つけ麺の元祖「大勝軒」が期間限定でカレーライスを提供!故・山岸一雄氏の『秘蔵のレシピ』シリーズ第2弾!!
2016年8月22日 更新

つけ麺の元祖「大勝軒」が期間限定でカレーライスを提供!故・山岸一雄氏の『秘蔵のレシピ』シリーズ第2弾!!

大勝軒TOKYOが運営する「お茶の水、大勝軒」は8月23日から、“ラーメンの神様”こと故・山岸一雄さんの「秘蔵のレシピ」シリーズ第2弾として、40年ぶりに「カレーライス」を復刻販売する。価格は770円。辛さは控えめで子どもから大人まで楽しめる。

1,513 view

元祖つけ麺の「大勝軒」が期間限定でカレーライスを提供!

大勝軒TOKYOが運営する「お茶の水、大勝軒」は8月23日から、“ラーメンの神様”こと故・山岸一雄さんの「秘蔵のレシピ」シリーズ第2弾として、40年ぶりに「カレーライス」を復刻販売する。
第1弾では「冷やし五目そば」が復刻販売された。
山岸一雄の「秘蔵のレシピ」シリーズ第2弾は「カレー」!

山岸一雄の「秘蔵のレシピ」シリーズ第2弾は「カレー」!

「お茶の水、大勝軒」

「お茶の水、大勝軒」

つけ麺のイメージが強い大勝軒だが、1961年の創業当時はつけ麺以外にもタンメンやチャーハン、カレーライスなどのメニューを提供していた。だが、つけ麺が人気となったことでしだいにつけ麺以外のほとんどのメニューが封印されていたという。
創業当時のメニュー

創業当時のメニュー

山岸氏は神奈川・横須賀で育ち、海軍だった父親に連れられて、「海軍カレー」を食べることが何よりの楽しみだったそう。その後、修行して中野大勝軒で店長を務めるようになってから、中華料理店ながら、幼少期より大好きだった「カレーライス」を提供することにした。

山岸流カレーライスは豚肉、玉ねぎ、にんじん、ジャガイモをラードで炒め、大勝軒のラーメンスープに、カレー粉と“秘密の隠し味”を加えてじっくり煮込んだオリジナルカレー。
ラーメン用の仕込みですでに5時間以上煮込んだ大勝軒のスープを使うことがコクの決め手だそうだ。
子どもから大人まで楽しめるよう、辛さは控えめ。

提供は期間限定で「お茶の水、大勝軒」で味わうことが出来る。
期間は8月23日から11月30日までの予定。価格は770円。
「大勝軒」創業者、山岸一雄氏

「大勝軒」創業者、山岸一雄氏

「つけ麺の生みの親」と呼ばれた山岸一雄氏

やまぎし かずお。
長野県中野市生まれ。4歳の時に父の勤務先だった神奈川県横須賀市に転居。

東京都豊島区東池袋にあったラーメン店「東池袋大勝軒」の創業者。
日本におけるつけ麺の普及に広く貢献し「つけ麺の元祖」や「つけ麺の生みの親」と呼ばれ広く親しまれた。
かつての「東池袋大勝軒」

かつての「東池袋大勝軒」

父親が日本海軍の職業軍人であったことが影響し、小さい頃は海軍の軍人になるのが夢であった。しかし、終戦によってその夢もなくなり、早く東京に出て働いて家族に仕送りしたいと思うようになったという。

1951年、「兄貴」と慕っていた坂口正安に勧められ、一緒のラーメン屋(修行店)に勤め始める。
その後、修行店から坂口が独立する際に行動を共にし、「大勝軒」(中野店)を立ち上げた。この店名は「大きく軒並みに勝る」と言う言葉に由来している。
1961年に「東池袋大勝軒」として独立創業(暖簾分け)した。
特製もりそば 650円

特製もりそば 650円

※2004年5月頃
もともと修行店時代から賄食としていた、「湯呑み茶碗にスープと醤油を入れたものに、残ってしまった麺を浸したもの」がつけ麺の原型であった。
それを食していた際に、客が関心を示したことから、メニュー化へ向け試行錯誤が始まった。
研究を行い、その後常連客に試食させたところ評判が良かったのでメニューの一品として提供されることになった。

1955年「特製もりそば」として供されたものが、メニュー化された最初のつけ麺といわれ、山岸氏はその考案者として広く認知されている。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

フレッシュネスバーガーが創業25周年!創業時のメニュー「ネギミソバーガー」を復刻発売!!

フレッシュネスバーガーが創業25周年!創業時のメニュー「ネギミソバーガー」を復刻発売!!

ハンバーガー好きに根強い人気を誇る「フレッシュネスバーガー」が今年で創業25周年を迎えます。それを記念し、創業当時の人気メニュー「ネギミソバーガー」が復刻!また、ハロウィン企画も同時開催しています。今年のハロウィンはフレッシュネスで決まり!
隣人速報 | 1,116 view
ラーメンの鬼・故「佐野実さん」の人気ラーメンが3品限定復活!

ラーメンの鬼・故「佐野実さん」の人気ラーメンが3品限定復活!

故「佐野実さん」の人気ラーメンが期間限定で復活!「支那そばや」30周年を記念し、新横浜ラーメン博物館でイベントが行われている。ラーメンの鬼の傑作から3品がファン投票で選出された。テレビ番組「ガチンコ!」での活躍も合わせてお伝えする!
絶滅した?復刻した?自転車の汚れを取ってくれる虹色の「ハブ毛」とは?

絶滅した?復刻した?自転車の汚れを取ってくれる虹色の「ハブ毛」とは?

虹色の見た目も印象的な「ハブ毛」とは、覚えてはいるけど、実際は何の用途なの?という方に簡単に解説する記事です!絶滅の危機に見舞われていたことも併せてご紹介します!
昭和の懐かしいカレー◎あまり知られていないCMとカレールウ誕生秘話

昭和の懐かしいカレー◎あまり知られていないCMとカレールウ誕生秘話

子供の頃に家で食べたカレーの味を覚えているだろうか?カレーといえば、CM。60年代から70年代の意外な芸能人が出演していたカレーのレトロ広告、あまり知られていないテレビCMを日本のカレーライスの歴史とカレールウ誕生秘話を交えながら、ご紹介。
昔懐かしい「インスタントラーメン」CMと誕生秘話

昔懐かしい「インスタントラーメン」CMと誕生秘話

世界初のインスタントラーメンは日本人が発明した。子供の頃に食べた即席ラーメンは、いつ、どのようにして生まれたのか?1960年前後から70年代までに販売された袋麺の誕生秘話や当時のエピソードをまとめてみた。CMや発売された年の出来事とともに、記憶の中にある懐かしいインスタントラーメンよ甦れ!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト