【多重未来のカルテット】若い人向けのレトロゲーム【カルテット】入門。
2016年1月28日 更新

【多重未来のカルテット】若い人向けのレトロゲーム【カルテット】入門。

1986年にセガが発表したアーケード用のアクションゲーム、【カルテット】。4人同時プレイ可能、キャラに個性があること、女の子キャラの存在、ビジュアルの美しさなどで話題となりましたが、後の時代には標準となった特徴が多く、時代に埋もれた名作でした。しかし、今でも色褪せないBGMが、30年近くの時を経て「初音ミク」の人気曲として復活しているんです!そんな【カルテット】について、解説します。

2,053 view

多重未来のカルテット

2009年、セガグループがボーカロイド「初音ミク」とのコラボによって発表した音楽ゲーム「初音ミク-Project DIVA-」。
当初はPSP用のゲームとして発売されましたが、プレイ画面がニコニコ動画などで発表されたことにより、ネットを中心に人気に火がつきました。
好評につき、その後も続編がアーケード、プレイステーションVita、プレイステーション3でも発売されています。

そんな「初音ミク-Project DIVA-」に、セガのレトロゲームから抜擢された一曲が収録されていました。

【Project DIVA Arcade】多重未来のカルテット -Quartet Theme- (HD) - YouTube

若い方はこっちがお馴染みかも。
「多重未来のカルテット」は人気曲のようで、多くの派生動画がアップされています。
さらに、こんな動画も。

【足太ぺんた】多重未来のカルテット~QUARTET THEME~ 踊ってみた - YouTube

実際に踊ってみた、動画。

有名な方みたいですね。

【MMD】足太ぺんたさんの『多重未来のカルテットQUARTET THEME』【レア様】 - YouTube

上記の足太ぺんたさんのダンスを、さらにキャプチャーして作られた動画。

この現実とネットのインタラクティブさに、今を感じます!

実は、レトロゲームのBGMが元ネタなんです!

【カルテット】は、1986年にセガが発表したアーケード用のアクションゲームです。
4人同時プレイが可能、選べるキャラクターの性能にそれぞれ個性がある、女の子キャラが存在する、グラフィックの綺麗さ、林克洋(ファンキーK.H)氏の手がけたBGMの素晴らしさなどで、ファンの間では話題となりました。
発売当時のチラシ

発売当時のチラシ

4人の個性の違うキャラクターが活躍することから「四重奏(カルテット)」、もとい「四銃操」。
【多重未来のカルテット】は、このゲーム【カルテット】のBGMの一曲を編曲したものでした。

とはいえ、初音ミクを今プレイしている若い人にとっては、【カルテット】が稼働していたのは生まれる前の話。
しかもファンには愛されながら、当時はマイナーだったセガのゲームということもあり、時代に埋もれてしまった「隠れた名作」とも言えます。
そこで今回、ゲームとしての【カルテット】の触りについて解説していきます。

【カルテット】を見て、触れたことのある世代の責務として…

ゲームの概要

西暦2086年、地球人は過密な地球を離れ、惑星や宇宙空間に浮かぶコロニーに移住し、銀河系に進出していた。
その一つ小国家「テラ」のスペースコロニー「ゼロ6」がある日宇宙海賊の攻撃を受けた。 名誉と報酬を目的にしたその道のプロ4人が集まる私設救護隊「カルテット」は「テラ」の要請を受け、スペースコロニー「ゼロ6」に向かう。
出典 カルテット_(アーケードゲーム)-Wikipedia
■ ゲーム内容
 (1561763)

当時のセガのゲームの特徴である、パステル調のポップな画面が特徴的です。
全32ステージ。各ステージのボスを倒してステージの出口の鍵を奪い返し、出口にたどり着くとステージクリアとなります。
ただしエンディングはなく、32面をクリアすると1面に再度ループします。

タイマーとHPを兼ねたエネルギー値が設定されており、0になるとゲームオーバー。
同時プレイの場合、ボスを倒す、扉を開ける、一番最初に脱出する等で、クリア後にもらえるエネルギー値が大きく異なるため、味方の間での駆け引きやアイテム争奪戦が必須となります。
4人の特徴について

4人の特徴について

・マリ(一番左)
カルテットの紅一点。体力的には劣るが、強力なバズーカ砲を操る。
・エドガー(左から2番目)
カルテットのリーダー。ジャンプ力はチーム一。
パワーアップアイテムを取ることで、武器がグレネード→3WAYショット→火炎放射と切り替わるのも特徴。
・ジョー(右から2番目)
カルテットのエース。弾速が一番速いほか、全てにおいて能力が高く使いやすい。
・リー(一番右)
ベテラン戦士。スピートはチーム随一。ワイドショットを操る。
(当時は美少女キャラが珍しかったこともあってか、大抵の人はマリでプレイしてました…)

Quartet (Joe) 1986 Sega Mame Retro Arcade Games - YouTube

プレイ画面。ジョーが使われています。

これを見ると楽々プレイしていますが、実際には次から次へ敵が出てくるうえ、パワーダウンの罠(最強状態でパワーアップアイテムを獲ると最弱状態になる)もあって、かなりの難易度でした。
当時は、国道沿いなどの面積の広いゲームセンターにはアメリカ・アタリ社製の4人同時プレイアクションゲーム「ガントレット」が導入されていることが多く、「カルテット」もたいていガントレットの筐体に入っていました。
(ゲーム内容も、俯瞰型視点でファンタジー風の「ガントレット」を、横スクロールでSF風に置き換えたともいえ、共通点が多かったです)
ただ、小学生には「ガントレット」の筐体は背が高すぎ、かといって大人4人がプレイするには窮屈すぎ、といった感じだったのを覚えています。
■ 家庭用移植版「ダブルターゲット シンシアの眠り」(1987)
セガ・マークⅢ版「ダブルターゲット」パッケージ

セガ・マークⅢ版「ダブルターゲット」パッケージ

けっこうプレミア付いてます。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『黄金の城(アーケードゲーム)』 沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.33

『黄金の城(アーケードゲーム)』 沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.33

イラストレーター沼田健さんによる『昭和あるある』4コマ漫画! 懐かしいエピソードに共感して楽しんでもらうもよし、一人でノシタルジーに浸るもよし、あの頃昭和へプレイバック!!ノスタルジー語講座も早5回。今回は、アーケードで一世を風靡した?あの名作ゲーム「黄金の城」です。
沼田健 | 2,258 view
アクションの枠にとらわれない粋なアクションゲーム『ストライダー飛竜』

アクションの枠にとらわれない粋なアクションゲーム『ストライダー飛竜』

プレイヤーが操作する「飛竜」の"ダイナミックかつアクロバティック"な動きと、場面ごとに変化するステージ構成とBGMが、スタイリッシュさを演出したアーケードゲーム『ストライダー飛竜』。その移植作品がメガドライブで登場し話題を呼んだ! 当時では大容量の「8メガビットロムカセット」を大胆に使用した、セガの心意気もあって、移植完成度は高く好評を得たタイトルとしても有名。そんな、ストライダー飛竜を名場面(シーン)で振り返ります。(※オリジナルのアーケード版「ストライダー飛竜」は、カプコンが開発・発売元)
1994年に稼働開始し、人気だったセガのデイトナUSAが新作発表!アーケード限定で復活!

1994年に稼働開始し、人気だったセガのデイトナUSAが新作発表!アーケード限定で復活!

英国のセガ・アミューズメントが、新作アーケードゲーム「Daytona 3 Championship USA」 を発表した。デイトナ3は、1994年に第一作がリリースされたストックカーレースゲームで18年ぶりの新作となる。デイトナは日本よりも海外で人気を博した。
【ファミコンボックス・スーパーファミコンボックス】旅館などに設置されていた業務用ファミコン 今でも稼働中の旅館も!

【ファミコンボックス・スーパーファミコンボックス】旅館などに設置されていた業務用ファミコン 今でも稼働中の旅館も!

温泉旅館などで、ちょっとしたゲームコーナーにあった業務用ファミコンの「ファミコンボックス」30年たった今でも稼働中の旅館もあります。
M.E. | 26,439 view
元祖ドライブゲームの続編といえば『ターボアウトラン』

元祖ドライブゲームの続編といえば『ターボアウトラン』

メガドライブで発売された「アウトラン」シリーズ第2弾として登場した『ターボアウトラン』はアメリカを舞台にドライブするゲーム。フェラーリF40をモデルにしたスポ-ツカーを操作して全16ステージを駆け抜ける。助手席に座る金髪の彼女が最後に乗る車は・・・アナタ?、それともライバル!?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト