今人気の”ものまね”番組の基礎になった伝説の番組『象印スターものまね大合戦』、笑いを誘うと言うより感動することが多かった!!
2017年3月9日 更新

今人気の”ものまね”番組の基礎になった伝説の番組『象印スターものまね大合戦』、笑いを誘うと言うより感動することが多かった!!

現在、各局で放映されているTV番組の中で連続ドラマなどが1クール終了し、新しい物が始まる前には必ずと言って良いほど、”ものまね”番組がオンエアーされている。実はこのような”ものまね”番組の元祖と呼べる伝説的な番組が存在しました。それが『象印スターものまね大合戦』でした。今オンエアーされている”ものまね”番組と比べると、ものまねを披露使用とする「芸能人」の本気度がハンパないことでした。

2,194 view
森進一のものまねを披露する三田明

森進一のものまねを披露する三田明

三田明はかなりデフォルメした森進一のものまねを披露していますが、これは森進一ものまね元祖の堺すすむ直伝のネタです。元々、三田のショーの司会を務めていた堺が三田に伝授したという話を度々、堺自身がテレビで話しています。
上記の写真は三田明が森進一のものまねを披露した時の写真ですが、当時、三田明と言えは超!の付く程2枚目歌手だったのですが、(整形疑惑あり!)森進一のものまねでは一転して顔まで歪めて物凄いカッコになってやっているのには見ている観客や視聴者がドヨメき、爆笑の渦になったのを憶えています。まさに彼が元祖コロッケかもしれませんね。
また、彼の十八番は橋幸夫の「潮来笠」で、目をつぶって聞いていると、まさに本物が歌っているかのような錯覚をしてしまうくらい、似ていました。
WEBでその姿や音源を捜しましたが、あいにく存在しませんでした。今年の1月4日(水) 19:00~21:48 テレビ朝日で『蘇る歌謡曲』という番組で三田明が出演し、コロッケと橋幸夫の「潮来笠」のものまねデュエットをしたそうです。(おしい!!私は見逃しました!!)

男で”ものまねの横綱”と言えるのは、やはり五木ひろしでしょうか!?

ものまねのレパートリーが当時の芸能人男性の中では一番多く、梅沢富美男、森進一、一節太郎、ぴんから兄弟・・・最後には美空ひばりの真似までしていました。まさにタレント(才能)ですね。

【伝説のものまね】ものまね帝王 五木ひろし

ちあきなおみは張出横綱でしょうね!!

ちあきなおみは、島倉千代子や美空ひばりなどが十八番で、三田明に負けず劣らず、今日のコロッケのルーツと思わせるような「顔面模写」付きで、会場を沸かせていた。美空ひばり本人の前で真似してる回では、ひばりも大ウケで爆笑、ご機嫌だったようである。ちあきなおみが芸能界を引退してしまい、本当に残念に思うのははたして私だけでなのでしょうか?

また、ちあきなおみはよく”ものまね”をされる側でもあった。大きな付けぼくろで顔のほくろを強調されていました。今ではコロッケの定番になってしまいましたが・・・

花笠道中 ちあきなおみ(美空ひばりさんの物まね)

形態模写も取り入れて、本人も思わず苦笑します。

極めつきは森昌子!!

まだデビュー間もないながらも、既に人気実力ともに抜群だった森昌子ですが、いかんせん子供みたいな顔と年なので、初めは誰も期待してませんでした。ところが彼女はスターものまねの概念を根底から覆したと言っても過言ではなかった。声は勿論、発声から振りからどれもソックリで、まるでものまね芸人といってもおかしくなかった(言葉は変ですが・・・)。
しかも、そんなレパートリーが他の歌手に比べて異常に多い!!彼女こそこの番組のMVP、最高殊勲歌手と言って良いと思います。
アグネス・チャン、風吹ジュンなど、誰でもできるものは当然として、ポップスからど演歌まで記憶に残る歌声は数知れません。

【伝説のものまね】ものまね女王 森 昌子

ただただ関心してしまいます。

最後に

現在のものまねと当時のものまねを比べると、当時のものまねは、まねされる方に対して敬意があったように思う。歌がうまいとかどうかではなく、この人の真似がしてみたいという感覚である。
本来、赤ちゃんが、母親の真似をして、ことばを覚えるように、こうなりたい、あるいはこんな自分を表現したい、そんな自然の発露ではなかったかと思う。

当時、何よりすぐれているのは、芸能にかける意気込みはもとより、まねをするというより、『させてもらっている』という精神が伝わってくる。そして、自分にない何かを吸収しようとする姿勢や意気込みがある。これが70年という時代人の精神だと思うのである。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

森昌子さんの引退はホント?あなたにとってアイドル、演歌歌手、それともTakaのお母さん?

森昌子さんの引退はホント?あなたにとってアイドル、演歌歌手、それともTakaのお母さん?

伝説の新人発掘オーディション番組「スター誕生」の初代チャンピオンとして1972年にデビューした森昌子さん。 大物演歌歌手と結婚して、その間は家庭優先としてほぼ、芸能界から離れていましたが、離婚を機に復帰、それからは歌手としてだけではなく、バラエティ番組にも積極的に出演するなど、活躍されていました。ここ数年では、世界で活躍している大人気ロックグループの息子さんのファンから、「お母さん」として注目されていました。その森昌子さんが2019年いっぱいで芸能活動を引退すると言います。あえて、引退するというその理由は?
あおい@ | 194 view
1980年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1980年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

80年代に突入し、新しいアイドルが出現したことで、まさしく花盛りとなった日本の音楽業界!1980年もまた素晴らしい曲がてんこ盛りです。シングル年間売り上げの上位10曲、一挙にご紹介します。
obladioblada | 2,663 view
山田太一ドラマの傑作「想い出づくり。」がBS12トゥエルビで5月13日から放送開始!!

山田太一ドラマの傑作「想い出づくり。」がBS12トゥエルビで5月13日から放送開始!!

全国無料放送のBS12トゥエルビより、現在毎週月曜よる7時から放送中の「山田太一ドラマ傑作選」の第2弾として「想い出づくり。」の放送が決定しました。5月13日より放送開始となります。
隣人速報 | 1,269 view
いい夫婦に選ばれた後に離婚した有名人

いい夫婦に選ばれた後に離婚した有名人

1995年から、2011年までに、良い夫婦や理想のパートナーに選ばれた後に離婚をした5組の有名人。出会いと結婚、離婚と再婚を振り返ってみました。
1973年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1973年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1973年といえば日本の音楽業界はフォークソング・ブーム真っただ中。かといってフォークソングばかりが売れていた訳ではありません。日本の音楽史上類を見ない出来事が起こった年でもあるんです。売上枚数で見る1973年のベスト10を発表します!
obladioblada | 783 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト