【1994年発行のVOW6】チャゲアスの替え歌「税イエス」を扱いクレームに発展!第1刷が自主回収に!
2018年3月30日 更新

【1994年発行のVOW6】チャゲアスの替え歌「税イエス」を扱いクレームに発展!第1刷が自主回収に!

VOWファンの間では伝説の「税イエス事件」。第1刷が自主回収騒ぎになるという「レア本」です。その中から、巻頭のカラーページをご紹介します。

2,178 view

まちのヘンなもの大カタログ「VOW6」の気になるネタ!

宝島社の雑誌「宝島」に掲載され人気を集めたコーナーがありました。それがVOWでした。
雑誌「宝島」は休刊になってしまったようで、別の女性向け雑誌にコーナーは移動したようですが、2016年以降、新しい単行本は発行されていません。

雑誌や新聞の誤植を集めた笑えるネタや街で見つけたヘンなもの(看板・道路標識の誤字や変わった名前の会社・店等)の写真を投稿するコーナーで、雑誌「宝島」でも際立った存在感を放つ特集として人気を獲得しました。

そして、1987年にそれらの秀逸なネタをまとめた単行本『VOW』が発刊されるまでになります。

この記事では1994年に発行された単行本『VOW6』で、個人的に面白かったネタをご紹介致します。チャゲアスや寅さんなど、懐かしいキーワードがございますので、楽しんでいただければ幸いです。
「VOW6」

「VOW6」

※こちらの書籍を参考に記事を作成しております。

チャゲアスの「SAY YES」が役所の広報の替え歌「税イエス」に!。

この「VOW6」の一番の特徴は、何といっても「税イエス事件」でしょう。
wikipediaにも掲載されているこの事件。初刷は回収されるという事態になってしまったようです。

私が持っている「VOW6」は、運よく初刷のもののようで、税イエスが掲載されていました。

自主回収のため、この記事で写真を掲載できないのが残念です。
楽曲に関する出来事
福岡県北九州市の広報誌「市政だより きたきゅうしゅう」に、税金の大切さを説いた本作の替え歌「ゼイイエス」の歌詞が2人の似顔絵とともに掲載されていたというネタが、『VOW6』によって明らかにされた。このネタを偶然目にした事務所関係者が、VOWの発行元である宝島社にクレームを入れた結果、同社が『VOW6』を自主回収する事態にまで発展する(通称:ゼイイエス事件)。
※以下、画像は諸事情により、ページ全体を引用させていただいております。
クリック・タップしていただけると多少拡大されるようです。
ご容赦ください。
宝島社発行「VOW6」10,11ページから引用。 (1990947)

出典 宝島社発行「VOW6」10,11ページから引用。

画像右側に映っている「草ぼうぼうランド」。

上記画像右側の日本三景・宮城県松島にあるという、「草ぼうぼうランド」。
投稿者のコメントによると、前は大迷路だったそうです。

しかし管理が面倒くさくなったのでしょうか、「ええい、雑草をそのまま生やしておけい!」というような感じで、無秩序っぽいランドが出来上がりました。
「自然観察ゾーン」ということなので、まあ、ありのままの自然を体験できるところではありますが、いくらなんでもこの名前は・・・と思います。
やっつけ仕事っぽくて好きですね。

画像左側に映っている「謎の幼稚園」??。

続いてのネタは、上記画像左側の街中に突然現れた、「謎の幼稚園」です。

「な」「ぞ」「の」「幼」「稚」「園」という看板。

この投稿者のコメントが非常に秀逸です。
過去何十冊とVOWシリーズを読んできましたが、トップ3に入るくらい秀逸。
「「は」が抜け替わるお年頃ですからね」と書いてあります。
このようなエスプリを利かせるコメントを自分も書いてみたいものだと思います。

宝島社発行「VOW6」12,13ページより引用。 (1990967)

出典 宝島社発行「VOW6」12,13ページより引用。

東アジアの航空会社は誤植の嵐。

上記画像右側が台湾の航空会社、左側が韓国の航空会社の機内音楽放送のメニューのようです。
誤植が多すぎてチェックしきれません。

台湾から・・・
鈴本雅之「ガラス越いこ消えた夏」
鈴本聖美「ロソリーチセツプリン」
杉母次郎「ANAK(息子)(曲名は合ってる)」
近謄真彦「夕焼けの歌(曲名は合ってる)」
大フコース「きよなら」
チマケ&飛鳥「この恋すいらのガらまわり」
小林明子(歌手名は合ってる)「恋にすちこ」
小母和正「oh!year!(曲名は合ってる)」
而城秀樹「抱きしめてツルバ」

・・・韓国編は次に譲ります。

韓国では・・・。

中山美穂「幸せになために」
「洪田麻里」
楠瀬誠志郎「季節なとラリ過ぎても」
フレフト&バター「Fine line」
CHANGE&ASKA「Say yes」
EPO「子たリの Desting」
極めつけはまったく意味不明
「サチユーニツり・ニこーサー」
さらに「都はるみ全曲集」
「アソコ椿は恋の花」

ハングル語により歌手不明
「ギンギヲギンにさいけさい」
「わかっこ下さい」
「サナコ」
宝島社発行「VOW6」18,19ページより引用。 (1990987)

出典 宝島社発行「VOW6」18,19ページより引用。

画像右側のネタ「三波春夫さん専用駐車場」??。

三波 春夫(みなみ はるお、1923年7月19日 - 2001年4月14日、本名・北詰 文司(きたづめ ぶんじ))は、新潟県三島郡越路町(現・長岡市)出身の浪曲師、演歌歌手。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

誤植ネタの宝庫【VOW6】から秀逸作をご紹介!ドラマ「赤い衝撃」で山口百恵と三浦知良が共演!?キングカズと?

誤植ネタの宝庫【VOW6】から秀逸作をご紹介!ドラマ「赤い衝撃」で山口百恵と三浦知良が共演!?キングカズと?

1994年に発行された、宝島社発行「VOW6」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、懐かしそうなものをピックアップしてご紹介します。
「布袋演奏」?ネタの宝庫【VOW6】からロックミュージシャンの誤植特集!人の名前を勝手に変えるな!!

「布袋演奏」?ネタの宝庫【VOW6】からロックミュージシャンの誤植特集!人の名前を勝手に変えるな!!

1994年発行の、宝島社発行「VOW6」。雑誌や新聞のおかしなモノ満載の「くだらない」ネタを集めたコーナーの単行本です。20年以上たって見返すと、「懐かしいなー」と思える芸能ネタがありましたので、そこからご紹介します。
ジバニャンLOVE | 3,562 view
ミュージシャンが餌食に!!【VOW PLUS!1】1994年発行

ミュージシャンが餌食に!!【VOW PLUS!1】1994年発行

1994年に発行された宝島社発行「VOW PLUS! 1」。惜しくも1年に1冊(当時)発行されていた「正規の(?)」VOWシリーズから漏れたネタの中から秀逸なものを再取り込みした、いわば「増刊号」です。その中から、バンド関係者が餌食になったネタをご紹介します。
1996年【VOW PLUS!3】にみる芸能人広告!ワープロの資格広告で片桐はいりが四角を取ってハイリましょう!

1996年【VOW PLUS!3】にみる芸能人広告!ワープロの資格広告で片桐はいりが四角を取ってハイリましょう!

1996年に発行された、宝島社発行「VOW PLUS!3」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、1990年代に活躍しながらVOWネタにされてしまった有名人のネタをご紹介します。
イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

1995年に発行された、宝島社発行「VOW7」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、1990年代に活躍しながらVOWネタにされてしまった珍名さんたちをピックアップしてご紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト