『スーパーマリオUSA』ってなんでUSA?実は元々はマリオのゲームじゃなかったんです!
2018年6月8日 更新

『スーパーマリオUSA』ってなんでUSA?実は元々はマリオのゲームじゃなかったんです!

『スーパーマリオUSA』とは、任天堂が1992年9月にファミコン用ソフトとして発売したアクションゲームです。本作は番外的な作品で、作品自体は『マリオシリーズ』にしては地味な方ですが知名度はそこそこなのでタイトルだけなら聞いたことがあるという人も多いはず。ですが、なぜ ”USA” なのかを知っている人は少ないのでは? このタイトルには本作の特殊な発売経緯が関係していたのです。…調べてみましょう!

5,456 view
システム
以前からのヒーローであるマリオとルイージのほか、ピーチ・キノピオを加えた4人がプレイヤーキャラクターとして登場する。ゲーム開始時にどれか1人を選んで操作する。4人とも能力特性が異なっており、ステージによってそれぞれ向き不向きがあり、キャラクターの特性を活かして攻略出来る。
クリアまでの時間制限やスコアといったものが無く、ライフ制が採用されていたり、チビキャラではなくライフ満タンで始まったりと、他のファミコン版『マリオシリーズ』のアクションゲームとは様々なシステムが異なります。元となったゲーム『夢工場ドキドキパニック』のゲームシステムを継承しているためですね。
このゲームでは敵や埋まっている野菜、ブロックなどを持ち上げて投げることで敵を倒していきます。敵を踏んでも倒せないことに最初はビビりました。

本作に登場する敵キャラ、「ヘイホー」「ムーチョ」「キャサリン」など、今や『マリオシリーズ』ではお馴染みの面々ですが、実は本作が初登場作品でもあります(もっというと夢工場の時から居たキャラもいます)。
他にも「ルイージ」のバタ足ジャンプ、「ピーチ姫」の空中浮遊と後のシリーズ作品に影響を与えた設定が登場したのもこの『スーパーマリオUSA』からでした。
「ヘイホー」

「ヘイホー」

今となってはすっかりお馴染みのキャラクターですね。ガスマスクをつけた「ヘイホー」の様なキャラ「ムーチョ」というのもいます。
鳥山明氏ではありません。

『スーパーマリオUSA』の評価

ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・7・6・5の合計24点(満40点)、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.22点(満30点)となっている。

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.69    3.24 3.28   3.36  3.54  3.12      20.22

1992年に発売された他のゲームタイトル

・スーパーファミコン『ストリートファイターII』(1992年6月、カプコン)
・スーパーファミコン『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(1992年9月、エニックス)
・スーパーファミコン『マリオペイント』(1992年7月、任天堂)
『ストリートファイターII』

『ストリートファイターII』

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』

『マリオペイント』

『マリオペイント』

因みにいま挙げたソフト3本は、いずれも1992年のファミ通クロスレビュープラチナ殿堂入りを獲得した名作です。この年はプラチナ殿堂入りを果たしたゲームが4本もありました。
このあたりから市場は完全にスーファミが乗っ取り始めましたね。

…何度目のちなみにか分かりませんが、ちなみに『スーパーマリオUSA』はファミコンで発売された最後の『マリオシリーズ』作品でもありました。

筆者の感想

『スーパーマリオアドバンス』

『スーパーマリオアドバンス』

本作と、初代『マリオブラザーズ』がカップリング移植されています。
これはあくまでも個人の見解ですが、本作ほど『マリオシリーズ』でマリオが活躍出来ないゲームもなかなか無いと思います。 マリオ以外の三人にはそれぞれに特技や特徴があるのですが、マリオは器用貧乏過ぎでした。ルイージはジャンプ力の高さ、キノピオは素早さとモノ投げ能力の高さ、ピーチ姫は空中浮遊、ところがマリオは特殊能力といったものは特になく、しかも本作はステージ毎にキャラクター変更が可能なので、各キャラの状況に合った使い方が分かってくるとマリオは消去法で選択肢から消えています。色々な意味で珍しいタイプの『マリオゲーム』でしたね。
ちなみに筆者はルイージがメインでした。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

天使たちの放課後、ミスピーチワールド、ストリップファイターⅡ、ハイレグファンタジー、そしてハッカーインターナショナル! セーフなのかアウトなのかよくわからない〝非公認ゲーム〟についてをまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中。
ニュースFレン | 14,699 view
マリオやリンクが映画デビュー!?任天堂が映画界への参入を計画中!

マリオやリンクが映画デビュー!?任天堂が映画界への参入を計画中!

1985年発売の「スーパーマリオブラザーズ」を大ヒットさせ、世界的ゲームメーカーにまで成長した任天堂。その任天堂が映画業界へ進出の一報が入ってまいりました!過去にはハリウッドが手掛けて「?」となった実写化、今回はうまくいくのでしょうか!?
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 329 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,010 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 532 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト