ヤクルトの外野守備を支えた名手・飯田哲也!1993年日本シリーズの70mバックホームは圧巻!
2018年7月17日 更新

ヤクルトの外野守備を支えた名手・飯田哲也!1993年日本シリーズの70mバックホームは圧巻!

90年代のヤクルトスワローズ黄金期を支えた守備の名手・飯田哲也。1993年西武ライオンズとの日本シリーズでのバックホームやTBS「スポーツマンNo.1決定戦」での俊足ぶりは圧巻でした。飯田哲也の野球人生を振り返ります。

3,262 view
俊足を活かした走塁も見ものだった!

俊足を活かした走塁も見ものだった!

2006年に楽天で引退

2002年に左ひざ後十字靱帯を故障し、シーズンの大半を棒に振ると、野球協約を超える50%減の年俸5,000万円で契約更改。2004年には出場がわずか3試合と、前年の66試合と比べても激減します。するとチームの構想から外れてしまいます。

そして、指導者の誘いを断り、当時新規参入チームであった東北楽天ゴールデンイーグルスに引退後のコーチ就任を条件として無償トレードで移籍しました。
野村監督のID野球を体現した飯田

野村監督のID野球を体現した飯田

2005年の初年度の東北楽天ゴールデンイーグルスは、開幕前からささやかれていた「シーズン100敗」こそ免れたものの、最終成績は38勝97敗1分(勝率.281)と低迷します。
飯田は54試合に出場。規定打席には届かなかったものの331の打率を残しています。

東北楽天ゴールデンイーグルス時代は二軍生活も長かったものの、2006年のシーズン終盤にはここぞの勝負強さを発揮。適時打でチームの勝利に貢献するなど、いぶし銀の働きを見せました。また、経験値の低い若手選手に自身の経験を伝える役割も担うなど、ベテランとして振る舞います。

そして、翌シーズンからヤクルトスワローズ時代の恩師である野村克也が監督を務める事が決定。その野村の勧めもあり、同年限りで引退を決意します。2007年から古巣のヤクルトスワローズの二軍外野守備・走塁コーチに就任しています。

各データ

【タイトル】
盗塁王:1回 (1992年)

【表彰】
ベストナイン:1回 (外野手部門:1992年)
ゴールデングラブ賞:7回 (外野手部門:1991年 - 1997年)
JA全農Go・Go賞:2回 (好走塁賞:1995年4月、強肩賞:1995年9月)
日本シリーズ優秀選手賞:2回 (1992年、1993年)
ゴールデンスピリット賞 (2002年)

【現役時代の背番号】
「58」 (1987年 - 1990年)
「2」 (1991年 - 2006年)
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

両打ちでファンを魅了した松井稼頭央が引退へ。歴代のスイッチヒッターには柴田勲やデストラーデも

両打ちでファンを魅了した松井稼頭央が引退へ。歴代のスイッチヒッターには柴田勲やデストラーデも

西武の松井稼頭央選手が、今季限りでの現役引退を決断したことが明らかとなりました。日米通算25年、最強のスイッチヒッターとの呼び声の高かった松井の引退に、関係者は騒然となっています。
隣人速報 | 2,745 view
西武黄金期の助っ人!オレステス・デストラーデが再び所沢でホームランを放つ!?8月5日イベント開催!

西武黄金期の助っ人!オレステス・デストラーデが再び所沢でホームランを放つ!?8月5日イベント開催!

西武ライオンズ黄金時代の助っ人!オレステス・デストラーデさんが、8/5(日)、対北海道日本ハムファイターズ戦の試合前(17:40頃)に、メットライフドームフィールドで行なわれる「みんなでBOOM!!!オーレのホームランチャレンジ」に登場します!
7月20日、西武球場(現メットライフドーム)に森祇晶元監督が来場!1994年勇退以来にユニフォームを着用!

7月20日、西武球場(現メットライフドーム)に森祇晶元監督が来場!1994年勇退以来にユニフォームを着用!

プロ野球・西武ライオンズの黄金時代を築いた森祇晶元監督が、7月20日(金)に行なわれる対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、埼玉県所沢市のメットライフドームに来場する事が発表されました。森さんの西武ライオンズのユニフォーム姿が見られるのは1994年の勇退以来。
【200勝目前で引退】マイペースな男【石井一久さん】

【200勝目前で引退】マイペースな男【石井一久さん】

1992年にヤクルトに入団、エースとして活躍し、大リーグでも活躍。その後日本に戻りプレー、182勝と、あと18勝で200勝の大台にのせられたのにあっさり引退してしまった、不思議な男、石井一久さん。その生活は几帳面なところとズボラなところの両極端。石井さんの人となりをご紹介します。
ジバニャンLOVE | 2,102 view
日本シリーズ史上最も劇的!杉浦享の代打サヨナラ満塁ホームラン(1992年)

日本シリーズ史上最も劇的!杉浦享の代打サヨナラ満塁ホームラン(1992年)

1992年、黄金期の西武に野村ヤクルトが初挑戦した日本シリーズ第一戦。延長12回1死満塁で打席に立ったのはベテラン杉浦享。日本シリーズ史上最も劇的なホームランと言われる仕事人の一振りを紹介。
百本ノック | 20,841 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト