リンチや陵辱、暴力にエロ。怨みはらしますの映画「さそり・シリーズ」の梶芽衣子は美しすぎっ!
2018年10月27日 更新

リンチや陵辱、暴力にエロ。怨みはらしますの映画「さそり・シリーズ」の梶芽衣子は美しすぎっ!

伝説の映画といっていいでしょう。目を覆いたくなる暴力シーンと、目を見開いて凝視せずにはいられないエロシーン。それを美しいにも程がある70年代の梶芽衣子が演じているんです。そりゃ、もう、観ない手はありませんね。

9,127 view

篠原とおる

ヒロイン・アクション劇画のパイオニアといえば、それはもう篠原とおる。70~80年代は特に人気で多くの作品がテレビ・映画化されました。
そんな篠原とおる の代表作のひとつが「さそり」です。
さそり 女囚701号編

さそり 女囚701号編

1970年に「ビッグコミック」に連載された「さそり」は、漫画家「篠原とおる」が、その独自なスタイルを確立した作品としても知られています。大ヒット!
内容は当時としてはとても過激でセンセーショナルを巻き起こしました。復讐ものと言うだけでも反社会的な作品ですが、主人公が殺人未遂で服役しているという当時としては異常な状況設定。しかも、リンチだなんだと暴力的ときては、もうPTAは黙っていないという代物ですね。
さそり

さそり

漫画のヒットを受けて、1972年から梶芽衣子の主演で映画化されたのですが、これもまたヒットし彼女の代表作となっています。

暴力もあればお色気もあるという、梶芽衣子の主演でシリーズ化された「さそり」。順にご紹介します。

女囚701号 さそり

まず最初に言っておかなければならないのは、代表作となっただけあって「さそり」での梶芽衣子は美しい!70年代の浅野温子といった感じですね。可愛くもあります。
その浅野温子じゃなかった、梶芽衣子が主演する「さそり」シリーズの第一作。それが1972年8月25日公開の「女囚701号 さそり」です。
女囚701号  さそり

女囚701号 さそり

ポスター
ストーリーは、梶芽衣子 演じる女囚の松島ナミが刑務所を脱走し、裏切った男たちに復讐するといった内容となっています。
凄惨なシーンがお色気を伴ってやってきますので、飽きることがありません!
女囚701号さそり

女囚701号さそり

監督:伊藤俊也
脚本:神波史男、松田寛夫
製作:吉峰甲子夫
出演者:梶芽衣子
音楽:菊池俊輔
撮影:仲沢半次郎
編集:田中修
公開:1972年8月25日
上映時間:87分
荒唐無稽なポルノ映画になることを嫌った梶芽衣子が、漫画とはイメージを変えることを提案するのですが、それは主人公がしゃべらないというものでした。大胆ですよねぇ。結果、独特な作品となっています。

Female Prisoner #701: Scorpion (1972) - HD Trailer [1080p] // 女囚701号/さそり

監督も素晴らしく、この作品には独特な演出があります。ガラス張りの床下からのショット、回転する室内セットによる場面転換、暗転などの画面構成などがそうですが、これは伊藤俊也が監督を務めた3作目まで続き、大きな特徴となっています。

女囚さそり 第41雑居房

シリーズ2作目「女囚さそり/第41雑居房」は、1972年12月30日に公開されました。前作から4ヶ月。早いですねぇ、それだけヒットしたということなのでしょう。
女囚さそり 第41雑居房

女囚さそり 第41雑居房

監督:伊藤俊也
脚本:神波史男、松田寛夫、伊藤俊也
製作:吉峰甲子夫
出演者:梶芽衣子
音楽:菊池俊輔
撮影:清水政郎
編集:田中修
公開:1972年12月30日
上映時間:93分
内容は、前作の続編になります。脱走した松島ナミが再び刑務所に入れられ、また脱走するという。警察は何をしているんだという話でもありますが、おかげで松島ナミは脱走の常習犯という有難くないキャッチフレーズを頂戴することに。

女囚さそり 第41雑居房 予告編 -Female Convict Scorpion Jailhouse 41 Trailer-

本作でも伊藤俊也 監督は冴えており、空想世界のような演出で楽しませてくれます。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アニメ・特撮以外の菊池俊輔の音楽!

アニメ・特撮以外の菊池俊輔の音楽!

「恨み節」や大映ドラマなど、菊池俊輔先生の作品はアニメ・特撮のみにとどまりません。日本のテレビ界になくてはならない偉大な作曲家・菊池俊輔先生のアニメ・特撮以外の作品もご紹介します。
金色の女将 | 1,810 view
70年代に、大映テレビが制作した「岡崎友紀」主演のライトコメディシリーズ。

70年代に、大映テレビが制作した「岡崎友紀」主演のライトコメディシリーズ。

大映テレビが制作したライトコメディシリーズによって岡崎友紀はブレイクし、それまでのアイドルの概念を変えてしまいました。70年代の前半は岡崎友紀のものだったといってよいでしょう!
obladioblada | 1,480 view
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 1,480 view
70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に小池一雄とのコンビで爆発的な人気を誇った芳谷圭児の青春エロ漫画。その代表作が「高校生無頼控」です。タイトルからして何やら不穏な感じ。当時はセックスをメインテーマとした作品が一般誌にはなかったんです。大ヒットしたのも頷けます!
obladioblada | 2,736 view
懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

CMはその時代の世相を反映すると言われます。確かに!振り返ると思い当たります。70年代の代表的なCMをピックアップしてみました。さぁ、果たして何が見えてくるでしょうか?
obladioblada | 1,871 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト