野村萬斎の“エイスケさん”人気がすごかった!朝ドラ『あぐり』
2017年6月24日 更新

野村萬斎の“エイスケさん”人気がすごかった!朝ドラ『あぐり』

NHK朝の連続テレビ小説『あぐり』を覚えているでしょうか?2015年に亡くなった実在の美容師・吉行あぐりの半生をモチーフに描かれた同作は、女優・田中美里がブレイクしたきっかけであり、また、野村萬斎演じるあぐりの夫“エイスケさん”がブームになった作品でもありました。本稿では、そんな朝ドラ『あぐり』の内容やキャストについて紹介していきます。

23,139 view

平均視聴率28.4%、最高視聴率31.5%だった『あぐり』

1997年上半期(1997年4月7日~10月4日)に放送された、NHK朝の連続テレビ小説『あぐり』。吉行あぐりのエッセイ『梅桃(ゆすらうめ)が実るとき』を原作として、田中美里演じる「望月あぐり」の半生が描かれた本作は、平均視聴率28.4%で、最高視聴率31.5%。社会現象と言っても過言ではない人気を博しました。
NHK連続テレビ小説『あぐり』

NHK連続テレビ小説『あぐり』

ヒロインのモデルは、日本最高齢の美容師・吉行あぐり

主人公「あぐり」のモデルとなったのは、2015年1月5日に肺炎のため享年107歳で死去した美容師の吉行あぐり。作家の吉行エイスケの妻、小説家・吉行淳之介、女優・吉行和子の母としても知られ、2005年に東京・市ヶ谷駅前の吉行あぐり美容室をたたむまで、長らく「日本最高齢の美容師」としても活躍していました。
吉行あぐりさん

吉行あぐりさん

当時新人だった田中美里が、主人公・あぐりを演じる

そんな主人公のあぐりを演じたのは、当時芸能界デビューしたばかりだった20歳の田中美里。劇中におけるあぐりのライフイベントに合わせて、女学生⇒人妻⇒母親と、目まぐるしく立ち位置が変わる中、懸命にヒロインを演じようと努めていました。
ヒロイン・あぐりを演じた田中美里

ヒロイン・あぐりを演じた田中美里

このドラマの大ヒットによって、田中は一躍、人気女優の仲間入りを果たします。翌1998年には、『WITH LOVE』(フジテレビ)、『お熱いのがお好き?』(日本テレビ)と立て続けにヒロイン役に起用されるなど、民放でも地位を確立。2003年には、韓流ドラマ『冬のソナタ』(NHK)におけるチェ・ジウの吹き替えで、声優としても高い評価を受けました。
『WITH LOVE』(1998年・フジテレビ)

『WITH LOVE』(1998年・フジテレビ)

朝ドラの清純派なイメージを覆すような役柄にも挑戦した

淳之介、和子、理恵…あぐりの子供を演じた俳優たち

全員が芸能・芸術の分野でひとかどの成功を収めている、あぐりの子供たち。芥川賞作家の長男・望月淳之介(吉行淳之介)を演じたのは、後に『水戸黄門』の格さん役にも抜擢された俳優の山田純大。また、淳之介の幼少期は、当時ジャニーズJrだった生田斗真が演じました。
生田斗真

生田斗真

望月淳之介の幼少期を演じた
山田純大

山田純大

大人になってからの淳之介を演じた
出典 ameblo.jp
吉行淳之介

吉行淳之介

1994年に肝臓がんで亡くなった(享年70歳)
長女で女優の望月和子役には、幼少期から成人期にかけて、実に4人の子役と女優が順を追って配されていきました(新穂えりか → 楯真由子 → 浜丘麻矢 → 馬渕英里何)。
同役のモデルとなった吉行和子も、あぐりが運営する美容院の常連客(作家)役として出演。あぐりが和子を妊娠した際、「次は女の子だと思うわ」という、自身の誕生を予言するサービスシーンも挿入されています。
馬渕英里何

馬渕英里何

大人になってからの望月和子を演じた
吉行和子

吉行和子

80歳を超えた今でも、女優として活躍を続ける
次女で詩人・小説家の望月理恵役は、碇由貴子⇒前田未来⇒藤原まゆか、という3人の女優が担当。なお、モデルとなった吉行理恵は、2006年5月に甲状腺がんのため、66歳で亡くなっています。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

世界をも熱狂させるDir en grayの魅力とは?おすすめ曲や現在の活動もご紹介!

世界をも熱狂させるDir en grayの魅力とは?おすすめ曲や現在の活動もご紹介!

1997年に大阪府で結成され、結成後急速に人気を獲得しインディーズでありながらオリコンのシングル・チャート上位に連続で作品を送り込み、インディーズ・バンドとして初の日本武道館公演もしているDir en gray。 現在も日本を始め世界各国で活動をしており、アルバム『UROBOROS』は世界17ヵ国で同時期発売され、米ビルボード誌の「Top Heatseekers」チャートでは1位を獲得するほどの人気ぶりです。 そこで今回は、Dir en grayの魅力は何なのか、おすすめ曲や現在の活動についてもご紹介していきます!
蛍火 | 143 view
【吉行和子】昭和を代表する名女優のひとり!映画『愛の亡霊』では大胆にヌードも披露!

【吉行和子】昭和を代表する名女優のひとり!映画『愛の亡霊』では大胆にヌードも披露!

女優として名を馳せ、エッセイスト・俳人としても活動されている吉行和子さん。昭和を代表する名女優として、彼女の名前を挙げるミドルエッジ世代もいると思います。今回の記事では、そんな彼女にスポットを当て、ご家族のことや若い頃の活躍ぶりを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 38,592 view
OVA版【企業戦士YAMAZAKI】戦闘型サイボーグ・山崎の活躍!その魅力や関連商品も!

OVA版【企業戦士YAMAZAKI】戦闘型サイボーグ・山崎の活躍!その魅力や関連商品も!

『企業戦士(ビジネスコマンドー)』として、数々な企業に派遣されて問題解決していく戦闘型サイボーグ・山崎。原作マンガの好評を受け、実写版ビデオ・OVA化も実現しました。今回の記事では、OVA版『企業戦士YAMAZAKI』の内容を振り返り、その関連商品なども紹介していきたいと思います。
tsukumo2403 | 436 view
中学生男女のドキドキ同居生活「グッドモーニング・コール」

中学生男女のドキドキ同居生活「グッドモーニング・コール」

少女漫画雑誌「りぼん」で連載されていた高須賀由枝さんの「グッドモーニング・コール」。中学生男女の同居という設定がありえないと思いつつもドキドキしてしまう漫画でした。続編やドラマについても見ていきましょう。
saiko | 107 view
山口智子と唐沢寿明の初共演作・朝ドラ「純ちゃんの応援歌」

山口智子と唐沢寿明の初共演作・朝ドラ「純ちゃんの応援歌」

山口智子さんがヒロインを務めた朝の連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」実は後に夫となる唐沢寿明さんとの出会いの場でもあったんです。このドラマのキャストやストーリーを振り返ってみましょう!
saiko | 211 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト