もう一度聞いてほしい、町田義人の歌声!「野性の証明」「宝島」「タケちゃんマンロボ」他
2016年4月14日 更新

もう一度聞いてほしい、町田義人の歌声!「野性の証明」「宝島」「タケちゃんマンロボ」他

一度聴いたら耳に残る、独特な声質の町田義人。1970年代から80年代にかけて、映画 『野性の証明』や『キタキツネ物語』、アニメ『宝島』、 『おれたちひょうきん族』の「タケちゃんマンロボ」のテーマなど、幅広いジャンルの歌を手掛けてきました。ぜひゆっくりと聴いてみて下さい。あの当時の様々な記憶がよみがえってきますよ、きっと。

21,380 view

『野性の証明』の主題歌 「戦士の休息」

「町田義人」という名前を聞いても、ピンとくる人、少ないかもしれません。
でも名前は知らなくても、この映画の主題歌はきっと聴いたことがあると思います。
まずは一度、この動画とともに歌をお聴きください。

野性の証明 - YouTube

「戦士の休息」
作詞 山川 啓介  
作曲 大野雄二
歌  町田 義人
映画『野性の証明』は、森村誠一の小説を映画化。
『犬神家の一族』『人間の証明』に続く角川映画の第3弾として、1978年に公開されました。
主演・高倉 健、薬師丸ひろ子。
 (1629048)

自衛隊特殊工作隊隊員・味沢岳史(高倉健)が、東北のある山中の集落で虐殺事件現場に遭遇。味沢は、事件の中でただひとり生き残り、記憶を無くした少女・長井頼子(薬師丸ひろ子)を引き取り、一緒に暮らし始めます。
ところがさらなる事件が起き、それを追う刑事によって、過去の事件の真相までもが明らかになっていきます。

同時に、記憶が混乱する頼子に、未来予知能力が目覚め始めます。
「お父さんこわいよ!何か来るよ、大勢でお父さんを殺しに来るよ!」
CMでも使われたこのセリフは、主人公たちの逃げ場のない結末を予感させました。
 (1628006)

後半、事件について味沢が詮索されるほどに、自衛隊特殊工作隊の存在が浮かび上がっていきます。しかし、特殊工作隊の存在は世間に知られてはいけない、秘密裏のもの。
そのため、秘密を守る巨大な陰謀が仕組まれ、味沢と頼子は否応なく巻き込まれていきます。
味沢がただひとり、戦車隊に向かっていくラストシーンは、胸が痛くなるものでした。

内容的にはかなり重いものなので、当時でも、映画に対する賛否・好き嫌いはいろいろ分かれた作品でした。
 (1628022)

しかし主題歌として町田義人の歌う「戦士の休息」は、観客に強いインパクトを与え、高い評価を得ました。
一種独特な歌声が醸し出す切なさが、この映画の主題歌としてピッタリだったのだと思います。
オリコン最高位6位、累計売上29.5万枚を記録したそうです。

ここで、町田さん本人が登場して歌う「戦士の休息」の動画を紹介します。
のびやかだけれど、影を持っている不思議な声。お聴きください。

「戦士の休息」
夜のヒットスタジオ出演
今聴いても、良い歌だと思います。
映画が公開されてからかなりの年月が経ち、時代は変化しましたが、やはり人が人を思う気持ちは変わりません。

人生経験が少なく、守られる側だったあの頃よりも、歳を経て、守るものが多くなった今の方が、歌詞の深い意味を理解できるようになり、より歌声が染み入るような気がします。

町田義人ってどんな人?

 (1625423)

ソロの歌手で、ニット帽にサングラスがトレードマーク。
でも、もともとはどんな経歴の人なのでしょうか?
高知県土佐市出身。「キャッスル&ゲイツ」を経て、成城大学在学中の1968年に「ズー・ニー・ヴー」を結成、ボーカルを務める。「ズー・ニー・ヴー」はR&B路線の強いバンドだったが、「白いサンゴ礁」のヒットで注目を集める。
1970年にズー・ニー・ヴーを脱退し、ソロに転向。テレビCM曲を7〜8年間で400〜500本歌う。
 (1629051)

「白いサンゴ礁」、きっと聞き覚えがあると思いますよ。
試してみてくださいね。

LP『白いサンゴ礁』1973年7月5日発売 未CD化
作詞:阿久悠  
作曲:村井邦彦  
編曲:樋口康雄 
歌:町田義人
 (1629014)

サングラスを外した写真がありました。
本当は優しい顔の方なんですね。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【サブカル世界への入り口?】宝島社【VOW】ネター【誤植編】

【サブカル世界への入り口?】宝島社【VOW】ネター【誤植編】

1980年代から続く宝島社から出版されている雑誌の1コーナー「VOW」。街や新聞の中の「ヘンなもの」がぎっしりつまった、まさにサブカルチャーをポップにした立役者だと思います。今回、少しですが「VOWネタ」をご紹介したいと思います。
ジバニャンLOVE | 3,598 view
松本零士の美女列伝:ユキ7号・イヴ・魔女シャンブロウ・スターシャ・森雪・メーテル・エメラルダス・有紀螢ほか

松本零士の美女列伝:ユキ7号・イヴ・魔女シャンブロウ・スターシャ・森雪・メーテル・エメラルダス・有紀螢ほか

松本零士の作品に登場する美女たちに共通する、長い睫毛に切れ長の目、瞳の色はブラウン、腰まで伸びた金髪(光沢のある亜麻色)が特徴の美女が勢ぞろいです。松本零士作品の美女たちは、みな、儚くも美しく、謎めいた魅力があります。「落ち着いた大人」「妖艶でミステリアス」「理知的で物静か」な雰囲気を纏う女性たち。1960年代から70年代前半の初期の作品「セクサロイド」や「ミステリー・イヴ」から、70年代半ば以降、人気のテレビアニメ作品・劇場アニメ作品となった「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」ほか。
トントン | 59,045 view
生誕から半世紀を越えてなお不滅の人気を誇るキカイダー!完成品フィギュア『キカイダー01』がリニューアル仕様で再登場!!

生誕から半世紀を越えてなお不滅の人気を誇るキカイダー!完成品フィギュア『キカイダー01』がリニューアル仕様で再登場!!

ホビー通販大手の「あみあみ」にて、メーカー「メガハウス」が展開する『Ultimate Article キカイダー01(RENEWAL EDITION) 完成品フィギュア』が現在予約受付中となっています。
隣人速報 | 195 view
1970年代を代表する円谷プロのヒーローが「ソフトビニール製ボールチェーンマスコット」になって登場!!

1970年代を代表する円谷プロのヒーローが「ソフトビニール製ボールチェーンマスコット」になって登場!!

ケンエレファントより、1970年代を代表する円谷プロのヒーローたちをソフトビニール製のボールチェーンマスコット化した商品「円谷プロ ヒーローズソフビ ボールチェーンマスコット」が発売されます。
隣人速報 | 192 view
静岡県沼津市に「キン肉マン」の常設展示場『キン肉マンミュージアム』がオープン!館長にプロレスラー・ミノワマンZが就任!!

静岡県沼津市に「キン肉マン」の常設展示場『キン肉マンミュージアム』がオープン!館長にプロレスラー・ミノワマンZが就任!!

キン肉マンミュージアム制作委員会が、静岡県沼津市(静岡県沼津市大手町 5-2-15)に全国で初めてとなる常設展示場「キン肉マンミュージアム」を開業します。
隣人速報 | 267 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト