NHK人形劇☆プリンプリン物語の最終回って結局どうなったの?子供向けだけどシュール
2021年12月18日 更新

NHK人形劇☆プリンプリン物語の最終回って結局どうなったの?子供向けだけどシュール

NHK人形劇と言えば「ひょっこりひょうたん島」が有名ですが、1979年~1982年までNHKで放送された人形劇「プリンプリン物語」覚えていますか?幻の祖国を求めて仲間たちと一緒に冒険の旅に出るプリンプリンでしたが、結局祖国は見つかったのでしょうか?プリンプリン物語の最終回について調査しました!

688 view

プリンプリン物語の概要とあらすじ

プリンプリン物語は1979年4月2日~1982年までNHK総合テレビで放送された人形劇です。
赤ん坊の時になんらかの事情で箱舟で流されたどこかの国の王女様のプリンプリンは、拾ってくれた漁師に15歳まで育てられました。
まだ見ぬ祖国と両親を探して、仲間たちと共に世界中を旅する物語です。
実はどこかの国の王族という設定は、キン肉マンと一緒ですね。
(ちなみにキン肉マンは、キン肉族の国王と王妃の両親が新婚旅行中にブタと間違えて宇宙船から捨てられ、地球に流れ着いています)
キン肉マンと違って、プリンプリンが流されたなんらかの事情は明かされていないので、気になります。
主題歌(ハッピーアドベンチャー)とプリンプリンの声は、「まちぶせ」でブレイクした石川ひとみです。

プリンプリン物語テーマソング 【 プリンプリン物語 】

こちらは↓石川ひとみの代表曲「まちぶせ」
トシちゃん(田原俊彦)にアヒルに似ていると言われていた記憶がありますが、可愛いです。

石川ひとみ まちぶせ

登場人物

プリンプリン物語の登場人物の紹介です。

Amazon.co.jp: プリンプリン物語(NHKオンデマンド)を観る | Prime Video (2324350)

プリンセス・プリンプリン(声:石川ひとみ)
主人公。
心優しい純真な少女で、正義感も強い。歌を愛し、自らの想いや訪れた国々に寄せてよく歌う。勇敢な性格で、危険な旅に自ら挑む積極的な一面もある。
ランカーに気に入られて追い回されているが、本人はランカーが大嫌い。何度となく誘拐されるが、その都度仲間達やゲストキャラクターから助けられる。
モンキー(声:斎藤隆)
幼いプリンプリンと一緒に箱舟で流された猿。何故か超能力を持っており、更にはヘリコプターや潜水艦まで操縦できる、めっちゃ出来るやつ。ランカーが猿が大の苦手なので、事あるごとに彼を追い払う役割も負っている。
『ラーマーヤナ』における白猿神・ハヌマーンがモチーフ。
ボンボン(声:神谷明)
ギターが得意な、ちょっぴりナルシストな少年。自称プリンプリンの「ボーイフレンド」。ただしプリンプリンはよく解ってない。
腕っぷしが強く、腕を曲げると力こぶが「ボーンボーンと」できる為にこの名で呼ばれている。その為、実はええとこのボンボンという意味ではない。
オサゲ(声:はせさん治)
名前の通り、赤毛のおさげの少年。チビだが駿足、踊りが大好き。
大食漢で、口癖は「はらへった」。
後ろから見ると女の子に間違われる事が多く、それで助かった事がある。
カセイジン(声:堀絢子)
火星人……ではなく人間の少年。「予感」という予知能力を持ち、ティンと来ると「予感です、予感がします!」と耳をくるくる回しながら興奮する。ただし的中率はそれほどでもない。
頭が非常に良く、力ではなく知恵でプリンプリンと仲間を助ける。頭が良すぎて、たまに第四の壁を突破してくる事も。メメタァ!
シャーレッケ・マイホーム(声:八木光生)
世界的名探偵。モデルはもちろんあの人。イギリス人だが関西弁。妻のワット博士よりは知能指数が劣るが、それを補うように博識で、プリンプリン一行の危機を救う事もある。
ランカーとはチェスの世界大会のライバル。
ワット博士(声:鷲尾真知子)
世界的な動物学者。モデルはもちろんあの人の相棒。マイホームの妻。モンキーの素性について鑑定を行った事が、プリンプリン達の祖国探しのきっかけになった。
伝説の「黄金バット」の捕獲を夢見ており、いざ黄金バットと遭遇すると我を忘れて追いかけ回す。
軍曹(声:緒方賢一)
角つきヘルメットを被った軍人のおっちゃん。旅先で軍関係の仕事につく事が多い。「~でございますですよ!」という語尾をつけるのが特徴。
当初はゲストキャラクターだったが脚本家の孫のお気に入りとなり、途中からレギュラーになった。
ランカー(声:滝口順平)
ありとあらゆる武器を取り扱う「死の商人」。各国首脳からも恐れられる影のフィクサー。
プリンプリンを見初めて一目ぼれして追い回し、彼女の写真を使ったグッズを大量に飾っている。今でいうところのストーカーで、当然プリンプリンからはものすごく嫌われている。
幼い頃のトラウマにより、猿が大の苦手。そのためモンキーに遭遇するとものすごい勢いで逃げるばかりか、「猿」という言葉にもビビるほど。
名前は『ラーマーヤナ』に登場するラークシャサ(羅刹)の島、ランカー(セイロン島)から。
当然だけどプリンプリンは可愛いからモテます。
プリンプリンのボーイフレンドのボンボンが格好良くて、当時好きだった人も多いのではないでしょうか。
またプリンプリンに一目惚れして追い回す、現代だったら確実にストーカー認定間違いなしのランカーも出てきたり、モテまくりなプリンプリンです。

子供向けだけどシュール

プリンプリン物語/ ルチ将軍のテーマ曲 IQ1300あります。

プリンプリン物語放送当時は小学校低学年だったので、可愛いプリンプリンに憧れて夕方の放送を楽しみにしていましたね。
友達と遊んで遅くなった時も、放送に間に合わせるために急いで帰った覚えがあります。
そんな子供心を夢中にさせた人形劇でしたが、意外に内容はシュールで風刺の利いた時事ネタもたびたび含まれていました。
誰に向けたメッセージなのかよくわかりません。
当時世間を賑わせたチャールズ皇太子とダイアナ妃の成婚や、チリの独裁政権なども登場しています。
漁師たちが登場時、「アー」とか「ウー」とか不明瞭な言葉を発しているのは、おそらく時の首相・大平正芳の口癖「アーウー」が元ネタだろう。また、漁師たちが拾い上げた赤ん坊(のちのプリンプリン)のため、名前を考える場面では、各国の女性の名前に交じって「コウセイ」という名も候補にあがる。これは中国の初代国家主席・毛沢東の未亡人で、このころ裁判にかけられていた江青のことに違いない。

ほかにも、漁師たちがようやく赤ん坊をプリンプリンと命名し、出生届を市役所に出しにいくと、窓口では対応しかねると、課長から部長、さらには市長へとたらい回しにされる(最後の最後で市長の判断により、世界各国に向けて赤ん坊の身元を確認することに)。これなど、いわゆるお役所仕事に対する風刺だろう。

Princess Diana | Royal Wedding | 1981

チャールズ皇太子とダイアナ妃のご成婚
大平総理の口癖や、お役所仕事に対する風刺をNHKで表現していたのが凄いです。
令和だったら、絶対アベノマスクは登場したでしょうね。
プリンプリンの名前の候補として、当時裁判にかけられていた中国国家主席の毛沢東の未亡人・江青(コウセイ)の名前が挙がっていたとは子供心に全く知りませんでした(笑)
このギャグは一緒に見ているお母さん向けだったのでしょうか。
謎です(笑)

プリンプリン物語の最終回はどうなった?

Amazon | 連続人形劇 プリンプリン物語 アクタ共和国総集編 前編 新価格版 [DVD] -TVドラマ (2324351)

さてまだ祖国と両親を探す旅を3年もしていたプリンプリンでしたが、祖国には辿り着けたのでしょうか?
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 📺NHK-GTV 2022/1/10 06:18

    「ひょうたん島」「新八犬伝」など昭和人形劇で当時アナログのビデオフィルムは「ツカイマワシ」で
    保存ソースが少ないため視聴者から戴いたVHSやフィルムをリマスターしているそうです

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

NHK人形劇『フラグルロック』を覚えてる?隠れたファンが多かったけどトラウマになった人も?

NHK人形劇『フラグルロック』を覚えてる?隠れたファンが多かったけどトラウマになった人も?

「踊ろうよ~♪いや~なこと忘れ~♪」の歌が懐かしい、昔NHKでやっていた人形劇のフラグルロック。セサミストリートやアルフなど当時人気があったNHK人形劇の1つでした。今回はストーリーやキャラクターをまとめてみました。
snomama | 1,423 view
女子アナブームのパイオニア!元NHK&フジTVアナウンサー『頼近美津子』の生涯!!

女子アナブームのパイオニア!元NHK&フジTVアナウンサー『頼近美津子』の生涯!!

NHKからフジテレビに転身し、その後にはフジサンケイグループ創業家に嫁ぐなど多くの話題となった頼近美津子さん。タレント化した「女子アナ」の元祖ともいわれています。そんな頼近さんをまとめてみました。
ギャング | 4,947 view
後世に伝えるべし!「ひょっこりひょうたん島」の真の魅力

後世に伝えるべし!「ひょっこりひょうたん島」の真の魅力

1964年~1969年にかけてNHKで放送された人形劇『ひょっこりひょうたん島』。90年代にはリメイク版も放送されているため、リアルタイム世代ではなくても、なじみ深いという方も多いのではないでしょうか?本稿では、長きに渡って愛されている同作の魅力についてまとめてみました。
こじへい | 7,566 view
昭和の職人魂結集!今観てもハマる!~NHK人形劇「三国志」の魅力~

昭和の職人魂結集!今観てもハマる!~NHK人形劇「三国志」の魅力~

従来の「人形劇は子ども向け」という概念を脱却し、『人形劇の大河ドラマ』を目指した「三国志」。美しく表情豊かな人形、衣装、舞台セット、音楽、そして掟破りの演出の数々は、多くの大人のファンも生み出しました。毎週土曜の夕方6時に、壮大な世界へいざなってくれたNHK人形劇「三国志」の魅力を紹介します。
山吹 | 13,297 view
懐かしい『NHK人形劇』 14作品

懐かしい『NHK人形劇』 14作品

チロリン村とくるみの木(1956年)からシャーロックホームズまで『NHK人形劇』を振り返ってみましょう。ひょっこりひょうたん島(1964年)やプリンプリン物語(1979年)ほか懐かしい14作品。
ガンモ | 44,393 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト