ヤクルトの外野守備を支えた名手・飯田哲也!1993年日本シリーズの70mバックホームは圧巻!
2018年7月17日 更新

ヤクルトの外野守備を支えた名手・飯田哲也!1993年日本シリーズの70mバックホームは圧巻!

90年代のヤクルトスワローズ黄金期を支えた守備の名手・飯田哲也。1993年西武ライオンズとの日本シリーズでのバックホームやTBS「スポーツマンNo.1決定戦」での俊足ぶりは圧巻でした。飯田哲也の野球人生を振り返ります。

1,519 view

90年代のヤクルト黄金期を守備で支えた「飯田哲也」

1990年、ヤクルトスワローズの監督に野村克也が就任。1992年には14年振りの優勝に導きました。
以降、常勝軍団となっていくヤクルトスワローズですが、外野の守備を支えたのが飯田哲也でした。

俊足を生かした広い守備エリアで、安定した守りを築き、1991年から1997年までゴールデングラブ賞(外野手部門)に輝いた球界屈指の名手として知られています。
1998プロ野球チップス第1弾「飯田哲也」

1998プロ野球チップス第1弾「飯田哲也」

【ポジション】外野手、二塁手、捕手
【生年月日】1968年5月18日
【身長】173cm
【体重】72kg
【所属球団】ヤクルトスワローズ (1987 - 2004)、東北楽天ゴールデンイーグルス (2005 - 2006)

1993年の日本シリーズ第4戦、飯田哲也のバックホームがヤクルトスワローズを救った!

ヤクルトスワローズ対西武ライオンズという前年と同じ顔合わせとなった1993年の日本シリーズ。ヤクルトスワローズにとっては前年3勝4敗で惜しくも日本一を逃しているので、雪辱戦となりました。

ヤクルトスワローズの2勝一敗で迎えた10月27日の第4戦で、飯田が強肩ぶりを発揮してチームの勝利に繋げた印象的なシーンが生まれました。

プロ野球ニュース1993日本シリーズ ヤクルト対西武

6:45~ 飯田のバックホームが生まれるシーン

※動画はリンク切れの場合がございます。
試合はヤクルトスワローズ・川崎憲次郎と西武ライオンズ・石井丈裕による投手戦となりました。3回まで0が並ぶ緊迫した試合でしたが、4回に均衡が破れます。レギュラーシーズンで12勝を挙げていた石井からヤクルトが1点を奪い、貴重な先制点を獲得します。

その後、7回まで再び0行進が続くなか、今度は西武ライオンズが逆転のチャンスを得ます。二死一、二塁の場面で鈴木健が打席に立ちます。鈴木は川崎の146Km/hの初球をセンター前へと打ち返し、球場の誰もが西武ライオンズが1点を返すのを確信しました。
1993年、日本一に輝いたヤクルトスワローズ

1993年、日本一に輝いたヤクルトスワローズ

しかし、前進守備していたセンターの飯田がこのボールに素早く反応し、正確なバックホームを見せ、二塁走者・笘篠誠治を刺す事に成功します。結局、この後も西部ライオンズは得点を奪えず、1-0でヤクルトスワローズが勝利。日本シリーズに王手を掛けました。

この70m近いダイレクトのバックホームで、俊足の笘篠を刺したプレーは飯田の守備力を象徴するシーンとして語り草となっています。また、飯田自身も生涯での守備のベストプレーに挙げています。

90年代ヤクルトを代表する選手のひとり

拓殖大学紅陵高等学校では捕手を務め、3年次には春夏続けて甲子園に出場。俊足と強肩、ホームランを打つなどの打撃力が認められ、1986年 のドラフトでヤクルトに4位指名され、プロ入りを果たしました。

入団後、徐々に出場機会を増やした飯田でしたが、1990年に野村克也監督により外野へとコンバートされます。これが転機となり頭角を現し始めます。
野村克也著書 「ノムダス 勝者の資格」

野村克也著書 「ノムダス 勝者の資格」

同年はレギュラー陣の怪我もあり、センターにショート、セカンドとポジションが固定されないシーズンを送りますが、翌年にセンターに固定され、直後から「天職」と呼ばれるほどの巧みな外野守備を見せ、打撃の好調さも手伝って1番打者としてレギュラーを任されました。

以降も27連続盗塁のセリーグ記録を樹立しての盗塁王獲得や勝負強いバッティングを見せるなど、優れた1番打者として、黄金期を迎えるヤクルトにとって欠かせない選手となっていきます。
飯田哲也 直筆サインカード

飯田哲也 直筆サインカード

しかし、脱臼や骨折などを繰り返すようになり、シーズンを通しての活躍を出来ない年が度々続くなど、怪我との闘いを強いられました。それでも高い守備力は健在で、試合終盤の守備固めで出場するなど、「飯田=守備」をより印象付けました。

TBS「スポーツマンNo.1決定戦」で俊足ぶりを披露!

俊足のプレーヤーは数多くいますが、飯田ほど本業以外で目立った選手はそう多くないのではないでしょうか。
90年代のTBS系人気番組「スポーツマンNo.1決定戦」で、飯田は初出場だった第1回でスピード系2種目を含む3種目制覇で総合No.1を獲得。翌年筋肉番付にて行われた、スピードバトルではSHOT-GUN-TOUCHで12m50cmの初代世界記録を樹立するなど、強烈なインパクトを残しています。
スポーツマンのイメージ

スポーツマンのイメージ

同番組の人気種目(コーナー)で「DASH/ダッシュ」という50m走があり、飯田はそこでも活躍します。第1回プロスポーツマン大会のNo.1タイム出叩き出した6秒29は、陸上競技用スパイクを履けば5秒台に相当すると言われ、野球のグラウンドを飛び出してもなおその俊足ぶりを見せつけてくれました。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

両打ちでファンを魅了した松井稼頭央が引退へ。歴代のスイッチヒッターには柴田勲やデストラーデも

両打ちでファンを魅了した松井稼頭央が引退へ。歴代のスイッチヒッターには柴田勲やデストラーデも

西武の松井稼頭央選手が、今季限りでの現役引退を決断したことが明らかとなりました。日米通算25年、最強のスイッチヒッターとの呼び声の高かった松井の引退に、関係者は騒然となっています。
隣人速報 | 2,483 view
西武黄金期の助っ人!オレステス・デストラーデが再び所沢でホームランを放つ!?8月5日イベント開催!

西武黄金期の助っ人!オレステス・デストラーデが再び所沢でホームランを放つ!?8月5日イベント開催!

西武ライオンズ黄金時代の助っ人!オレステス・デストラーデさんが、8/5(日)、対北海道日本ハムファイターズ戦の試合前(17:40頃)に、メットライフドームフィールドで行なわれる「みんなでBOOM!!!オーレのホームランチャレンジ」に登場します!
7月20日、西武球場(現メットライフドーム)に森祇晶元監督が来場!1994年勇退以来にユニフォームを着用!

7月20日、西武球場(現メットライフドーム)に森祇晶元監督が来場!1994年勇退以来にユニフォームを着用!

プロ野球・西武ライオンズの黄金時代を築いた森祇晶元監督が、7月20日(金)に行なわれる対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、埼玉県所沢市のメットライフドームに来場する事が発表されました。森さんの西武ライオンズのユニフォーム姿が見られるのは1994年の勇退以来。
【200勝目前で引退】マイペースな男【石井一久さん】

【200勝目前で引退】マイペースな男【石井一久さん】

1992年にヤクルトに入団、エースとして活躍し、大リーグでも活躍。その後日本に戻りプレー、182勝と、あと18勝で200勝の大台にのせられたのにあっさり引退してしまった、不思議な男、石井一久さん。その生活は几帳面なところとズボラなところの両極端。石井さんの人となりをご紹介します。
ジバニャンLOVE | 1,779 view
日本シリーズ史上最も劇的!杉浦享の代打サヨナラ満塁ホームラン(1992年)

日本シリーズ史上最も劇的!杉浦享の代打サヨナラ満塁ホームラン(1992年)

1992年、黄金期の西武に野村ヤクルトが初挑戦した日本シリーズ第一戦。延長12回1死満塁で打席に立ったのはベテラン杉浦享。日本シリーズ史上最も劇的なホームランと言われる仕事人の一振りを紹介。
百本ノック | 15,933 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト