’92の阪神は亀新フィーバー!眼鏡のスライディング王・亀山努!
2016年11月25日 更新

’92の阪神は亀新フィーバー!眼鏡のスライディング王・亀山努!

阪神タイガースの外野手・亀山努。現役時代は「平成のスライディング王」と呼ばれ、「亀新フィーバー」で新庄剛志と活躍!眼鏡を掛けた野球選手でもあり、双子の弟・忍は俳優である。現在はすっかり太ってしまった亀山努も特集!!

6,436 view
あのスポーツマンの亀山は何処へ?

あのスポーツマンの亀山は何処へ?

2005年11月の時点では、現役当時より44kg増の120kgであった!
BEFORE!AFTER!!

BEFORE!AFTER!!

左が努で、右が努!
ほんとに同一人物かっ!?
野球少年に指導する亀山努

野球少年に指導する亀山努

背中で語る亀山!

「亀新フィーバー」以降の亀山は怪我に苦しみ、28歳で引退!

1993年には前述のヘッドスライディングキャッチで怪我をした。

1994年は開幕スタメンに名を連ねるが、三塁のトーマス・オマリーが守備難で一塁へ、一塁だった新外国人選手のロブ・ディアーが右翼手へ、左翼手にはオリックスからFA移籍してきた石嶺和彦がいた為、右翼手の亀山は5月以降控えに甘んじた。

その後、ディアーが不振で入れ替わる形で右翼手のレギュラーに復帰。復帰後は規定打席には到達できなかったが自己最高の9本塁打を記録安定した活躍を見せた。

しかし、1995年は開幕早々、守備で同僚のグレン・デービスと衝突し腰椎骨折。以降ほとんど一軍出場なしに終わる。

1997年に球団から戦力外通告を受けてしまう。
近鉄の佐々木恭介監督の強い誘いを受け、秋季キャンプにテスト生として参加し、佐々木がフロントに亀山の獲得を進言した。しかし、保有選手数に余裕がないことを理由にフロントがこれを却下した。

他球団のテスト受験も考えていたが、時期的にどの球団も受け入れられる状態ではなく、復帰を断念し28歳の若さで現役引退となった。
左打者・亀山努

左打者・亀山努

引退後はタレント業の傍ら、少年野球チーム・枚方リトルの監督に就任した。
枚方リトルを1999年に少年野球世界大会優勝に導き、野球の育成世代に対して貢献した。

2001年からは、プロ野球マスターズリーグ・大阪ロマンズに参加し、巨人対阪神OB戦で活躍した。
また、大阪でのラジオDJも好評である。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

1997年に超大型助っ人として阪神に入団した「グリーンウェル」って覚えてますか?この記事では彼の成し遂げた数々の伝説について書いてみたいと思います。
となりきんじょ | 10,386 view
「しくじり先生」に元阪神・新庄剛志が登場!番組史上最大級のお金に関する失敗談を披露!現在住むバリ島から緊急来日!

「しくじり先生」に元阪神・新庄剛志が登場!番組史上最大級のお金に関する失敗談を披露!現在住むバリ島から緊急来日!

人気バラエティ「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」に、元プロ野球選手で、メジャーリーグでも活躍した新庄剛志と、「進ぬ!電波少年」(日本テレビ)で人気者になったお笑いタレントの坂本ちゃんが登場する。
【スター選手の引退試合・阪神タイガース編】(掛布・川藤・和田)

【スター選手の引退試合・阪神タイガース編】(掛布・川藤・和田)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここでは阪神タイガースで活躍した選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください。
和尚 | 2,915 view
【野田浩司】「逃した野田」は大きかった!?トレードで花開いた「お化けフォーク」の使い手

【野田浩司】「逃した野田」は大きかった!?トレードで花開いた「お化けフォーク」の使い手

「暗黒時代」阪神のエースとしてローテーションを守っていた野田浩司投手は、電撃的なトレードによってオリックスに移籍する。このトレードが彼とオリックスの運命を大きく変えていく。その一方、野田投手を放出した阪神は…。
和尚 | 13,170 view
【星野伸之】130km/hのストレートを150km/h以上にも見せた『遅球王』

【星野伸之】130km/hのストレートを150km/h以上にも見せた『遅球王』

150km/hの速球を軽々とスタンドに放り込む強打者達のバットが、彼の細腕から放たれた130km/h代の直球によって次々と空を切っていく。その「遅球」を駆使し、11年連続2桁勝利を達成。オリックスの連覇にも貢献した星野伸之投手の球歴を振り返る。
和尚 | 14,432 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト