ヘンリー王子もゾッコンの「スタンド・バイ・ミー」が実は名曲中の名曲だったんですよ!!
2018年5月30日 更新

ヘンリー王子もゾッコンの「スタンド・バイ・ミー」が実は名曲中の名曲だったんですよ!!

イギリス王室の一員であるヘンリー王子(33)と米国の女優であるメーガン・マークル(36)のロイヤルウェディングが、イギリス現地時間の2018年5月19日(土)にウィンザー城のセントジョージ礼拝堂で行われたが、やぁぁ 荘厳さの中にも美しさが際立っていましたね。さすがはイギリス王室!!最高でした。それとゴスペルの「スタンド・バイ・ミー」も最高の感動物でした。実は、この「スタンド・バイ・ミー」、欧米では名曲中の名曲の一つとして認識されているのだが・・・

456 view

First hymn, first vows | Prince Harry and Meghan Markle - The Royal Wedding - BBC

ご結婚おめでとう!!

英国国教会の中で披露された「スタンド・バイ・ミー」に鳥肌!!

英国国教会と言えば、1530年代まではカトリック教会の一部であったが、当時の英国王であるヘンリー8世のわがままな離婚問題で、カトリック教会とすったもんだの挙句、国王自らが英国国教会をカトリックから決別させた歴史があり、伝統と厳格な教理を現在まで守っており、他の者には近寄りがたい雰囲気がある。

例として現在でも、エリザベス女王は、イギリスと英連邦の君主であるだけではなく、宗教においても“英国国教会の最高権威者【信仰の擁護者(ラテン語で Fidei defensor、英語ではDefender of the Faith)】”なのである。

そのような伝統と厳格な教理を重んじる英国国教会の中で、現代流とも言うべき”ゴスペル『スタンド・バイ・ミー』(アメリカ産)が流れたことに、私は衝撃を受けたというより”鳥肌”が立った。

ちなみに妃になったメーガン・マークルは去る2018年3月、ロンドンのセント・ジェームズ宮殿で行われたプライベートな式典で、ジャスティン・ウェルビー大司教によって正式に英国国教会の洗礼を受けているそうだ。(家庭内で宗教戦争を起こしたくないもんね!!)

日本人は宗教に対してものすごく寛容だが、他の国に行くと宗教が生活の一部になっている所がざらにある。この感覚は外国に多少なりとも住んでみないと解らないことかもしれない。例えば、同じキリスト教でも”処変れば品変る”の如く違ってきて、双方受け入れがたい状況もしばしばなのに、ましてやキリスト教とイスラム教だったりなんかすると、当然の如く、いがみあいや紛争が起こっている。

まさに今回の結婚式については”鳥肌”が立ってもおかしくない状況なのだ!!

'Stand by Me' performed by Karen Gibson and The Kingdom Choir - The Royal Wedding - BBC

この「スタンド・バイ・ミー」を聞きながら涙が目に溢れてしまった。久しぶりに・・・。

ところで、オリジナルの「スタンド・バイ・ミー」は誰の歌だったのか??

Ben E. King - Stand By Me (HQ Video Remastered In 1080p)

「スタンド・バイ・ミー」(Stand by Me)は、1961年11月にアメリカで発表された、ベン・E・キングのシングルレコードだった。もともとは黒人霊歌の「Lord,Stand by Me」という曲であり、これにインスパイアされた形で生まれた。

The Drifters - Stand By Me

作詞・作曲はベン・E・キング、ジェリー・リーバー、マイク・ストーラーで、発売当時はBillboard Hot 100にて4位まで達した。当初、所属していたドリフターズへの書き下ろしだった。

ベン・E・キングって誰??

ベン・E・キング(Benjamin Earl King...

ベン・E・キング(Benjamin Earl King、本名:Benjamin Earl Nelson)

ベン・E・キング(Benjamin Earl King、本名Benjamin Earl Nelson、1938年9月28日 - 2015年4月30日)はアメリカのソウル歌手。
米国ノースカロライナ州生まれ。1958年R&Bグループのドリフターズに加入。’60年ソロに転向し、’61年「スタンド・バイ・ミー」が大ヒットした。同曲はジョン・レノンをはじめ数多くの歌手にカバーされ、’86年にはスティーブン・キング原作の同名映画の主題歌として再びヒットするなど、米国のスタンダードソングとして知られる。スタンド・バイ・ミー財団を設立して慈善活動にも取り組む。来日回数は10回以上の親日家であり、2011年日本を襲った東日本大震災に心を痛め、「スタンド・バイ・ミー」と同年にリリースされ、唯一の全米1位に輝いた日本のスタンダードソング「上を向いて歩こう」を日本語でカバーした。

ベン・E.キング - 上を向いて歩こう

私たちにとっては”お宝”画像だ!!

「スタンド・バイ・ミー」の元ネタが存在!?

Stand By Me - Charles A. Tindley version - Arr. Mosie Lister

この曲が「スタンド・バイ・ミー」の元ネタだ。これはこれでなかなか風情があるし、大本が黒人霊歌だけに、すぐゴスペルにも転じることができる訳だ。

「スタンド・バイ・ミー」のカバーは数えきれない!!

Bob Dylan - Stand By Me (Charles A. Tindley) (Merrillville - August 28, 1990) [audio]

何と、あのボブ・ディランが本家本元の「Stand By Me - Charles A. Tindley version」をカバーしている!!

Sam Cooke. " Stand By me." Oldies classic male voice. Pierot.

ソウル/R&B界のスター、それまでの黒人歌手のスタイルとは一線を画した洗練された音楽性で、声の良さと歌唱力もさることながら、「クック調」と呼ばれる鼻にかかった歌い方は白人にも高く評価され、後世に大きな影響を与えたサム・クックも敬愛するベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」をカバーした。

Muhammad Ali - Stand by Me

モハメッド・アリも・・・

"stand by me" john lennon live 1975

1975年にはジョン・レノンまでがカバーしている。

Lady Gaga - Stand By Me (Ben E. King cover)

レディー・ガガもカバーしてるんです!!。

Stand By Me - Stringspace Orchestra

オーケストラバージョンだってあるんです!!

映画主題歌としても超有名!!

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

泣ける!感動する!懐かしの洋画7選

泣ける!感動する!懐かしの洋画7選

星の数ほどある映画の中から、懐かしく、そして、泣いた! 感動した! という映画を集めてみました。今回は洋画です。ドラマあり、SFあり、恋愛あり、青春あり、様々なタイプを選んでみました。皆様はどの映画が好きでしたか?
Yam | 2,991 view
ホラー作家・スティーヴン・キングの最高傑作 『ダークタワー』シリーズが刊行!今世紀最大のダーク・ファンタジー作品

ホラー作家・スティーヴン・キングの最高傑作 『ダークタワー』シリーズが刊行!今世紀最大のダーク・ファンタジー作品

モダンホラー小説家・スティーヴン・キングが30年以上の長きにわたって書き継いできた今世紀最大のダーク・ファンタジー作品『ダークタワー』シリーズ。その『I ガンスリンガー』と『II 運命の三人 上・下』が角川文庫から復活した。
red | 871 view
「ヒ、ヒルだ~!」で大騒ぎだったスタンド・バイ・ミーのワンシーン、憶えていますか?

「ヒ、ヒルだ~!」で大騒ぎだったスタンド・バイ・ミーのワンシーン、憶えていますか?

少年時代が懐かしくなる映画スタンド・バイ・ミー。本編とは関係ないですがヒルに噛まれるシーンを憶えている方も多いことでしょう。テディの「ヒ、ヒルだ~!」の叫び声と共に4人の少年が半ベソかきながらヒルを取り除き、最後にゴーディが「こ、こんなかにもいる…」で気絶するワンシーン。でも実際にヒルに噛まれると実に厄介なものですね。
青春の握り拳 | 8,320 view
「24」のジャック・バウアーが「スタンド・バイ・ミー」の悪役エース・メリルだったことを憶えていますか。

「24」のジャック・バウアーが「スタンド・バイ・ミー」の悪役エース・メリルだったことを憶えていますか。

「24」ジャック・バウアーで一躍世界的なスターとなったキーファー・サザーランド。子役時代に脚光を浴びながらも「24」以前は不遇をかこう時代が長かったんだとか。その子役時代のヒット作、実は「スタンド・バイ・ミー」の悪役、エース・メリルだったんです。
青春の握り拳 | 30,665 view
”脱獄モノ”映画の傑作「ショーシャンクの空に」!興行的な成功よりも批評家達からの評価が高い作品となりました。

”脱獄モノ”映画の傑作「ショーシャンクの空に」!興行的な成功よりも批評家達からの評価が高い作品となりました。

脱獄映画の傑作「ショーシャンクの空に」、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。ティム・ロビンス演じる「アンディ」とモーガン・フリーマン演じる「レッド」を中心としたヒューマンドラマでもあった「ショーシャンクの空に」は公開当時、「フォレスト・ガンプ」や「パルプ・フィクション」「スピード」の影に埋もれ知名度は低かったのですが、批評家達から高い評価を受けた後にビデオ販売やレンタルによって人気を獲得、ファンを広げていきました。
青春の握り拳 | 45,837 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト