技のデパート舞の海!頭にシリコンを埋め角界へ!猫だましに騙された!
2016年11月25日 更新

技のデパート舞の海!頭にシリコンを埋め角界へ!猫だましに騙された!

「平成の牛若丸」とも呼ばれ、相撲取りらしからぬ軽快さで、大相撲を沸かせた舞の海。猫だましや目回し作戦など実に多彩な技を繰り出し、上位陣を苦しめた小兵・舞の海!通算では5度の技能賞を獲得している。最高位は東小結。出羽海部屋に所属していた。

7,797 view

青森出身の力士・舞の海 秀平!

舞の海 秀平(まいのうみ しゅうへい)。本名は長尾 秀平。
1968年2月17日生まれ。青森県西津軽郡鰺ヶ沢町舞戸町出身。
血液型B型、左利き。

身長171cm、体重101kg。(現在の体格は身長169cm、体重85kg)
舞の海 秀平(まいのうみ しゅうへい)

舞の海 秀平(まいのうみ しゅうへい)

出典 ameblo.jp
得意手は、左差し、下手投げ、内無双、切り返し。
関取時代はその技の多彩さと軽快さから、「技のデパート」(旭鷲山入幕後は「技のデパート・本店」)や「平成の牛若丸」と呼ばれた。

教員試験合格後に一転、相撲界へ!しかし、身長が足らず不合格!

地元青森の鰺ヶ沢第一中学校、木造高等学校を卒業後は、日本大学経済学部に進学した。
各校ではいずれも相撲部に所属していた。

大学卒業後の進路として社会科の教員を選び、山形県の高校教員採用試験にも合格していたが、大学、同郷の後輩である成田晴樹の急死を契機として一転大相撲入りを志すことになる。
これには母親から大反対されるが、母子の縁を切ることで入門を許された。
手形

手形

苦労の末に、相撲界へ進もうとした矢先、まさかの事態に陥る。
身長が日本相撲協会の新弟子検査基準に足りず、不合格となってしまうのだ。

その絶望的な状況でも諦めず、驚きの行動に出る。
当時169cmだった為、なんとか合格しようと手術で頭にシリコンを埋め、身長をかさ増しして2度目の新弟子検査で合格を勝ち取った。

また、目溢しを期待して当時角界のNo.2であった9代出羽海が師匠を務める出羽海部屋を選んだという話もある。

ちなみに後年、後頭部の痛みが出るようになって、2009年にシリコンを除去する手術を受けたそうだ。
彼の合格以後、同じ方法で検査パスを試みる希望者が増えたが、健康上の理由ためこの方法を用いる事は禁止された。その代わり体力テストなどによる第二新弟子検査が導入され、大相撲入門の門戸が広がった。後に豊ノ島が第二検査で入門した初の幕内力士として活躍している。
この時点では既にシリコンが入っている!?

この時点では既にシリコンが入っている!?

合格後は、学生時代の「全日本相撲選手権大会」でベスト32に残った実績が認められて幕下付出(60枚目)資格を取得した。

初土俵は1990年5月場所。四股名は本名である『長尾』だった。
この場所の成績は6勝1敗と優れたものだった。
13日目の取組で唯一6戦全勝だった栃天晃が星違いの琴の若に敗れたため、1敗力士8人による幕下優勝決定戦に出場した(準決勝で、優勝した林に敗れた)。
舞の海

舞の海

初土俵の翌年、新入幕!巨漢・曙に勝利するなど活躍!

1991年9月新入幕。この場所技能賞を獲得。翌11月場所では100kg以上の体重差がある曙に対し三所攻めで攻め勝利し、観衆を沸かせた(なお、何故かこの取り組みの決まり手は『内掛け』となった)。この場所も勝越し、2場所連続で技能賞を獲得した。

当時の幕内平均より50kg以上も軽量であったが、現役時は「猫騙し」「後退する立ち合い」「回転作戦(くるくる舞の海と言われた)」立ち合いでジャンプする「八艘飛び」など変幻自在な取り口を見せ、観衆を大いに沸かせた。
「猫騙し(だまし)」を仕掛ける舞の海(右)

「猫騙し(だまし)」を仕掛ける舞の海(右)

【小錦との取組で大怪我!!】

1996年7月場所、小錦との取組に勝った際、体重差約200kgの小錦が舞の海の左膝へ倒れ込み、左膝内側側副靭帯損傷の大怪我を負い、同場所及び翌9月場所を休場し十両へ陥落した。

1997年5月場所に幕内復帰を果たしたものの、下位に停滞し、1998年3月場所を最後に十両へ再陥落。それでも十両で相撲を取り続けたものの、1999年11月場所には十両10枚目まで落ちていた。

13日目の水戸泉戦で敗れた際に左足首靭帯を損傷、左ふくらはぎも肉離れを起こし14日目を休場、6勝8敗と窮地に追い込まれる。

千秋楽(11月21日)は無理を押して出場するが、若光翔に敗れて幕下陥落が濃厚となり、現役を引退した。

小兵・舞の海の【取組動画集】

【技のデパート】 舞の海 好取組集 【 相撲 】

舞の海 対 小錦 〜小よく大を制す〜

※小錦との激闘を特集した映像。左膝の大怪我の取り組みも収録。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高見山・小錦・曙・武蔵丸】外国人力士の道を切り拓いた先人たちの今を追う。

【高見山・小錦・曙・武蔵丸】外国人力士の道を切り拓いた先人たちの今を追う。

白鵬に代表されるモンゴル出身の力士が上位を独占する状態になって久しい相撲界ですが、かつては外国人力士が物珍しい目で見られた時代もありました。先人の外国人力士が必死に戦い築き上げたからこそ、今日の相撲界があるといっても過言ではありません。そんな外国人力士の先人たちを振り返ります。
青春の握り拳 | 55,650 view
【訃報】元横綱・輪島こと輪島大士さん死去。プロレス、バラエティなどでも活躍

【訃報】元横綱・輪島こと輪島大士さん死去。プロレス、バラエティなどでも活躍

大相撲の元横綱・輪島こと輪島大士さん(本名:輪島博)が9日、亡くなったことが明らかとなりました。70歳でした。
隣人速報 | 1,861 view
武双山!父にシゴかれ相撲版「巨人の星」と呼ばれた小学校時代。朝食は畳2畳分!?

武双山!父にシゴかれ相撲版「巨人の星」と呼ばれた小学校時代。朝食は畳2畳分!?

スピード出世から「平成の怪物」との異名を取った武双山。左肩の脱臼癖から期待された横綱昇進は叶わなかったが、変化を一切しないガチンコ相撲にファンは惹きつけられた。相撲版「巨人の星」と呼ばれた猛特訓の小学校時代も特集する。
ひで語録 | 10,666 view
98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

2017年1月25日、大関・稀勢の里が横綱昇進を決定させた。19年ぶりの日本出身力士の横綱誕生となったが、20世紀最後の日本出身横綱は若貴ブームで有名な若乃花だった。また、稀勢の里が2016年に年間最多勝を獲得するまで、日本出身力士としては若乃花が最後に受賞していた。
ひで語録 | 11,399 view
大分の悪童・千代大海!金髪で九重親方に入門志願するも一喝され改心!

大分の悪童・千代大海!金髪で九重親方に入門志願するも一喝され改心!

大関・千代大海。師匠は元横綱・千代の富士(九重親方)。地元大分では、暴走族を率いて、ヤクザにもスカウトされるなど悪童として有名だった。角界入り後は順調に出世し、大関まで駆け上がるも、その後怪我に苦しんだ。グラドルの川村ひかるとも交際していた千代大海をまとめる!
ひで語録 | 35,670 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト