2016年10月17日 更新

”ふんふんふ~ん 黒豆よ♪”奈良の鹿にも由来アリ、なんと遠く茨城からやってきた?

当たり前のように存在しているものほど、「そういえば、何故ココに居るのだろう?」と考えた時、すぐにはわからないものだったりする。例えば、奈良の鹿。実は、茨城県が誇る常陸国一宮・鹿島神宮からやってきたと言われる鹿の末裔である。

470 view
当たり前のように存在しているものほど、「そういえば、何故ココに居るのだろう?」と考えた時、すぐにはわからないものだったりする。

例えば、奈良の鹿。

奈良の鹿、実は茨城県が誇る常陸国一宮・鹿島神宮からやってきたと言われる鹿の末裔

修学旅行で奈良を訪れた方も多いでしょう

修学旅行で奈良を訪れた方も多いでしょう

無邪気に鹿せんべいを欲しがる鹿と戯れた、そんな思い出だった方が多いかもしれませんね。
鹿せんべいをひたすらに狙う姿が頭に浮かぶ方も多いと思うが、あの鹿が野生であること自体あまり知られていないと思う。というより、そもそもなぜ奈良公園あたりに居るのか、その理由こそ知られていない。

もちろん公園の鹿ではない。実は、茨城県が誇る常陸国一宮・鹿島神宮からやってきたと言われる鹿の末裔である。

鹿島アントラーズのエンブレムは「鹿」

少しだけ思い出してほしい。茨城県鹿嶋市などをホームタウンにするサッカークラブ「鹿島アントラーズ」のエンブレムを。そう、あれは鹿だ。

というか、「アントラーズ」の「アントラー」も「鋭くとがった鹿の枝角」を意味する上に、マスコットキャラクターの「しかお」は鹿島神宮の鹿だったりする。何というか、色々鹿づくしである。
鹿島アントラーズのエンブレム

鹿島アントラーズのエンブレム

エンブレムには雄々しい鹿の姿が。

ではなぜ、その鹿島の鹿が奈良に来たのか?

話は8世紀に遡る。

767年に藤原氏の氏社「春日社(現在の春日大社)」が創建された時、鹿島神宮の神様を勧進(神様を分霊して祀ること)することになった。その際、鹿島神宮の神様は白鹿に乗ってテクテクテクテクと鹿島神宮から奈良までやって来られたのだという。それが奈良の鹿の由来と言われている。

その末裔が今、鹿せんべいを狙っているのだ…。

武神として信仰されている鹿島神・タケミカヅチノミコト

奈良公園内にある春日大社は、全国に3,000近くあると言われる春日神社の総本社で、藤原一族の神社である。
4柱の神様を祀っており、そのトップが鹿島神・タケミカヅチノミコト(他3柱は、フツヌシ、アメノコヤネノミコト、ヒメガミ)。

『日本書紀』「葦原中国平定の段」で下界に降される2柱がタケミカヅチノミコトとフツヌシであり、タケミカヅチは鹿島神社の主神、フツヌシは下総国一宮・香取神社の主神となられており、2柱とも武神として信仰されていたりする。
奈良公園内にある春日大社

奈良公園内にある春日大社

全国に3,000近くあると言われる春日神社の総本社、4柱の神を祀っています。
時代劇などで武道場のシーンがあると、そこに鹿島大明神・香取大明神の掛軸やご神札が掲げられている。これはこの信仰ゆえである。現代でも掲げているところもあると思う。

もし道場などで鹿島・香取のお札を見かけたら、日本の武神なんだな~とか思って頂けたら嬉しい限りである。
13 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「芝居」の由来は”芝に居る”?単語の由来となった祭は12月中旬、奈良で行われています。

「芝居」の由来は”芝に居る”?単語の由来となった祭は12月中旬、奈良で行われています。

皆様、「芝居」という言葉は聞いたことあると思います。「舞台」ではなく「芝居」。演劇が好きな方でも、そうでもない方でも、耳にしたことはある単語でしょう。この単語の由来となった祭が12月中旬に、奈良で行われます。それが12月の奈良最大の祭礼「春日若宮おん祭」です。
山崎敬子 | 620 view
「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

現代社会ではあまり馴染みがない9月9日の節句は「重陽の節句」。その一方で別の記念日として「男色(だんしょく・なんしょく)の日」でもあるということ、ご存知でしたか?
山崎敬子 | 450 view
給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

小中高生の夏休みが終わりました。そんな学生たちの姿を東海道線で見て、ふとコネタを思い出しました。ミドルエッジ世代の給食シーンではお馴染みだったであろう「冷凍ミカン」。新幹線などでも売られていて、その場合は網に入っていることが多かった記憶があります。
山崎敬子 | 444 view
「古事記」と「映画」と「活弁」の意外な繋がり☆

「古事記」と「映画」と「活弁」の意外な繋がり☆

自分が勉強のご縁をいただいた「民俗学」。学問自体は近世に入ってから確立されたものですが、もともと江戸時代に日本のことを学ぶ一派がありました、『国学』です。国学といえば『本居宣長』、日本神話『古事記』の研究で知られています。この本居宣長の末裔が、日本文化の新たな扉を開いた一人でもあります。どの扉かというと、それは…映画。誰かというと、それは…小津安二郎(1903~1963)!
山崎敬子 | 342 view
桃太郎伝説からナマハゲまで、日本の様々な鬼のなかでも「ヘンテコな鬼」!?

桃太郎伝説からナマハゲまで、日本の様々な鬼のなかでも「ヘンテコな鬼」!?

鬼といえば、たとえば桃太郎伝説、大江山伝説(酒呑童子)、紅葉狩りといった「退治される鬼」として有名な伝説がある一方で、秋田県のナマハゲや鹿児島県のトシドンなど「来訪する神」としての存在もあります。真面目に考え出すと一晩で済まない存在ですが、面白い鬼も多いので今回はそれをいくつか紹介させていただきます。
山崎敬子 | 507 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト