【マツダ・ロードスター】世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞 初代から振り返る
2016年12月26日 更新

【マツダ・ロードスター】世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞 初代から振り返る

世界でもっとも売れたオープンカーは【マツダ・ロードスター】そんなロードスターは4代目が2016年、世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞しました。初代からロードスターを振り返ってみましょう。

5,678 view

4代目ロードスターが2016年、世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞

世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞

世界カー・オブ・ザ・イヤー受賞

マツダのロードスター(海外名・MX―5)が、「2016年世界カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。ニューヨーク国際自動車ショーで24日発表された。マツダ車では08年のデミオに続いて2度目の受賞となる。同時に発表されたデザイン部門の「世界カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」も受賞した。
海外でも評価されてますね。
4代目ロードスター(ND系 2015年発売)

4代目ロードスター(ND系 2015年発売)

この車、なんと2015~2016年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2016年の「UKカー・オブ・ザ・イヤー」も受賞して世界中でかなり評価が高いですね。

【画像提供:カーセンサーnet】
4代目ロードスター(ND系 2015年発売)

4代目ロードスター(ND系 2015年発売)

【画像提供:カーセンサーnet】
最近のロードスターも良いけど、初代のロードスターだってすごかった!!世界中でオープンカーブームの引き金となった車と言ってもいいかもしませんね。

初代ロードスター NA系(1989年-1998年)

初代 NA系(1989年-1998年)

初代 NA系(1989年-1998年)

マツダMX-5として1989年にシカゴで発表され、日本国内でもユーノス・ロードスターとしてデビューしました。この時代はバブルだった事もあり最も車がうれた時期でもあった。

【画像提供:カーセンサーnet】

スペック(ベースグレード)

寸法 全長3,970mm
全幅1,675mm
全高1,235mm
ホイール
ベース
2,265mm
トレッド 前1,405mm
後1,420mm
車両重量 940kg
総排気量 1,597CC
最高出力 120ps/6,500rpm
最大トルク 14.0kgm/5,500rpm
タイヤ 185/60R14


エンジンルーム

エンジンルーム

ファミリア用のエンジンをベースにした1,600ccの直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載。

【画像提供:カーセンサーnet】
縦置きへの変更や吸排気系の高効率化、バルブタイミングの高回転化、軽量部品の使用などの改良が施された。これらの改良によりファミリアのB6型と較べてレブリミットが200rpm、最高出力が5ps上昇した。
発売当初は、なんとMTのみ!

発売当初は、なんとMTのみ!

ランスミッションは当初は5速MTのみであったが、1990年3月に4速ATが加わった。

【画像提供:カーセンサーnet】
リトラクタブルヘッドライトはこの時代の必須アイテム

リトラクタブルヘッドライトはこの時代の必須アイテム

この時代のヘッドライトはリトラクタブルで定番ですが、点灯中の目を見てやってください、丸いランプが現れ、可愛らしいですね。

【画像提供:カーセンサーnet】
ソフトトップ

ソフトトップ

ソフトトップは手動で幌の開閉をするが操作は簡単。急な雨が降ってきても座席にすわったまま開閉ができる。難点と言えばリヤウインドウはガラスでなくビニールなので劣化すると見づらい。

【画像提供:カーセンサーnet】
取り外し可能なハードトップもあった

取り外し可能なハードトップもあった

オプションですが、ハードトップもありました。

【画像提供:カーセンサーnet】
ドアノブ

ドアノブ

このタイプのドアノブは、今となっては珍しい指を差し込むタイプですね。女性には不評だったとか。

【画像提供:カーセンサーnet】
コクピット

コクピット

インパネまわり、いたってシンプルなデザインですね。

【画像提供:カーセンサーnet】
シート

シート

こちらもシンプルに軽量化を追求したデザインとなった。ちなみに、本皮仕様はスピーカーを内蔵可能なシートもあった。

【画像提供:カーセンサーnet】
助手席・グローブボックス

助手席・グローブボックス

オープンカーでは鍵付きが必須なグローブボックス。

【画像提供:カーセンサーnet】
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マツダ「ロードスター」に30周年記念車が登場!アメリカでは500台が速攻で完売!!

マツダ「ロードスター」に30周年記念車が登場!アメリカでは500台が速攻で完売!!

1989年の発表以来、高い人気を誇るマツダのスポーツカー「ロードスター(Roadster)」。その30周年を記念し、北米マツダがシカゴモーターショー2019にてロードスターの30周年記念車を発表、米国での割り当て分である500台がわずか4時間で完売したことを公表しました。
隣人速報 | 2,085 view
マツダ、ロードスターに初代の「クラシックレッド」カラーを復刻!期間限定で販売!!

マツダ、ロードスターに初代の「クラシックレッド」カラーを復刻!期間限定で販売!!

マツダは、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」に、限定色「クラシックレッド」を新たに設定して、全国のマツダの販売店で予約受付をスタートした。今回、1989年に発売された初代 ロードスターのカラーを採用。
red | 1,875 view
今でも色褪せない「ユーノス」車種百科事典/ロードスター~コスモ編

今でも色褪せない「ユーノス」車種百科事典/ロードスター~コスモ編

バブル期にマツダの販売網拡充のために誕生したブランド・ユーノスは、わずか7年間でその歴史を終えました。欧州車のような洗練されたモデルを目指し、実際ヨーロッパで高い評価を受けたユーノスブランド中から、今回はロードスター、プレッソ、カーゴ、コスモについて振り返っていきましょう。
starsky82138 | 7,914 view
遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車  ミツオカ編

遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車 ミツオカ編

国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日本国産メーカーのルーキー!ミツオカの名車たちよ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
マツダ・ロードスターがついに30周年!「ロードスター30周年ミーティング」に2000台以上のロードスターが集結!!

マツダ・ロードスターがついに30周年!「ロードスター30周年ミーティング」に2000台以上のロードスターが集結!!

広島県三次市のマツダ三次自動車試験場にて、ロードスターの30周年を記念したイベント「ロードスター30周年ミーティング」が開催されました。今回は1999年の10周年、2009年の20周年以来、3回目の開催となります。
隣人速報 | 794 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト