長友とも同僚だったインテルのサネッティ!背番号4は永久欠番!
2016年11月25日 更新

長友とも同僚だったインテルのサネッティ!背番号4は永久欠番!

セリエAとアルゼンチンを代表するサッカー選手だったハビエル・サネッティ。特にインテルでの活躍は素晴らしく、セリエAのスクデット獲得やチャンピオンズリーグ優勝の原動力であった。ただ、ワールドカップとは少し相性が悪かった。

1,641 view

インテルのレジェンド!ハビエル・サネッティ!!

ハビエル・アデマール・サネッティ
1973年8月10日生まれ。アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身。
178センチ、73キロ。

ポジションはディフェンダーもしくはミッドフィルダー。
ハビエル・サネッティ

ハビエル・サネッティ

アルゼンチンを代表するサッカー選手。

クラブチームとしては、日本代表の長友佑都が所属する(2016年7月時点)イタリア・セリエAのインテルのレジェンドの一人。
1995年に移籍してからは、現役を終えるまでインテル一筋だった。
インテルの背番号「4」は永久欠番!

インテルの背番号「4」は永久欠番!

選手としての特徴は、ユーティリティ性が非常に高く、左右両サイドのディフェンダー・ミッドフィールダーとしてプレーすることができた。アルゼンチン代表では右サイドバックを担当した。

その屈強さ、弾力性、スタミナ、右サイドバックを務めた時の攻撃性能などから、イタリアではイル・トラクトーレ(Il Tractore=トラクター、スペイン語でEl Tractor エル・トラクトルとも)と呼ばれる。
長友とも同僚だった!

長友とも同僚だった!

ハビエル・サネッティの来歴

プロサッカー選手の兄・セルヒオの影響で13歳の時インディペンディエンテの少年チームに加入するが、メンバーを外されてしまう。

1992年より地元アマチュアクラブのタジェーレスでプレーしていたが、1993年、19歳の時パンフィールドに加入、同年プロ・デビュー。豊富な運動量で高い評価を受けた。

そして代表チームの監督となったパサレラの目にとまり、代表のメンバーに加えられることとなったが、全く無名と言って良い存在だった。
脱マラドーナを目指すパサレラにとっては初めての試みだった。
アルゼンチン代表でプレー!

アルゼンチン代表でプレー!

1995年にイタリア・セリエAのインテルへ移籍。1995年に会長に就任したマッシモ・モラッティが最初に獲得した選手となった。

移籍当初、サネッティはイタリア風の名前(サネッティは曾祖父がイタリア人のためイタリア系アルゼンチン人であり、Zanettiはイタリアの苗字である)のために他の選手と間違えて獲得したのではないかとジョークにされるほどであったが、1997-1998シーズンのUEFAカップ優勝を皮切りに次々とタイトルを獲得。
モラッティ会長とサネッティ!

モラッティ会長とサネッティ!

1997-98シーズンにはUEFAカップでの優勝に貢献。

決勝(ラツィオ戦)ではチーム2点目となるゴールを決めている。
1999年にはジュゼッペ・ベルゴミが現役引退し、サネッティがキャプテンを引き継いだ。

2000年にはリーガ・エスパニョーラの強豪レアル・マドリードへの移籍を考えたが、モラッティ会長と話し合ってインテル残留を決めた。
1997-98シーズン サネッティのユニフォーム

1997-98シーズン サネッティのユニフォーム

年齢を重ねて更に老獪さが増した!

年齢を重ねて更に老獪さが増した!

ワールドカップとはあまり相性が良くない!?

現役生活中にFIFAワールドカップは5度行われたが、サネッティは1998 FIFAワールドカップと2002 ワールドカップの2度しか出場できなかった。

2006 FIFAワールドカップと2010 FIFAワールドカップのメンバー選外は物議を醸し、特に2010 FIFAワールドカップは大会前のシーズンであった2009-2010シーズンにインテルで3冠を達成する原動力となっていたため、大きな波紋を呼んだ。
1998年フランスワールドカップでは、日本とも対戦!

1998年フランスワールドカップでは、日本とも対戦!

出場した1998年のフランスワールドカップ、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では、前半終了間際にフアン・セバスティアン・ベロンのフリーキックから2-2となる同点ゴールを決めた。

2002年の日韓ワールドカップでは、死の組と呼ばれたグループで3位となってしまい、決勝トーナメントに進めずにアルゼンチンは姿を消した。
2002年日韓ワールドカップ

2002年日韓ワールドカップ

前列右から3番目がサネッティ
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【サッカー列伝】獅子王ガブリエル・バティストゥータは、引退後にプレーの代償と戦っていました

【サッカー列伝】獅子王ガブリエル・バティストゥータは、引退後にプレーの代償と戦っていました

元アルゼンチン代表のガブリエル・バティストゥータは、現役時代荒々しいまでの点取り屋として名を馳せました。しかし、引退後はそのダイナミックなプレーの代償である足首の痛みと戦っていました。それも強烈な痛みでした。
ひで語録 | 9,487 view
クライフに見出されたアイスマン・ベルカンプ!トラップで既にゴールは決まっていた!

クライフに見出されたアイスマン・ベルカンプ!トラップで既にゴールは決まっていた!

冷静沈着かつ正確無比なプレースタイルで印象的なゴールを数多く決めたデニス・ベルカンプ。その落ち着きぶりから「アイスマン」と呼ばれた。1998年フランスワールドカップの準々決勝のアルゼンチン戦で挙げたゴールなどを特集する。
ひで語録 | 2,924 view
鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

Jリーグ黎明期に、ジーコに誘われ鹿島アントラーズに入団。相手ゴール前でリフティングを駆使してDFをかわしながら決めたゴールは今も語り草になっている。1994年のワールドカップでは、肘打ちにより退場してしまった、貴公子・レオナルドを特集する。
ひで語録 | 4,574 view
多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

アルゼンチン代表として3大会に出場したファン・セバスチャン・ベロン。父親も名選手だった。セリエAのパルマ、ラツィオで活躍した。長短織り交ぜたパスで世界中のサッカーファンを魅了し続けた。
ひで語録 | 1,964 view
フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

ディエゴ・マラドーナの再来と言われたドリブラー・オルテガは問題児だった。プレイではマラドーナ程のインパクトは残せなかったものの、W杯には1994年、1998年、2002年とメンバー入りしている。また、フランスW杯では日本代表と対戦している。
ひで語録 | 6,311 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト