブームはここまで盛り上がってます!
隣人速報 | 2,289 view
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 8,509 view
「美空ひばり生誕80周年チャリティー」に、五木ひろし、坂本冬美、さだまさしら豪華メンバーが集結!

「美空ひばり生誕80周年チャリティー」に、五木ひろし、坂本冬美、さだまさしら豪華メンバーが集結!

国民的歌手、故・美空ひばりさん(享年52)の生誕80周年を記念したチャリティーコンサートが開催され、五木ひろしをはじめ、坂本冬美、さだまさしら豪華アーティスト全22組が集結した。
red | 253 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト