’92の阪神は亀新フィーバー!眼鏡のスライディング王・亀山努!
2016年11月25日 更新

’92の阪神は亀新フィーバー!眼鏡のスライディング王・亀山努!

阪神タイガースの外野手・亀山努。現役時代は「平成のスライディング王」と呼ばれ、「亀新フィーバー」で新庄剛志と活躍!眼鏡を掛けた野球選手でもあり、双子の弟・忍は俳優である。現在はすっかり太ってしまった亀山努も特集!!

5,701 view

眼鏡なのにヘッドスライディングを炸裂させる亀山努!

かめやま つとむ。
1969年7月2日生まれ。 双子の弟・忍がいる(詳しくは後述)。
鹿児島県奄美大島出身(生まれは大阪府大阪市港区)。
身長176 cm体重77 kg。

阪神タイガース (1988 - 1997)。右投げ左打ち。現役時代は外野手。
愛称は亀ちゃん、亀さん、亀。
阪神タイガース・亀山努

阪神タイガース・亀山努

出典 ameblo.jp
現役時代は「平成のスライディング王」と呼ばれる程、トレードマークとして人気があった。
また、眼鏡を掛けた野球選手でもあった。
背番号は1988年から1991年までが「67」、1992年から1997年までが「00」だった。

1997年に引退後はタレントに転身し「亀山つとむ」と改名。
マスターズリーグ・大阪ロマンズの選手、モルツ球団の選手としても活躍。
背番号「00」!!

背番号「00」!!

1992年、「亀新フィーバー」に沸いた阪神タイガース!

亀新フィーバー(かめしんフィーバー)とは1992年にそれまで5年間で最下位4度と低迷していた阪神タイガースが、亀山努と新庄剛志の「亀新コンビ」などの活躍により、阪神ファンを熱狂させたことである。

この年は6年ぶりにシーズン後半まで優勝争いを演じ、最終的にはAクラスの2位となった。主催試合の入場者数は前年の180万人台から日本一となった1985年をも上回る約285万人に増えた。
「亀新フィーバー」のお二人

「亀新フィーバー」のお二人

新庄剛志(左)、亀山努(右)
「週刊ベースボール」の亀新特集

「週刊ベースボール」の亀新特集

1992年の阪神タイガースは、中村勝広監督の3年目のシーズンである。

前年まで2年連続最下位、この年も最下位の呼び声が高い中、前年9月に5連続完投勝利を演じた投手陣は、本拠地阪神甲子園球場のラッキーゾーンが撤去された事も有利に働き、エースに成長した仲田幸司、防御率リーグ2位の中込伸、6月14日にノーヒットノーラン達成の湯舟敏郎ら先発陣と、ストッパーに起用された2年目の田村勤などの活躍で12球団ダントツのチーム防御率2.90を記録。
懐かしの「ラッキーゾーン」!

懐かしの「ラッキーゾーン」!

また、このシーズン前に大洋から獲得したジム・パチョレックは勝負強い打撃で、前年から加入したトーマス・オマリーとあわせて攻撃力を向上させた。
新人では、久慈照嘉が高い守備力でベテランとなっていた平田勝男に代わって遊撃手に定着した。

こうしたチーム力の向上に加えて、前年まで一般にはまったく無名だった亀山・新庄という二人の若手外野手が大きく脚光を浴び、注目されることになった。
無名だった彼らが抜擢された背景には、上記のラッキーゾーン撤去により、外野手の守備力向上や、走塁を中心とした機動力が求められていた点が挙げられる。
亀山(前列・中)はすっかり中心選手に!

亀山(前列・中)はすっかり中心選手に!

「ヘッドスライディング」と亀山努

1992年シーズンの亀山は、開幕から一軍で起用され、果敢なヘッドスライディングで大きくアピールした。
一塁への果敢なヘッドスライディングから「平成のスライディング王」との異名を取る程だった。

しかし、翌1993年にはヘッドスライディングキャッチで右肩脱臼。シーズンの大半を棒に振った。
また、1997年に戦力外通告を受け、引退前の最後の試合でもヘッドスライディングをする等、「ヘッドスライディング」は亀山の代名詞であった。
ヘッドスライディングは代名詞!

ヘッドスライディングは代名詞!

亀山は双子!弟は俳優の亀山忍!!

タレント・俳優の亀山忍(しのぶ)は一卵性双生児の弟である。

忍は高校時代に投手を務め、兄・努と兄弟バッテリーを組んでいたが、忍は高校在学中不慮の事故で利き手の大怪我を負い、阪神の入団テストを受験したが不合格だった(努は合格)。
忍はこれを機にタレントに転向する。

ちなみに兄弟2人揃って鹿屋中央高校の調理科に在籍していたことから、調理師資格を持っている。
努自身、現役時代「プロ野球選手になっていなかったら餃子の王将に就職するつもりだった」と語っている。
弟・忍

弟・忍

兄が現役時代の甲子園球場での試合前の練習中、兄がトーマス・オマリーに自身を紹介したところ、「カメヤマのオトウト、ブタね~」と日本語で言われた。

忍の当時の体重は体重100kg程度。
(亀新フィーバーの1992年頃迄は兄同様スリムだった。またこの頃、P&Gの家庭用洗剤のCMで兄弟で共演している)。

現在は現役時代から肥満の傾向があった努の体重が増え、それに対し忍が再びスリムになり、以前と見た目が逆転している。

次ページでは現在の亀山努をご紹介!
もうヘッドスライディングは出来ない?驚愕の体型!
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

1997年に超大型助っ人として阪神に入団した「グリーンウェル」って覚えてますか?この記事では彼の成し遂げた数々の伝説について書いてみたいと思います。
「しくじり先生」に元阪神・新庄剛志が登場!番組史上最大級のお金に関する失敗談を披露!現在住むバリ島から緊急来日!

「しくじり先生」に元阪神・新庄剛志が登場!番組史上最大級のお金に関する失敗談を披露!現在住むバリ島から緊急来日!

人気バラエティ「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」に、元プロ野球選手で、メジャーリーグでも活躍した新庄剛志と、「進ぬ!電波少年」(日本テレビ)で人気者になったお笑いタレントの坂本ちゃんが登場する。
【スター選手の引退試合・阪神タイガース編】(掛布・川藤・和田)

【スター選手の引退試合・阪神タイガース編】(掛布・川藤・和田)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここでは阪神タイガースで活躍した選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください。
和尚 | 2,522 view
【野田浩司】「逃した野田」は大きかった!?トレードで花開いた「お化けフォーク」の使い手

【野田浩司】「逃した野田」は大きかった!?トレードで花開いた「お化けフォーク」の使い手

「暗黒時代」阪神のエースとしてローテーションを守っていた野田浩司投手は、電撃的なトレードによってオリックスに移籍する。このトレードが彼とオリックスの運命を大きく変えていく。その一方、野田投手を放出した阪神は…。
和尚 | 12,663 view
【星野伸之】130km/hのストレートを150km/h以上にも見せた『遅球王』

【星野伸之】130km/hのストレートを150km/h以上にも見せた『遅球王』

150km/hの速球を軽々とスタンドに放り込む強打者達のバットが、彼の細腕から放たれた130km/h代の直球によって次々と空を切っていく。その「遅球」を駆使し、11年連続2桁勝利を達成。オリックスの連覇にも貢献した星野伸之投手の球歴を振り返る。
和尚 | 14,092 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト